このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2歳になりました。

<<   作成日時 : 2018/11/30 15:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

おととしの11月15日、観る事をライフワークだと思っている舞台の製作発表がありました。そのことを、お友だちからのラインで知りました。
その舞台は、来年も上演される事が決まり、21日に製作会見がありました。
この記事は、舞台のこともヲタごとも含まない、体調関係のblogとなります。

11月15日は、ふたつめの誕生日、術後2年の記念日です。
2歳になったものの......髪の毛は、まだまだ赤ちゃん。
おとなの髪に戻るのは、早くても点滴治療終了から2年はかかるという話ですが、トップと前髪に、もっと頑張ってもらいたいです(苦笑)

2年前のblogを振り返ってみたケド、安穏としすぎてて笑えました。
手術直前まで、大好きなデュオのライブで、名古屋、仙台、福岡に行っていたので、術前検査について、全く残していない〜という。。。

今思い返すと、疲れやすかった気はします。
術前の確定診断で、画像上は遠隔転移、領域リンパ節にも転移無。温存手術可能。しこりの大きさが、2.1センチのため、ステージ2。サブタイプはルミナールA。手術日は11月15日と決まりました。
手術が確定した翌日から、季節風大会に参加しました。
おととしと去年の大会で合評していただいた作品の書き直しが、ゼンゼンできていない(反省)
2歳になったんだから、書いて、書いて、消して、また書かないと。

大会翌日の月曜の夜に、主治医のたまちゃん先生から、11月15日の3番めに手術が決まったとのお電話がありました。
その翌日の火曜から2泊3日の福岡遠征。
まぁ、頑張ったよね。

手術した病院では、部位問わずのおしゃべりサロンが、月に1度、開催されています。
サロンには、今年の5月を最後に参加してなかったけど、11月の開催日が15日だったので、ふらりと行ってみました。
会いたかった人がふたりいたケド、どちらもいらっしゃっていませんでした。

おしゃべりサロンは、自己紹介のあとは、ひとの話を聞き、話したい事があれば話すというスタンスです。
小グループにわかれて話すのですが、ずっと話し続けている人がいても、誰もとめないと、自己紹介以外、なにも話せない人も出てきちゃいます。
それって、どうなんだろう?

サロンに参加した理由は様々でしょう。お仲間を探してるって人もいるでしょう。
わたしが最初に参加したのは、1回めの点滴治療が終わって、副作用が落ち着き、そろそろウイッグを作りに行こうかという頃でした。脱毛、アピアランスについて、聞きたいと思って参加しました。

同じ部位でも、同じステージ、同じ治療法、経過の人に出会える可能性は果てしなく0に近いです。てるひも、まだ出会えていません。
病気にも個性があるというのかな。
誰とも比べることはできない。わかっていても、比べてしまって落ち込むんですよね。

はじめておしゃべりサロンに参加した日、サブタイプやステージ、術式は違うものの、点滴治療の先輩である、明るい方と出会うことができました。ラッキーだったと思います。
てるひの執刀医が、その方の主治医だったのも、不思議なご縁でした。

この春から、同じ日に手術した術友さんのひとりが、おしゃべりサロンに参加するようになりました。わたしと違い、ほぼ皆勤らしい。

なぜサロンに参加するのか。
話したいからですかね。
でも、毎回行きたいとは思えない。不思議な場所です。

話しいことを話せばいいし、疑問に思うことを質問してもいい。
その方の状態にふれることを質問しない方がいい。聞いてはいけない。
5月に参加した時に、わたしは、聞いてしまいました。
「今、術後どれくらいですか?」と。
1年と〇〇ヶ月です。
その人は、こたえてくれました。わたしとほぼ同じ位でした。
でも、聞くべきじゃなかったと、激しく後悔しました。

おしゃべりサロンで、体調などについて疑問に思っていることを聞いても、答えをもらえることは、ほとんどありません。
患者会、ピアサポートでも同じですね。
打った球は打ち返されることはなく、相手も、新しい球を打つ。ラリーにはならないのです。
それでも、またおしゃべりするために集まる。

シャンプー、なに使ってますか?トリートメント、育毛剤は?
そんなことも聞けません。

髪の伸び具合ひとつとっても、比べられたくないのに、比べてしまう。
ものすごくやっかいです。
短い前髪が可愛いと言ってくれるひとがたくさんいます。
可愛いは、ほめ言葉じゃない。小さい、幼いと同義語です。
文章がうまいが、ほめてる事にはならないのと一緒です。
文章がへたなわたしが言うのもなんですが......

来年は、看護師さんが中心になって開催しているほっとカフェに参加してみることにしました。
聞きたいことはいっぱいあります。
たとえば、浸潤性微小乳頭がんについてとか。
ざっくり、再発させない生き方とか。
ただ......自分がのぞむこたえをもらえなくても、質問したいかな、どうだろ?
その場の雰囲気次第かな。

自分が調べたことを、人に伝えるのも、はたして正解なのか。
考えを押しつけてないか?
最近、そんな疑問も持つようになりました。

うーーん。そんなこと考えるより、自分が好きなこと(大好きなデュオのことや本のことなど)を共有したり、目指す世界で切磋琢磨する方がいいですよね。
でも、今年は、1番楽しみにしていたライブがないしなぁ(涙)
去年は、年末のライブを楽しみに、術後2年の結果が出るまでの不安な時期を過ごしたのですが......。
どうしたもんじゃろのぉ。。。
不安を背負わないようにするために、どんなことなさってるんだろ。

とにかく今は、ピンクリボンアドバイザー試験の勉強もしなくっちゃね。
泣きごとだけのblogにおつきあいくださり、どうもありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2歳になりました。 このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる