このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS SHOCKが好きだと書いておく。第2弾?

<<   作成日時 : 2012/04/21 17:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

お友だちのお誕生日を、日比谷のパワースポットでお祝いしてきました。
お祝いと言う名の観劇ですけど(笑)
光一さんが「帝国劇場は、演じる者にとってのパワースポット」
そんなことおっしゃってたのは、おととしでしたっけ?
観劇すると、飛翔運が上がるって話も聞きますけど…
4月16日(月)昼公演では、見える事と見えない事を楽しみました。
だらだら書いてるだけの感想文。
携帯からの投稿で読みにくいかもしれませんが、良かったら、ぜひどーぞ。

最近、感想blogが書けてなくて。
今年は、SHOCKが好きな方や、光一さんファンの方と交流できたらいいなぁ
…と思っているだけで、踏み出せないでいる間に
Endless SHOCK2012も、残すところ10公演あまりとなっちゃいました(汗)

921公演のお席についた時「スクリーン、でかぁ」と思っちゃいました。
今年も、嬉しいことに、帝劇ではいろんな角度から観劇させていただいたけど
コウイチと光一さんを見失う事はありませんでした。
演出を見逃すこと、聞こえているはずの想いを受け止められなかったことは
もちろん何度もありましたけどね。

オープニング。Endless SHOCKのストーリーには関係のない演出なので
今でも、すっぱりなくしてもイイと思っています。
正直、去っていた者たちの亡霊が…のダンスも綺麗ではあるけど
第2幕のコウイチ復活への伏線にもなってないし。
「コウイチの登場、あせったよなぁ」
正直、あそこからにしちゃっても問題ないって思っちゃうのですが…

OPの光一さんのダンスは好きだから、ま、いいかな?
この日は、前方のセンターと言う幸せすぎる席での観劇でした。
コウイチも光一さんも良く見える(笑)
それだけに、光一さん以外が見えない(見ない?)危険が…
群舞として美しいはずのシーンも、ついコウイチがん見って?

オフでのショーは、コウイチは楽しそうですよね。
でも、自分がセンターであると言うこと、走り続ける背中を見せることを
光一さんは、大げさに演じてるなぁ〜と思ったりもしました。
最初のフライングも、ワイヤーを装着する役割のヨネハナにも
おれが背中見せてるんだから、そこにつけろよ的な傲慢さも見えたりして
すごくおもしろかったりしますよね。

オフのショーのお気に入りは、フォーンのふたりが登場するところ。
パフォーマーは後輩ばかりで、いつも背中を見せ続けているけど
コウイチの歌もダンスも、フォーンの音とは正面から向き合ってるように感じるんですよ。
フォーンの音色が、コウイチの歌声に頷いてみるみたいに響くんだよね。

オフでのショーのパネルマジックの時…だったかな。
アクロバティックなダンスをみせたタツミが、客席にピース。
ふぉーゆーも、いろいろ小さく自己主張をしてましたよね。

次の公演のアイディアだけど…
あまりにも唐突な感じのする「シェークスピア」
2幕へのむちゃな伏線ととらえちゃいがちだけど、
コウイチは、ウチやみんなの可能性を見つけようと、考えていたンですよね。

言葉ではなく、歌で物語を運んでいく。
メンバーの模範としてじゃなく、憂いをにじませた背中もさらせる場所、屋上。
コウイチがコウイチ自身に戻れる場所なんですよね。
♪空は見てた♪
『ONE DAY』

去年までは、コウイチだけの歌でしたが
離れそうな背中へのリカの不安を、歌に入れ込むことによって
強引さがなくなった気がします。
去年までのリカのセリフって、この後に起こる事故への伏線ではあるけど
なんかに無理やり言わせてる感が強かったですからね。

この歌に出てくる♪この場所から始まったんだ♪を
子どもの頃から踊り続けてきた、屋上の事だととらえて聞いていました。
1幕では、それでいいのかな。
2幕で、もう1度歌われた場所は、ブロードウェーの大劇場でした。
同じ歌を2回歌う意味。
屋上では、それぞれの願いはひとつではなかったって事でしょうか。

いろんな事を経て、やっとひとつになれた。
夢が叶う・・・
2幕でも歌われる『ONE DAY』
始まりのこの場所とは特定のどこかではなく
仲間がいる場所って事だったんですよね。

屋上でのリカの不安の歌声は、コウイチの声と反発しあってるけれど、
歌っているうちにリカがなっとくして、ふたりの♪いつか夢は叶う♪に落ち着く。
心の動きがおもしろいですよね。

そこへ『どんなときも』歌いながら乱入してくるオーナー。
好きなら、好きと〜は、ウチに言ってたのか、リカに言いたかったのかな?
それにしても…自分が見いだしたとは言え、どんだけコウイチが好きなわけ?
歩きながら話すコウイチに、ぴっとりくっついてくンですもんね。

マツザキのやる気スイッチは、なんともアブナい場所にあるみたいで?
おしり?押す方も命がけですね?きちんと押してもらえなかったのか…
リカのダンスを乗っ取ったお父さんに、殺虫剤かけられ、落ちちゃってましたけど。

何度見ても、どこから見ても唸ってしまうのが『SOLITARY』です。
がっと足開いても、ぶれないんだよね、光一さんの軸。
全身を使ったハードなダンスは、きれもあってきれいだけど
力をぬいたように?見えるやわらかなダンスも、なんではずさないんだろ?
ソリタリの出られなかったウチは、二階の前方席で見て(つまり遠くから)
コウイチやリカたちの立ち位置で、すごく納得できたけど、
今回、出られなかったウチを追いかけるようにはけたふぉーゆーを見て、
全員が客に気づかれないように、フォローした
…が、よくわかった気がしたんですよね。

921公演のお席は、すごく臨場感があるお席で、すごく良い香りが漂ってきたり
ジャングルのフライングでは、真っ正面から飛んでくるコウイチに、
息が止まりそうなほど、ドキドキしちゃいました。
二幕、大好きなリボンフライングは、ジャングルより低く飛ぶため、
お友だち曰わく「蹴られるかと思った」ほど。
あの世から戻った、赤い羽の蝶のフライングは、
腕への付加など微塵も感じさせない、優雅な舞なんですよね。

ラダーも無理して見上げちゃいましたが、首の筋をいためかねないので
梯子の真下の席の場合は、あきらめた方がよいかな〜と。
そんなお席では、なかなか見られないですけどね。

植草さんがオーナー役について三年でしたっけ。
まだまだなっとくてきてないセリフがあるのですが、そのひとつ。
ジャパネスク五分前の幕間。ウチと衝突したコウイチに
自分の劇場での公演にこだわり、逃げ出した、仲間を捨てたと言われて、
「でも、おまえにはまだ仲間がいる」と言いますよね。
まだ?コウイチは逃げてないし、仲間を捨ててもいないのになぁ
…と思っちゃうのは、わたしが、座長ファンだからでしょうか?
二幕のウチの告白シーンと繋がってはいるんだけど、ひっかかるんですよね。
次見たら、整理できるかな。

まだまだ書きたい事があるのですが、それは、928公演を見てからにします。
928公演は、光ちゃん大好きなお友だちの観劇です。
この公演の感想は、光ちゃんファン目線で、書いてみようかな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
SHOCKが好きだと書いておく。第2弾? このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる