このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 17回めのデビュー記念日にありがとうを。

<<   作成日時 : 2014/07/21 23:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は7月21日…
まったり応援している、KinKi Kidsのデビュー記念日です。
CDデビュー17周年おめでとうございます!
17年前、1997年7月21日も、月曜日でした。
デビュー日なのにイベントもなく、剛くんは、日本にもいなかったンですよね。
futariを応援し続けた17年(デビュー前から応援してたけど)を
7月20日の堂本兄弟の副音声の感想なんかも交えながら
ゆるーく振り返ってみることにします。

7月21日になる前に、会報no.99とプラトニックのことをblogして
博多座SHOCKの申し込みを済ませたかったけど、どちらもできす(苦笑)

今年こそは、平安さんに行きたい…と思って
3連休の宿を押さえていたのですが、えぇ?第1週ですか?
その日程では、どーしても行けない…とあきらめて、ホテルを手放しました。
奈良のホテルも一緒に。

梅芸SHOCKが開く前に、博多座の申し込みをしたいと思ってるんだけど
SMAPからの青い封筒が来ないので
博多座の日程を決めかねています。。。
帝劇以外のSHOCKは、FCでは連敗中のてるひなのですが、
今年は、絶対に当たる気がするの(笑)

どうしてSHOCKにこんなにも執着(?)するのか〜と言うと。
何度も、節目、節目で書いているけれど、
最初にして最大のヲタ卒業の危機を救ったのが、ショー劇・MASKだったから。
森光子さんが「天使ですもの」と言ったけど
まさに、そんな感じでしたもの。

1997年は、デビューコンとなった夏LIVEに、1度だけ、参加しました。
続く冬、翌年春のLIVEは、FC入会が間に合わず、参加できませんでした。
1998年の夏からは、全てのLIVE(全公演って意味じゃないよ)に参加してきました。
ひとりでの参加もけっこうあるかな。

デビュー記念日の今日、絶対に聞きたいと思った楽曲が何曲かあって。。。
その中の1曲が『Music of Life』
堂本BBのために、光一さんが作詞、剛くんが作曲した楽曲で。
album 39 わたしたちが選んだ10曲たちと同じ盤に収録されましたよね。

昨日(7月20日)の堂本兄弟でも、流してくれていましたよね。
菊池Pさんが「いつもは、つよさんが詞を書くけど、この曲は光ちゃんが…」と。
この豪華なメンバーでzeppでやっちゃうなんて〜と言ってたけど
2回め以降のDBBに行けた方は、ほんとラッキーだったと思います。

この歌を生で聞くことは、きっとないんだろう。。。
そう思い始めた2007年1月1日。iコンFinal。
この日のことは、参加していたお友だちに聞きました。
iコンは、12月30日と31日に参加し、元日はお留守番していたのでした。
この日のことがあってから、なにがあっても元日だけはライブに行く
…と思うようになり、今に至っています。

ラストへと向かい、テンポが変わるこの曲を、
LIVEで聞けたのは、その何年後…だったかな。
「(曲だけではなく)あなたが書く詞も好きですよ」
剛くんが言っていたのが、すごく印象に残っています。
futariが作った曲の中でも、1、2を争う大好きな曲ですね。

『Kissから始まるミステリー』
KiNKi you コン初日にはセトリに入っていたのに、翌日にはなくなってた歌。
デビュー日当日に参加できた唯一のコンサート。
この日に聞いて、こんなイイ歌だった?…と目から鱗だったんだよなぁ。

なんでこの歌〜と言われると、4代めの一ちゃんを見たからかな。
2時間のSPは見てないので、山田くんの一ちゃんは、はじめて見た事んだけど
なんか違う…かな。
でも、ドラマとしてはおもしろかったけど(笑)
春奈ちゃん、4人の中で、1番、美雪らしい美雪って気がしますが
ともさかちゃんの時にも思ったけど、一ちゃんより背が…(笑)

『Time』
今までにないfutariを見せてくれた曲でした。
音もだけど、パフォーマンスも、PVも、今までにない感じでした。
今、聞きなおしても、チャレンジしてるな〜と思う。
王道であるとか、futariらしさであるとか
そんなカテゴライズなんて、くそくらえ?(キタナイ言葉スイマセン)

この歌は、ゲームのタイアップだった訳ですが
進軍を思わせる重低音も、マイナスに働いていない。
むしろ蹂躙されたい。迷いたい。そして、ずっとずっと一緒に…
新しい世界へと歩いていくんだと歌うfutariに、拍手です。

『Misty』
某後輩くんが、MCしている番組でメドレーで歌ってくれたんですよね。
どうもありがとう
海の音に救われる、せつないメロディにのっている
♪君までも失いそうだから♪のフレーズにノックアウトされたんだよね。
君…てるひにとってのKinKi Kids。
C albumで見失いかけたfutariでした。でも、見失わないですんだ。
そんな曲なんだよね。

『永遠に』
この歌も、20日の堂本兄弟で流して、4人で語ってくれた歌でした。
楽曲提供者と歌う…コーナーでしたっけ?
徳永さんがゲストで来てくださって、歌ってくれた時
おんなじこと思ったんですよね。
作り手にはかなわない…って(笑)
シンガーソングライターに書いてもらって、歌ってもらっちゃうななんて…と。

futariが歌うこの歌は、正直、ピンとこなくて。
永遠にキミとふたりで。
キミを「剛」と、または「光一」と変換してしまうダメな脳の持ち主で。
この難しい歌を、少しずつ歌いこなしていったfutari。
あの日の徳永さんと同じ年になって歌ったら、
きっともっと自分たちのものにしてる。そんなふうに思うのです。

『銀色 暗号』
好きじゃなければファンじゃない…とまで言われそうな『愛のかたまり』よりも
てるひは、この歌の方が好き。
夜を鮮やかだと書いた剛くんの感覚が好き。
四季たちが揺れて死ぬほどのコトノハって?
光一さんのことを思って書いたそうですが…

φ どこにも属さない、なにものにもカテゴライズされないfutari、歌たち。
このalbumは、好きだと思う歌がいっぱいでした。

『勇敢な君に』
この歌をLIVEで聞くまでは死ねない(大げさ)
L albumで、1、2を争う好き歌だったのに、Lコンでは歌ってくれなくて。
だからこそデビュー記念日の今日、聞きたかった歌なんだよね。
1番の友だちは僕だ。
そうずっとそう。きっとそう。

『Glorious Days 〜ただ道を探してる』
最新シングルなのに、34曲めと数えられなかった曲。
道を探してる。
誰だって夢を追うために生まれてきたんだ。
このメッセージソングは、どうして34曲めのシングルにならなかったんだろう。
何度も聞くうちにとらわれた。

futariがひとつだと思う前半は、遠くへ一緒にと思わせてくれるし
バラバラの物語を紡ぐ後半も、futariの個性のようで、たくさんドキドキする。
ただひとつだけの道は3つある。
KinKiの、光一さんの、剛くんの。。。
可能性を感じる大好きな歌です。

futariの歌を聞いていると「ありがとう」と言いたくなる。
出会いは奇跡だから。
そんなこんなで、18年めも、3組、ふたりのアーティストを
ゆるーく応援していきたいと思っています。

’14.7.21 書き手 てるひ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
17回めのデビュー記念日にありがとうを。 このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる