比べたがる…癖 やばくない?

浮気モード全開?
けりーさん、きんき、こういちさん…楽しいことが続く春なのに。
けりーらいぶのレポとか書きたいのに。来週はきんき週間なのに。
はまってしまったのかしら?ヤバイ、非常にやばい。
浮気と呼ぶには、淡すぎる思いだけど、気になってしかたがない。
中のひと…と言うより、彼が演じている少年が気になる・・・のだとは思う。
はかなげで、人生あきらめてるような。。。
TBS愛の劇場「砂時計」

以前、昼ドラにハマった時は、途中から、毎日、感想文を書いてたっけ…
砂時計に関しては、書くよりも、見たいって言うか。そんな感じ。
その日のオンエア見て、過去に撮りためた放送の、気になるシーンを見たり
なんか…そんなことばかりしてる。
今のこの思いを、今は楽しんでいたいのかも。

書くことって。思いを過去に変える事でもあるって思ってる。
ライブもしょっく(舞台)も感想を書いたりするのは、思い出にしたいから。
思い出=過去。
今年のしょっく中は、去年のしょっくの記事をかなり読み返した。
読み返しやすいように、SHOCKってテーマを作ったンだしね。
話がそれましたが。。。

今、気になってる彼というのが、高校3年生になったばかりで
やーやーやのやぶくんと同級生だと聞き、
自分自身に、かなりヒイタ。いかんでしょ、その思い、犯罪だよ。

彼=藤くんは、島根の月島酒造の御曹司で、
出会った時から、杏のことを、ずっと好きだったのに言葉に出せず。
舞い散る桜の下で、思わずしてしまったキスも、
杏のことを考えて「冗談だよ。真に受けンなよ」と言ってしまうような
お姉さん(笑)の心をつかまえちゃうようなキャラなんですよ。

最初で最後・・・と、藤くんは杏を遊園地に誘う。
楽しそうにはしゃぎ、その1日だけのデートの終わりに
ずっと杏のことが好きだったことを告げるのです。
そして。姿を消す。
ここまでは、すっごく好きな運びでした。

藤くんは、自分が母が不倫してできた子だから…とか、
誰にも愛されず、つらい時にも誰もそばにいてくれた事がなかった…とか
不幸をふりかざすことで、回りのひとを傷つけてきたけれど
てるひは、彼のことが好きでした。泣くなら、そばにいたげよーか?みたいな。
全く似てないんだけど、ルカをね「人間・失格」の…思い出しちゃって。
そのあやうさ・・・というか、不安定さも、素直になれないとこも含めて。
藤くんとルカを比べてた。
ルカ・・・というより、こうちゃんとって言うべきかな。
藤役の塁斗くんは、わりとしっかりとした体格してるし、線が細い訳じゃない。
だから、あの時のこうちゃんとは、全く似ていない。

姿を消した藤くんは、歌舞伎町にいて。
冬休み、島根に帰っていた杏は、その知らせを聞くやいなや上京し
藤くんを見かけたという辺りを、探し回るんですよ。無謀っちゃ無謀なはなし。
でも。見つけるんだよね、キャバクラでバイトしてた彼を。
ボーイ姿の藤くんを見て、藤くん熱?塁斗くん熱が急激に下がったんです。
え?みたいな・・・
似合ってましたよ。カッコよかったし。

杏は藤くんを連れ戻すために、同じキャバクラでバイトすることに。。。
大悟にも嘘ついて。
でも。その嘘は、みーんな彼にはバレてるの。
藤くん探しに躍起になって、連れ戻さなきゃという正義感ふりかざしたのも
杏自身のためなんですよね。

キーワード「頑張って」
てるひも大嫌いなことば。言われると、ますます凹む。
でも。この言葉しか贈る言葉が見つからない日もあったりして、
「頑張って」と言ってしまった自分に、めちゃくちゃ落ち込んだりする。

杏は、お母さんに「頑張って」と言った事が、お母さんを自殺に追い込んだ。
そう思い込んでいて、藤くんにも遊園地で、同じ言葉を言ってしまった事を、
めちゃくちゃ後悔していたんですよね。
だからって。恋人に嘘ついて、それでも大悟はわかってくれるなんて、ありえないよ。
自分勝手もいい加減にしろって言いたくなったなぁ。

塁斗くんファンの方は、きっと…あのボーイ姿に萌え~だったのかと
でも。てるひは違ったのでした。彼は、るかじゃない(あたりまえだっつーの)
明日からは…かなり冷静に見られるかも。
とは言いつつ。明日から家を明けるので、しばらくはレコーダーの中で
眠ってもらうことになるンですけどね。

超はまりやすく、マッハdeさめやすい体質のてるひ
もうすぐblogも2周年。よく続いてるな。我ながら、びっくりです。

この記事へのトラックバック