このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『Nijiの詩』通常盤初聞き

<<   作成日時 : 2011/09/07 17:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今更だけど、剛くんの声が好き。
先週のラジオを聴いて、流してくれたその歌に、心臓を鷲掴みにされました。
歌、歌声かな…
『カケタ オイカケタ』言葉遊びのようなタイトルとキャッチーなメロディー。
それでも、そのなににそんなに心惹かれたの…か
フラゲしてきたCDを聴いてうん!と納得したのでした。
そんなてるひの『Nijiの詩』初聞きの感想です。

水と傷。『Nijiの詩』のテーマだそうですが、
2008年の男性優先イベントWATERIZEで歌われて、次にリリースされる新曲?
…と思いきや、3年の間、寝かされる事になるんですよね。
しかも?剛くんは、恋を歌うのは少し違うと思って、
今リリースする事に、積極的ではなかったようですね。

WATERIZEで聞いた時には、正直、そんなにくっきりした印象を持った訳でも
ぐん…と入り込んできた訳でもなかったかな。
1度聞いただけじゃ、難しいって言うか…
禅問答のようだな…と。

自然の前に立った時、人の手による、圧倒的な輝きを放つ作品を見た時にも
自分の心と向かい合いたくなりませんか?
この歌を聞いていると、そんな気分になるの。
わたしと向き合いたくなる。
聞く時の自分の状態によっては、しんどいだろうな。いっぱい聞き込んで、LIVEで聞きたい歌ですね。

まさに一目惚れ?一耳惚れの『カケタ オイカケタ』
通常盤収録の三曲のうち、1番、この歌の歌声が好きなの。
高い声も低めの声も、揺らぎはなくて、きれいだけど、なんだろう。
この歌声は、せつない気持ちになる。ちょっと不安を煽るような、あまい声。
もちろん、わたしにそう聞こえるだけですけどね。
細部の遊びも、おもしろいですよね。

『寧日』は、他の2曲ほど聞き込んでないので、
もう少し聞いて、あらら?この歌こそ1番と思ったら、感想を書こうかな。

今日の目的地が近づいてきました。
今日の観劇の前に、簡単に『Nijiの詩』の感想を残したくて、
携帯から書いてみました。
読みにくい、戯言感想文に、おつきあいくださり、ありがとうございました。
1つ前の意味不明な記事にも、ブログ気持玉をいただきました。
どうもありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
『Nijiの詩』通常盤初聞き このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる