命の色の翼で飛ぶ Endless SHOCK 2020 2.5 143/1733

どのフライングが1番好きかと聞かれた、迷うことなく言える。 リボンフライング。 赤いリボンを腕の力だけで、優雅に舞う。 やれるもんならやってみろ。いつだったか座長が豪語したリボンフライングに、今年は、ゴジラも挑戦している!? 今年のSHOCKのテーマは、前へと飛ぶことなんだろか。 そんなことを思いながら、2月5日(水)に観劇し…
コメント:0

続きを読むread more

拓哉!と叫びたくなった夜 TAKUYA KIMURA Live Tour 2020 2.9

心の底から楽しかった。 Go with the Flow 名曲がそろってる。騒いだ後のしっとり。緩急のつけ方もすごい。 ぽろりと出る言葉が謙虚で、ステキだった。 2月9日(土)代々木第一体育館で行われた、木村拓哉くんのソロライブに行ってきました。 騒いできました。飛び跳ねた。そんな日の日記になります。ネタバレを含みますが、良か…
コメント:0

続きを読むread more

SHOCK初日の幕が上がって下りたので、今さらだけど2019年を懺悔する。

空はつながってる。 2019年最後の日は、毎年、絵馬を奉納させていただいてるお寺から、太鼓の音が響いていました。 2020年の立春も過ぎ、20th AnniversaryのSHOCKも初日を迎えたけれど、2019年の現場のこと、さら~っと書いておこうと思います。 今さらすぎますが、良かったら。 2019年の1月は、唯一イベン…
コメント:0

続きを読むread more

術後3年検査とピンクリボンアドバイザー中級認定試験

令和元年12月8日、ピンクリボンアドバイザー認定試験【中級】を受けました。 5日ほど前に、術後3年検査を受けて、結果待ちでしたし、大好きなデュオの2年ぶりのライブの直前でもありました。 ピンクリボンアドバイザー試験のこと、術後3年検診のことなど。ずいぶん前の、体調関係の話になりますが、良かったら、ぜひ。 試験会場は渋谷でした。…
コメント:0

続きを読むread more

ThanKs 2 YOU 東京ドーム 19.12.14

ふたりに裏切られました。 ほんとうに良い意味で。その魅せ方ができるのは、今のふたりだけだ。 嬉しすぎて、楽しすぎて、涙がこぼれました。 てるひの妄想の上の上をいくKinKi Kids。 2年ぶりのライブに参加してきました。ざっくりすぎる感想になります。ネタバレを含みますが、良かったら。 東京ドームは、ふたりにとってのホーム…
コメント:0

続きを読むread more

会いたい、会いたい、会えるよ。ThanKs 2 YOU オープニング予想?

会いたい、会いたい、会えない。 FNS歌謡祭、ミュージックフェア、カウントダウンTVで、歌うふたりが見られて幸せと思ってる間に、会報も届きました。 10月のふたりでの生ラジオ。リスナー頼りのとこも、ゆるい感じも最高のラジオの事が中心に書かれていました。 そのラジオの最後に、光一さんがぶっ込んだKinKi Kids ドームライブが初…
コメント:0

続きを読むread more

ふたりの歌声は光。FNS歌謡祭第1夜 光の気配

KinKi Kidsだ。 光だ。ふたりの間に光がさしてる。 FNS歌謡祭のセットに立ったふたりを見て、心が躍った。 あきらめない。あきらめ方なんて知りたくない。 気配? いや……確かな光。 CDで聞いた時には、ピンとこなかった歌でしたが、LIVEで聞いて、月並な言い方だけど、おちた。 好きだ、この歌。そう思った。 FN…
コメント:0

続きを読むread more

検査を終えて、サロンコンサートからの光の気配

12月、大好きなデュオ、KinKi Kidsが輝く冬です。 KinKi Kids 41枚めのシングル「光の気配」フラゲの日は、3回めの年次検査の日でした。 検査後、病院内でのサロンコンサートを楽しみ、てくてく歩いてCDを迎えに行き、テクテク歩いて帰ってきました。 この記事は、今の体調と12 月のヲタごと予定をまとめているだけのもの…
コメント:0

続きを読むread more

守るべきものと悲しい約束 SANEMORI 2019.11.6

お友だちに誘っていただいて。はじめての海老蔵さまのABKAI、シアターコクーンで観てきました。ABKAIは、今回がFINALですが、歌舞伎というより、スーパー歌舞伎かミュージカルなのかと思っていました。11月6日、初日があけたばかりのSANEMORIに、まんまとだまされました。歌舞伎もよくわからず、キャストの誰かに寄り添うblogではあ…
コメント:0

続きを読むread more

一緒に踊り続けようぜ Endless SHOCK という舞台

2020年のEndless SHOCKの製作発表が行われましたね。 ライバル役は上田竜也くん。 ライバル役って言っちゃうけど、立ち位置は、タイトルにも書いたけど、このセリフを言ったメンバー。 あくまでも、てるひは、そういうふうに見てきました。 20周年を迎えるSHOCKは、ここが揺らぐのか? それとも? この役に、上田くんは…
コメント:0

続きを読むread more

座長とお呼びする季節

令和元年11月。光一さんを座長とお呼びする季節がやってきました。10 月の梅田芸術劇場の千穐楽で、来年のSHOCKの告知があったそうですね。SHOCK? それとも、Endless SHOCKなの?KinKi Kids が大好きで、SHOCKを見ることはライフワークだと思っているてるひが、勝手に、来年のSHOCKを予想します。予想というよ…
コメント:0

続きを読むread more

ケアニン

あなたでよかった そうサブタイトルがつけられた映画「ケアニン」が、市の施設で上映されると聞き、テクテク歩いて、見てきました。 ケアニン、造語なのかな? 新人介護福祉士さんの物語です。 無料なので早めに行かなきゃと思いつつ、開演ギリギリに到着。 年上の方たちの中に、学齢前のお子さんをつれたママを見つけて、ほっこり。 映画…
コメント:0

続きを読むread more

輝きと夢を形作る、儚さと影を思う。BACK BEAT 19.6.5 昼 東京芸術劇場 プレイハウス

ずっと続くと思ってた。 いや……続くとか、終わるとか。そんなことも考えてなかったんじゃないか。 楽しいか、楽しくないか。やりたいか、やりたくないか。 刹那に生きたスチュアート サトクリフと、親友という鏡を失ったジョン レノン。 6月23日に千穐楽を迎えたBACK BEATの6月5日昼公演を見てきました。 1ヶ月近く前のあやふやな記憶を掘…
コメント:0

続きを読むread more

解き放ち、その先へ ENDRECHERI 19.6.10 中野サンプラザ

FUNKってなに? 音楽ってなに? わかんなくても、剛くんが作り出す音は好き。空気が好き。 グルーヴよくわかんないけど。自然に身体が揺れて、漂っていたいと思う。 6月10日、中野サンプラザで、ENDRECHERIを感じて、楽しんだ感想のようなものです。ネタバレしていますが、良かったら。 大雨でした。 梅雨入りしたばかりなのに…
コメント:0

続きを読むread more

霧の中で、ふたりと手をつないで、14年

いつだったか…… ら行の響きに憧れるってblogを書いたことがありました。 元号が改まりましたね。西暦を使うので使いませんが、令和は、響きがきれいだなと思いました。 きれいなものが好き。きれいなものは壊れやすいものも多いからこそ集めたくなります。 霧の向こうに憧れて、細々と続けてきたこのblogも、5月1日に14周年を迎えました。 最…
コメント:2

続きを読むread more

破壊から始まる未来 ポリティカル・マザー ザ・コレオグラファーズ・カット 19.4.10

はじめてを待つ時間が好きだ。 全く想像もつかない世界の幕開けに、座っているのが難しくなったころ、客電が落ちた。 舞台上に灯り?松明?のようなもの浮かび上がった。 ショーの始まりか。世界の終わりか。 4月10日、素敵なご縁をいただいて、上田竜也さん主演 ポリティカル・マザー ザ・コレオグラファーズ・カットを観てきました。 そ…
コメント:0

続きを読むread more

たまちゃん先生との2年と6ヶ月

パソコンばかり見てないで、こっち見て、笑ってくれたらいいのになぁ。 応援しているデュオより若そうだ。優しそうだけど。ちょっと頼りない感じ? 主治医のたまちゃん先生の第一印象は、そんな感じでした。 3月、3ヶ月ぶりたまちゃん先生の外来に行ってきました。 ヲタごとを含まない体調の話になります。 あれから1年……じゃなくて、2年と半年。たま…
コメント:0

続きを読むread more

トリッパー遊園地 新橋演舞場 19.3.22

なぜ過去へ? 75年の時を遡って、何を見て、何を得たのか。 3月22日、河合郁人くん主演、辰巳雄大くん出演のトリッパー遊園地、昼公演を見てきました。初めてのハコ、新橋演舞場に狂気乱舞しました。 辰巳くんよりの偏った感想になるかと思いますが、良かったら。 河合郁人くん演じるマサヒロは、遊園地を経営する会社の若き経営者です。 昔…
コメント:2

続きを読むread more

離れてくという恐れごと離さない Endless SHOCK 138/1645

2019年のSHOCKいかがだったでしょうか。 座長の問いかけに、拍手を送りました。 2月15日の夜公演を、お譲りいただいた方とご一緒に見させていただきました。 コウイチしか見てなかったのに、いや、見てなかったからこそ? わたしの心は、また少しライバルに傾きました。ネタばれを含みますが、良かったら。 オープニングで、これから観劇するオ…
コメント:0

続きを読むread more

Endless の先に見えるもの Endless SHOCK 137/1634

SHOCKとは舞台。 何年前だったか。。。SHOCKとは?の問いに、光一さんはこたえていました。 わたしの中にストンと落ちた。 SHOCKとは、SHOCKというジャンルの舞台。そう思って観劇してきました。 でも。コウイチの言葉をかりるなら、少し違っていたのかもしれない。。。 2月6日、Endless SHOCK夜公演を観てきま…
コメント:0

続きを読むread more

応援上映 初体験! 刀剣乱舞

全く知らなかった刀剣男子の世界。 ゲームから始まったのかどうかも知らず、この映画が実写なのか、アニメなのかも認知してませんでした。ただ応援上映してみたい!の一心で「刀剣乱舞」観てきました。 ストーリーは単純明解。織田信長の暗殺、しかも特撮……という事で、めちゃクチャ楽しめました。 ストーリーのネタバレも含みますが、良かったら、ぜひ…
コメント:0

続きを読むread more

インフォームド・コンセントとは

知っているようで、知らない話 サブタイトルのついた、インフォームド・コンセントの講演会に参加しました。 話を聞いても、わからないままの気もしますが、この講演で心に残ったことと、2月初旬に参加した、最新治療と緩和ケアの講演会のことも、あわせてメモしたいと思います。 先日、間違って書きかけのblogをアップしてしまいました。 読んでくださっ…
コメント:0

続きを読むread more

殺人者は仮面をつけて 映画「マスカレードホテル」

マスカレードホテル。タイトルを聞いた時に、千年メドレーを思い出しました。 東山紀之さんが、プレゾンで披露してから、光一さんもMステなどで踊っています。仮面をつけかえて、人は生きていく。 マスカレード、仮面舞踏会、仮面、仮装。ホテルは、仮面を被り、仮装して、訪れる場所。非日常の世界。 木村拓哉くん主演「マスカレードホテル」を見てきま…
コメント:0

続きを読むread more

2018年を懺悔する。

空はつながってる。 2018年最後の日は、空はどこまでも青く、つながっていることを実感できました。 何年前だったか……冬の始めに、当時KinKiファンだった、地元のお友だちと話した事がありました。 気づくと、12月30日になってて、東京ドームに向かうために在来線に乗ってるんだろうなーと。 2018年は、その電車に乗ることはできなかったけ…
コメント:2

続きを読むread more

平成最後の夢物語 KinKi Kidsをもっと好きになった夜

堂本光一という人を、わかっていなかったようです。 KinKi Kidsの冬コンがお休みとなった冬、ジャニーズカウントダウンの出場ももちろんなくて。 ざらざらしていた心も、タッキー&翼出場と聞き、少しずつ修復されていきました。 平成最後の夢物語 ジャニーズカウントダウンの、一言感想です。 ……というより、KinKiが好きって叫んでるblo…
コメント:0

続きを読むread more

終わりというはじまり。映画「仮面ライダー 平成ジェネレーションズ」

平成仮面ライダーにはまっていたのは、10年ほど前まででしょうか。 元関西Jr.がギルスというライダー役で、仮面ライダーアギトに出演していると聞き、途中から見始め、555にどっぷりはまり、ブレイド、響鬼、カブト、電王まででドロップアウトしました。 仮面ライダージオウに乾巧と草加雅人が出ると知り、見るようになりました。 平成ライダーフ…
コメント:0

続きを読むread more

人間は迷い、そして……選ぶ。『チポロ』『ヤイレスーホ』 菅野雪虫 講談社

ずっと下を向いていてはいけない。 心がからだが、傷つき、しんどくて、一歩たりとも歩けなくても。 涙で、例えば流れる血で、視界が不鮮明であったとしても、前を、空を見上げてみよう。そこには、なにかがあるかもしれないから。 神も、奇跡も、道も、見つけようとしない者には見つけることはできない、決して。 菅野雪虫作『チポロ』と、続編『ヤイレスーホ…
コメント:0

続きを読むread more

3年生に進級できました。

診察に入ると、主治医のたまちゃん先生が、わたしに椅子をすすめました。 「する事があるので、座って、少し待ってて」 呼び出しアナウンス入れたのに、待ってて、どういうこと? 不安に襲われました。無意識に、まゆをひそめていたようです。 先週受けた、術後2年検診の結果を聞いてきました。 記録に残すための体調のみのblogになりますが、…
コメント:0

続きを読むread more

DAY ZERO 2018年てるひ演劇大賞(笑)

2018年もあと1か月ほどで終わり。 懺悔(ヲタごと総括)記事は、大みそかにアップするとして。今年、1番、心が揺さぶられたミュージカル『DAY ZERO』について、書いておこうと思います。 余命宣告よりも複雑と言える「その日」の告知を受けたら、わたしなら、どうするだろう。。。 設定は未来のアメリカですが、今に置きかえ、考えさせられた舞台…
コメント:0

続きを読むread more

2歳になりました。

おととしの11月15日、観る事をライフワークだと思っている舞台の製作発表がありました。そのことを、お友だちからのラインで知りました。 その舞台は、来年も上演される事が決まり、21日に製作会見がありました。 この記事は、舞台のこともヲタごとも含まない、体調関係のblogとなります。 11月15日は、ふたつめの誕生日、術後2年の記念日で…
コメント:0

続きを読むread more