555ファイナル。終わりから始まる

半田健人さんpresentsのたっくんのイベントに行ってきました。
555は、はじめて全編通して見た仮面ライダーでした。
当時。小野氏の「屍鬼」にはまっていたこともあって、
甦る、起き上がり、人ではなくなるものたちに興味があった。

猫舌のたっくん。はっきり言って、くさか同様、好きになれないキャラでした。
たっくん。こんなに落ち着いた声だったけ?
声って。ポイント高いんですよね(わたしが人を好きになる時に)

今回のイベントは、キャラクターショーとトークの2本立てでした。
終演後、握手会も用意されているとのこと(希望者のみ)

キャラクターショーには、何オルフェノクか不明(猫みたいだけど、ドラゴン?)と
話術が巧みな手下たちが登場。誰なのあなたたち?
乾巧の登場で、小さいお友達の声援と、お嬢さんたちの黄色い声援が…
たっくんは、555に変身して、オルフェノクと闘います。
555の声は、もちろん半田くん。
前の席の小さいお友だちも「555」と連呼してはしゃいでた。

オルフェノクと手下(何って名前でしたっけ?)たちは、?でしたが、
カイザも駆け付け、共に闘いました。
カイザの首をコキコキって仕種に、会場がわいてた。
力を合わせ、オルフェノクを撃破。

半田くん、髪を茶色に染めてきた・・・って言ってました。
護国寺くんじゃなくなってましたね、確かに(笑)

トークショーでは。タイと香港に、555のプロモーションに行った時のVを
見ながらのお話しから始まり。
ゲストに真理(芳賀優里亜さん)ちゃんを迎えて、555を振り返っていました。
啓太郎くんと3人そろっての和みのシーンが見たかったな・・・

優里亜ちゃんは、おとなっぽくなりましたね。
555撮影開始当時の写真は、ほんと「まる」かったよね。
そう呼ばれるのはイヤだった・・・そう。。。って、スタッフ、ひどすぎ

きつかったシーンとして、優里亜ちゃんが、雅人散華の
真理が「草加くん」を探して、岩場を走るシーンをあげていました。
かなり海が荒れていて、制作の方に「海に落ちても、助けられないから」
・・・と言われていたとか? まじ?
優里亜ちゃんを高波がのみこみ、スタッフも本気で助からない・・・と思ったって
そんな命がけの撮影だったンですか?

確か・・・あのシーン。真理が呼ぶ声は、雅人には届いていたけれど
真理は、雅人を見つけられませんでしたよね?
そして。カイザに首を・・・
(せめて、散華のシーンくらい見直そうよ?・・・じぶん)

キャラクターショーにカイザが登場した時に、
「誰が変身してる? 木場?」
たっくんが言っていましたが、木場さんも青い炎につつまれたはずじゃ?

優里亜ちゃんが帰った後は、大抽選会に。
女性がたくさん集っているはずなのに・・・なぜか男性に当たる率が高く
「ヲタクをひきよせる(引き当てる?)」と半田くんも、
百恵ちゃんの歌が好きだったり「太陽にほえろ」が好きで、
新宿中央公園でロケするのが夢だった? かなりのオタクっぷり(笑)

握手会には、かなりの人が残りました。
ゆっくり両手で握手する半田くん。
小さいお友だちの頭をなでたり、肩をたたいたりしてました。
わたしの何人か前のお嬢さんが、感激して泣いていたの。
それ見てたら、たっくんに質問しようと思ってた事が、ふっとんだ。
一般的な事だけ言って、すごすご帰りました。

21歳なのに、しっかりしてるなぁ。。。と思いました。
斗真くん、りょうちゃんと同じ年ですよね
ジャニのみなさんの年齢と比べちゃうのは悪い癖。
剛くんより2つ上・・・とか、よく言っちゃう(苦笑)

質問したかったのは、物語が終わった後のたっくん。
「555のラスト。たっくんは目をとじましたよね?
あれは・・・死んじゃったってこと?それとも。思い出にひたってただけ?」

555ファンの方、半田くんファンの方、聞いた事ありますか?
こう思うよ・・・って意見も聞いてみたいです。

この記事へのトラックバック