振り向かせたかった……だけ Endless SHOCK -Eternal- 21.3.15 149/1836

3年前。あっさり言ってしまうのは、コウイチが死者だから? 現在と過去と、少しずつ過去になっていく現在も入り混じってわからなくなる。 目の前で繰り広げられている"今"はいつ? 混乱させるのも一つの演出かもしれない。 3月15日( 昼)も?コウイチしか見られなかった。この公演を中心に、SHOCKの感想を書こうと思います。ネタバレを含…
コメント:0

続きを読むread more

不等辺だからこその輝き 15TH ANNIVERSARY LIVE KAT-TUN 21.3.22

ギリギリで……生きていたい 名曲の歌詞を体現してきたグループだと思う。 15TH ANNIVERSARY LIVE KAT-TUN ライブ配信を楽しみました。 知らない曲があっても、こんなにも誰でも楽しめるライブは、なかなかないんじゃないかな。 ドキドキした時間の記憶を残そうと思います。 勝手な解釈になりますが、良かったらどう…
コメント:0

続きを読むread more

2割は多いか、少ないか

数字に振り回されてる。 何%、何割の人に効果があるか。副作用が出るのは何%か。 髪が思った通りに戻らない人が2割位いる……とか。そ、そうなの? わたしにとっても、他のだれかにとっても、有りか無しか、100か0かしかない。 同じ病院に通院中で、同じ主治医でもあるNちゃんが、5年検査にパスした日に、お祝いしながら、話したことなどをま…
コメント:0

続きを読むread more

思いも景色も時間も描き出す。ぼくの名前はズッキーニ 21.3.11 昼

6歳だった。膝をかかえて座る心細さも、声を限りに泣き叫ぶ姿も。 野菜の名前、のろま、愚か。そんな意味のあだ名、ズッキーニ。 ママがつけてくれた。どんな意味でも、だから大切。 3月11日、辰巳雄大くん主演「ぼくの名前はズッキーニ」マチネを見てきました。 近すぎると見えない、気づかない思いもたくさんあると、強く感じた舞台でした。ネタ…
コメント:0

続きを読むread more

ライバルはリカ Endless SHOCK-Eternal- 21.2.9 146/1797

命は永遠じゃない。 リボンの赤は命を燃やす色。太鼓は鼓動。時を巻き戻したいと願い、歌う。 EndlessでEternal。伝えたかったものを考えた。 2月9日、お友だちを追いかけて観劇した日の日記です。 観劇から10日もたってしまったし、映画と、感想が混ざっているかもしれませんが、よかったら。 2月12日 SHOCKは18…
コメント:0

続きを読むread more

走り続けること、止まること、その先の一歩。映画「Endless SHOCK」

止まったヤツは、切り捨てられるんだろ? コウイチの思いを理解するのは難しいです。 舞台では、ステージ上にコウイチがいなくても、コウイチを追いかけてしまいますが、映画ではできない。 監督に「ここ、見ろ」「この角度で」と、誘導(笑)されるから。 終わってしまう前に……と、もう一度、映画を見てきました。 舞台挨拶の時に、光一さんが言…
コメント:0

続きを読むread more

映画「Endless SHOCK」と「Eternal 2020」のパンフを読んで

Endless SHOCK の座長は光一さんだ。 カンパニーを引っ張り、ショーの先頭に立つのは、コウイチ。 物語、お芝居の主人公はライバル役。 2回めの映画を見る前に、パンフも読んだし、もう少し感想を書こうと思います。 梅芸 Eternal のことにもふれています。良かったら、ぜひ、どうぞ。 ひとつ前のblogでもふれたけ…
コメント:0

続きを読むread more

一緒に踊り続けようぜ 映画「Endless SHOCK」ライビュ付上演

2020年のSHOCKは、20周年という記念の年でした。 見えない敵には勝てず、千穐楽まで走り続けることはできませんでした。 中断後の帝劇で、Endless SHOCKの撮影をして、こんな状況下だからこその物語、スピンオフであるEternalを生み出した光一さん。 光一さん初監督作品として公開されることになった劇場版「Endles…
コメント:0

続きを読むread more

2020年を懺悔する。

2020年は、いつもとは違う1年でした。 今、やりたい事をやろう。できなくなって後悔しないように。 2021年が始まって、10日以上がたってしまったし、配信をのぞけば、懺悔するほどヲタ活してない気もしますが、ゆるく振り返ろうと思います。 2020年最初のお出かけは、お友だちと美術館からの帝国劇場へ。 ジャニーズアイランド。 …
コメント:0

続きを読むread more

求 悪役! 放課後の厨房男子 20.11.28 マチネ

幕のようなものが、ひかれていた。 セットが見えない。 席に着いたら、セットをながめながら、先輩たちの歌を聞くのが、厨房男子の入口だったのに。 シンクリ、やめピュア、硝子の少年……それから、それから。 11月28日、昼、放課後の厨房男子を見てきました。今さらすぎる観劇日記ですが、良かったら。 放課後の厨房男子は、3年連続上…
コメント:0

続きを読むread more

自分らしく、幸せのために闘う。 チョコレートドーナツ 20.12.28 マチネ

any day now 実話をもとにした……という映画があるのは知っていたけれど、見ていませんでした。 はじめて舞台化されたという「チョコレートドーナツ」を見てきました。 マルコが可愛かった。 東山紀之さん演じるルディの歌が、心に響きました。 12月28日の昼公演、ネタバレしていますが、さらりと感想を残そうと思います。 …
コメント:0

続きを読むread more

進級できました!術後4年検査のこと

不安は、思考を奪う。なにも生み出さない。 そう言ったのは、誰だったかな。 なにをしたいのか……迷走し続けている気がする。ずっと、ずっと 不安って、小さなきっかけで、どんどん膨らむ。雪だるま式に。 断ち斬らないと…… 久しぶりすぎるblogはヲタ事を含まない、体調の話になります。 ぐちっぽい?術後4年検査話ですが、良かったら、…
コメント:0

続きを読むread more

永遠に囚われ続ける Endless SHOCK 〜Eternal 配信公演

コウイチは、赤が似合う。 最後の舞台衣装も、よく似合ってた。 物語を巻き戻し、あの日、あの時を振り返りながら進む、Endless SHOCK スピンオフ公演Eternalの配信公演を見ました。 8万人の方が観劇した公演の感想のようなものです。 ネタバレを含みますが、良かったら、ぜひ。 一段高くなった位置にオーケストラを背負…
コメント:0

続きを読むread more

きみが紡ぐ物語に涙した まちゅパラ 20.8.8.18

赤い衣装で、スタンドマイクの前に立った。 歌うんだね。きっちり、歌うんだね。そうだよね。 くるんとした目がキュート……王子様は、予想だにしなかった世界を見せてくれました。 夢、目標、こだわり。こうなりたいという強い思い。 まちゅパラ。好きだ……強く思ったソロライブでした。 Travis Japan いいな!と思ったのも最近なの…
コメント:0

続きを読むread more

回避不能 Danger zone 7人を強く感じたソロライブ のえパラ 20.8.1.12

なんと表現すればいいんだろう。 オープニング曲のイントロが流れた時、もちろん、よーく知ってる曲だったから、驚いた。 こういう時に使うのかも「絶句」 イメージがぶち壊された。そうくる、ロイヤル貴公子!? 8月1日 12時開演、川島如恵留くんのソロライブを見た、絵のない日記です。 はじめて聞く曲もあったので、タイトルとか間違ってる…
コメント:0

続きを読むread more

歌で勝負した、はだしの元太に見た二面性 げんパラ 20.8.4.12

いきなりその歌!? しかもアカペラで歌い出した。 ステージにひとり。サポートメンバーもいない会場に響いた元太くんの想い。 今日という日は記念日。Anniversary。 青に染まった世界は、元太ワールドだね。 はじめてのソロライブに、ダンスで魅せること以上に、歌で……という気合い。 ていねいに歌ってくれて、ありがとう。 サマ…
コメント:0

続きを読むread more

命の色の翼で飛ぶ Endless SHOCK 2020 2.5 143/1733

どのフライングが1番好きかと聞かれた、迷うことなく言える。 リボンフライング。 赤いリボンを腕の力だけで、優雅に舞う。 やれるもんならやってみろ。いつだったか座長が豪語したリボンフライングに、今年は、ゴジラも挑戦している!? 今年のSHOCKのテーマは、前へと飛ぶことなんだろか。 そんなことを思いながら、2月5日(水)に観劇し…
コメント:0

続きを読むread more

拓哉!と叫びたくなった夜 TAKUYA KIMURA Live Tour 2020 2.9

心の底から楽しかった。 Go with the Flow 名曲がそろってる。騒いだ後のしっとり。緩急のつけ方もすごい。 ぽろりと出る言葉が謙虚で、ステキだった。 2月9日(土)代々木第一体育館で行われた、木村拓哉くんのソロライブに行ってきました。 騒いできました。飛び跳ねた。そんな日の日記になります。ネタバレを含みますが、良か…
コメント:1

続きを読むread more

SHOCK初日の幕が上がって下りたので、今さらだけど2019年を懺悔する。

空はつながってる。 2019年最後の日は、毎年、絵馬を奉納させていただいてるお寺から、太鼓の音が響いていました。 2020年の立春も過ぎ、20th AnniversaryのSHOCKも初日を迎えたけれど、2019年の現場のこと、さら~っと書いておこうと思います。 今さらすぎますが、良かったら。 2019年の1月は、唯一イベン…
コメント:0

続きを読むread more

術後3年検査とピンクリボンアドバイザー中級認定試験

令和元年12月8日、ピンクリボンアドバイザー認定試験【中級】を受けました。 5日ほど前に、術後3年検査を受けて、結果待ちでしたし、大好きなデュオの2年ぶりのライブの直前でもありました。 ピンクリボンアドバイザー試験のこと、術後3年検診のことなど。ずいぶん前の、体調関係の話になりますが、良かったら、ぜひ。 試験会場は渋谷でした。…
コメント:0

続きを読むread more

ThanKs 2 YOU 東京ドーム 19.12.14

ふたりに裏切られました。 ほんとうに良い意味で。その魅せ方ができるのは、今のふたりだけだ。 嬉しすぎて、楽しすぎて、涙がこぼれました。 てるひの妄想の上の上をいくKinKi Kids。 2年ぶりのライブに参加してきました。ざっくりすぎる感想になります。ネタバレを含みますが、良かったら。 東京ドームは、ふたりにとってのホーム…
コメント:0

続きを読むread more

会いたい、会いたい、会えるよ。ThanKs 2 YOU オープニング予想?

会いたい、会いたい、会えない。 FNS歌謡祭、ミュージックフェア、カウントダウンTVで、歌うふたりが見られて幸せと思ってる間に、会報も届きました。 10月のふたりでの生ラジオ。リスナー頼りのとこも、ゆるい感じも最高のラジオの事が中心に書かれていました。 そのラジオの最後に、光一さんがぶっ込んだKinKi Kids ドームライブが初…
コメント:0

続きを読むread more

ふたりの歌声は光。FNS歌謡祭第1夜 光の気配

KinKi Kidsだ。 光だ。ふたりの間に光がさしてる。 FNS歌謡祭のセットに立ったふたりを見て、心が躍った。 あきらめない。あきらめ方なんて知りたくない。 気配? いや……確かな光。 CDで聞いた時には、ピンとこなかった歌でしたが、LIVEで聞いて、月並な言い方だけど、おちた。 好きだ、この歌。そう思った。 FN…
コメント:0

続きを読むread more

検査を終えて、サロンコンサートからの光の気配

12月、大好きなデュオ、KinKi Kidsが輝く冬です。 KinKi Kids 41枚めのシングル「光の気配」フラゲの日は、3回めの年次検査の日でした。 検査後、病院内でのサロンコンサートを楽しみ、てくてく歩いてCDを迎えに行き、テクテク歩いて帰ってきました。 この記事は、今の体調と12 月のヲタごと予定をまとめているだけのもの…
コメント:0

続きを読むread more

守るべきものと悲しい約束 SANEMORI 2019.11.6

お友だちに誘っていただいて。はじめての海老蔵さまのABKAI、シアターコクーンで観てきました。ABKAIは、今回がFINALですが、歌舞伎というより、スーパー歌舞伎かミュージカルなのかと思っていました。11月6日、初日があけたばかりのSANEMORIに、まんまとだまされました。歌舞伎もよくわからず、キャストの誰かに寄り添うblogではあ…
コメント:0

続きを読むread more

一緒に踊り続けようぜ Endless SHOCK という舞台

2020年のEndless SHOCKの製作発表が行われましたね。 ライバル役は上田竜也くん。 ライバル役って言っちゃうけど、立ち位置は、タイトルにも書いたけど、このセリフを言ったメンバー。 あくまでも、てるひは、そういうふうに見てきました。 20周年を迎えるSHOCKは、ここが揺らぐのか? それとも? この役に、上田くんは…
コメント:0

続きを読むread more

座長とお呼びする季節

令和元年11月。光一さんを座長とお呼びする季節がやってきました。10 月の梅田芸術劇場の千穐楽で、来年のSHOCKの告知があったそうですね。SHOCK? それとも、Endless SHOCKなの?KinKi Kids が大好きで、SHOCKを見ることはライフワークだと思っているてるひが、勝手に、来年のSHOCKを予想します。予想というよ…
コメント:0

続きを読むread more

ケアニン

あなたでよかった そうサブタイトルがつけられた映画「ケアニン」が、市の施設で上映されると聞き、テクテク歩いて、見てきました。 ケアニン、造語なのかな? 新人介護福祉士さんの物語です。 無料なので早めに行かなきゃと思いつつ、開演ギリギリに到着。 年上の方たちの中に、学齢前のお子さんをつれたママを見つけて、ほっこり。 映画…
コメント:0

続きを読むread more

輝きと夢を形作る、儚さと影を思う。BACK BEAT 19.6.5 昼 東京芸術劇場 プレイハウス

ずっと続くと思ってた。 いや……続くとか、終わるとか。そんなことも考えてなかったんじゃないか。 楽しいか、楽しくないか。やりたいか、やりたくないか。 刹那に生きたスチュアート サトクリフと、親友という鏡を失ったジョン レノン。 6月23日に千穐楽を迎えたBACK BEATの6月5日昼公演を見てきました。 1ヶ月近く前のあやふやな記憶を掘…
コメント:0

続きを読むread more

解き放ち、その先へ ENDRECHERI 19.6.10 中野サンプラザ

FUNKってなに? 音楽ってなに? わかんなくても、剛くんが作り出す音は好き。空気が好き。 グルーヴよくわかんないけど。自然に身体が揺れて、漂っていたいと思う。 6月10日、中野サンプラザで、ENDRECHERIを感じて、楽しんだ感想のようなものです。ネタバレしていますが、良かったら。 大雨でした。 梅雨入りしたばかりなのに…
コメント:0

続きを読むread more