このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 謎とけて…疑問生まれる Endless SHOCK 3.20 698 vol.2

<<   作成日時 : 2010/03/26 14:14   >>

トラックバック 0 / コメント 0

やり残したことがあるから、輝き続ける…んだ。
解決し残した謎と疑問があるから、またあの輝きを見たいと思う。
SHOCK初演から10年、Endless がタイトルの一部となって5年がたった今も
見るたびに疑問が生まれ、また見たいと思う気持ちになる。
進化し続けるSHOCK、輝き続けるカンパニーに魅入られたてるひが
SHOCK 大好き!と叫ぶだけのBlogです。Endless SHOCK 698公演の
続きになります。ネタバレしていますが、よかったらぜひ。

舞台上に引かれている見えない線の話をしよう
…と書き始めた、698公演 vol.1ですが、そこに至る前に力尽きた(笑)
オフシアターにやってきたインペリアルガーデンシアターのプロデューサーに
植草オーナーが「マイケルジャクソン?」と聞くと、
マイケルの振マネをしておきながら「ノー」と答えます。
「違うなら、真似しなきゃいいのに」とかなんとか…オーナーは言ってましたね。

次のショーをオンでやってみないか…と言うオファーに対して、光一は
「あいつらのためなるのなら、俺も行こうと思います」言いました。
コウイチは、行きたくねーのかよ?
自分の意思じゃないんですよね。
それでも、引き受けたからには、Show must go on.続けなければなりません。

ワールドアドベンチャー。
Jungleへの生着替えで、座長の羽根の名残りを見ると、疲れちゃうので
この日は我慢しました(笑)
ロック〜Tap。
控室にあったぴったりの衣装を着ちゃって、ステージに出ちゃったオーナーは
リカを押しのけ、先頭(笑)に立って、たっぷり踊っちゃいます。
戻って来たリカは、Tapふみながら、お父さんの頬をびしばし叩いちゃう。
ばたばだステージを踏みならしたりもしますよね。

そこへ。次の「SOLITARY」のスタンバイをしようとコウイチがやってきて
一礼して、オーナーに鉄拳を…
リカの暴力(笑)は、ステージ上で行われてたのかな?
コウイチが手をあげた(…なんて生易しいモンじゃない気もしますが)のも、そう?
ショーの観客は、パフォーマンスとして受け取ったのでしょうか。

オーナーの「ごめんね、コウちゃん」はかわいい気もするけど
「SOLITARY」のスタンバイ位地についたコウイチが、はぁ…と肩を落とすのを見ると、なんか気が抜けちゃうんですよね。
曲の世界に入っていけなくて、置いていかれちゃう…って言うのかな。
ヨネハナ同様、エンディングで自ら頭を打ちぬく演出は、暗すぎると思うけど
新曲、カッコイイ!ダンスも世界(理解はできてないけど)もおとなっぽいし。

そんなショーの前に、ギャグをはさまないでほしいな〜と思いました。

「SOLITARY」は、セットをなくして、ヤラの出トチリがよくわかるようになった
わたしは、そう思って、見ていました。
でも。お友だちから「ヤラは出てきてるのに、どうして出トチリしてる事になるの?…と思ってる人もいるよ」と言われて、!としました。
そう言えば、わたしも、Tapでは、どこからがステージで、どこからが袖か…
わかってないんだよなぁ。
コウイチがオーナーを殴っちゃうのは、ステージ上じゃなかったのかな〜と。

自分で線を引かなきゃいけないんですよね。
ヤラとスタッフがいた位地は、舞台袖。
下手のお客さんには、飛びだそうとしたヤラが見えたかもしれないけどね。
そこにセットがないからこそ、想像力を働かす事ができて、おもしろい。
舞台の醍醐味ですよね。

俺とおまえ(リカ)の見せ場だった…
コウイチとヤラの役設定が、ジャパネスクと逆だったのかな。
コウイチが闖入者、あるいは、裏切り者か仕事を失敗したのか…

ヤラが普通に出ていた「SOLITARY」を見たいな。
最後にコウイチが、リカから拳銃を渡されて、頭を打ちぬく演出の意味もわかったかもしれないな〜と。

幕間でのコウイチは、オフの時とは、全く違っていましたよね。
出られなかった事を怒っているヤラに対して、もうステージに立つな
そんなことを言うなんて、らしくない。
見えなくなっていましたよね、周りが。
次のショーを考えている?走り続ける事と、急ぐ事をはき違えてるような?

そんなコウイチの暴走を誰も止められませんでした。
オーナーの言葉も、コウイチの暴走を煽るだけだった。
そして、悲劇は起こってしまいます。

あれから、一年。病院で寝たきりの姿になってしまったコウイチ。
バラバラになってしまったカンパニー。
オーナーとヤラは、それぞれのやり方で、コウイチを待つ。
オーナーは、シェークスピア劇の中に、コウイチの幻を見続けます。
バッサバサ、音がするほどに短くしてまで、3つ見せる必要があるのかな?
特に、ハムレットはわかりにくい。コウイチに、狂気という衣装を身にまとわせる意味もわかりません。まして、裏切り者って?

オーナーは、全てわかっていたんだと思うものの…
コウイチが最期の挨拶にきたことも。
全てわかってたから、看護士さんから告げられた、コウイチの話を伝えようとしたリカに「わかってる。もうなにも言うな」と言ったんですよね?
じゃ。ここで待ち続けるって、どういう意味なんでしょうか?
コウイチは、もう帰れないのに?
よみがえりを待ってた?
誰のために?
コウイチのため?へカンパニーの?自分のためでしょうか?

全てを受け止めるさ。
自分に、みんなに言い聞かせます。
コウイチの舞台に立たせてくれないか…と頼むヤラ。
久しぶりの、そして最後のコウイチのショーを通して、
それぞれの進むべき道を見つけるメンバー。
いいショーだったなぁ。
コウイチが言った最後のショーについては、
ただミーハーに叫び倒しだいと思っていますので、
記事をわけますね。

携帯からの投稿で、読みにくい、中途半端な記事に、
最後までおつきあいくださって、ありがとうございました。


-3月27日 朝10時に訂正、追記しました。−

てるひのマイ春楽から一夜、明けました。
この記事は、帝劇に向かう電車の中で書きあげたのですが、
誤字脱字が多いし、読みにくかったですよね。
申し訳ございませんでした。誤字とテニオハを訂正いたしました。

昨日の公演では、舞台写真の撮影が行われたのですが、
もしかして、その写真は、今日、発売されちゃうのかな?
カメラマンさんが、すぐそばにいました。
てるひと似た角度から、座長を見てたって事になりますよね?
写真が発売されたら、絶対に買っちゃうなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
謎とけて…疑問生まれる Endless SHOCK 3.20 698 vol.2 このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる