あの丘で風を

画像

メモリーオブラブのあの丘に、やっと来る事ができました!
村上塾では夏期講習が続いていますが、私は、ひとり塾外講習中DEATH。

羽純(国分佐智子さん)と明さん(村上さん)が出会った丘は、
風がよく通り、さわやかで。
羽純が「わたしは鳥だ」と、思った気持ちが、わかりました。
今日は、羽純と明さんの結婚式の日のように、良いお天気で。
暑かった…でも。風が吹くと、ほんと気持ちイイんです。

ベンチの上に立つ事は、さすがにできなかったけど、
両手をひろげると、風にのって、飛べる気がしてくるから不思議。
ひとりで、鳥になってみるのもおススメかも?

明さんがもたれていた手摺りは、かなり低く、腰痛って感じ。
でも。神戸の街を独り占めできるし、爽快。

あの丘のベンチには、先客がいました。
明さんじゃなく(当たり前)大学生くらいのお兄さん。しかもお昼寝中。
純也おじさんのまねをして、隣に座らせていただいちゃいました。
追い立てる恰好になって、すいませんデシタ。
アリエナイ事ですが、もしこのBlogをお読みになったら、
「それ、オレだよ」と、言っていただけたら、うれしいです。

覚え書 阪急六甲駅から市バス(2か18系統)五毛下車。
坂道を上る。坂の途中に表示板あり

この記事へのトラックバック