このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 余計な心配、てるひにもサセテヨ KinKi Kids CONCERT J '10.1.1 vol.2

<<   作成日時 : 2010/01/07 23:58   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

同じ歌、同じひとを好きでも、”好き”のあり方も求めるものも、みんな違う。
歌に力があって。その人、そのアーティストに引き出しがいっぱいあって。
受け取る側の感性も、物語も違うから、違って当たり前なんだ。
友だち二人とわたし、同じ時間に同じ場所で、同じ歌を聞いて、
それぞれに違う思いを抱いた事に感動した。
Jコンの感想文。KinKi Kids CONCERT tour J '10.01.01の続きになります。
ネタばれせずには書けませんが、良かったら、ぜひどーぞ。

感想文を書いてたら、嬉しいメールが届きました。
お家の都合で、Jコンはお留守番予定だったAちゃんが、
大阪のオーラス公演に参加できる事になった…と知せてくれたのです!
まったりトークが聞きたいと言うAちゃん。おふたりさん、よろしくお願いしますね。
今回のLIVE。すっごくKinKiさんを近くに感じるんですよ。どーしてかな。
LIVEに行ってきたら、ますますJ albumが好きになったしね。

それから。こんな駄文を読んでくださる方が大勢いらっしゃって、
ブログ気持玉もぺたぺたいただいて、恐縮しちゃってます。
ほんとうに、どうもありがとうございます。
なんとか大阪公演が始まるまでには、書き上げたいな〜と思ってるのですが…

わざときつい事を言う、お祝いのしりとりですが
町田くんのどエムの”む”から、むらむらする、この肩?…でしたっけ?
肩ですか? ん…光一さんの羽の名残の肩甲骨には、するかも(笑)
剛くんに、肩をつかまれてた光一さんの逃げ腰な感じが、かわいかったかも。

で、「お誕生日おめでとう!」につなげなかったので、もう一巡することになり
またまた、きっついお言葉の贈り物が、次々と渡されましたよね。
光一さん、言われるのが快感…とか言ってたけど。
屋良くんの「よー光ちゃん、最近、背が縮んだ?(うるおぼえ〜)」には笑ったよね
光一さんも、すかさず「おまえに言われたくない」って言ってましたよね。

屋良くんと言えば…Endless SHOCKでは、去年、おととしに続き、コウイチのライバル役を演じる事になりましたが…って言うか、メインメンバー変更無だった。
歴代ライバル役の中で、唯一(ごめん、屋良くん)コウイチに胸ぐらつかまれて
つま先立ちになっちゃう人だもんね。

They武道の高橋くんは、二巡めも「高橋です」とアピールできたし?
町田くんも、またまた「かつらちゃん」と呼びかける事ができたし
なんとか”お”で終わらせる事ができて、剛くんに回すことができて良かったね。
光一さんは「いつもの…ないの?」と剛くんに聞いてたよね。
そうそう。Φでは、幸せのピンクと…のプレゼントだったし
去年も、みんなからの似顔絵のプレゼントで、
剛くんからの色紙のプレゼントは、なかったんだよね。
なんやかんや言いながら、毎年、楽しみにしてるのね、光一さん。

てるひが印象に残ってる色紙は、
SHOCKの衣装(?)でフライングする光一さん。飛んでると言うよりは、
落ちてるみたいな…と、みはえるしゅーまっはの似顔絵かな。
今年は「パンくん」の絵を書いたらしく。。。
しかも、まだかわいてないから…と、もったいぶってましたよね、剛くん。
で。披露してくれた絵には、確かにパン!イギリス食パン?
乾くも何も着色していない、マッハでさらりと書きなぐったよーな絵でした。
いつかこれ売って、家を建ててください…とか言ってたけど?

一緒に見てたお友だちが「パンって、男の子なの?」と聞いてきた。
「女の子だよ。避妊手術も受けたっていってたし。なんで?」
「剛が、ずっと”パンくん”って言ってるから」
そう言えば、そうだったよね。
33分探偵の六郎さんは「りかこくん」って呼んでたよね?
だから、女の子でも、パンくんでイイのかも。ちょっとお猿っぽいけど。

なんと57分間も、めでとーMCしてた剛くんと仲間たち。
そう言えば。ケーキにたてたろうそくを吹き消した後の煙を
頭にかけてましたよね。頭良くなりますよーに?…じゃなくて。
2010年も、剛くんと作る空気、時間も歌も、浴びられますよーにって事で?

冬のご挨拶シリーズのオープニングから、J albumを歌い倒す中盤戦へ。
それにしても。MCあけの1曲めに『宝石をちりばめて』はどうなのかな?
J albumのメイン曲のひとつだし、カッコよくおとなのKinKi Kidsを魅せる
楽曲ですよね?
他とは違う世界観のこの歌を、すっごく楽しみにしてたのですが
MCをひきずってるてるひは、元日も、あまり堪能できませんでした。
もったいない?
いやいや…お誕生日会が楽しかったから、ノープロブレム(笑)
この歌、歌詞の世界観と、メロディラインがミスマッチで、
不思議な空気が生まれてますよね。
パフォーマンスは、メロディに寄り添った感じですよね。

『walk on...』は、う…ん。やっぱり印象が薄いんですけど、なぜだろ?
J albumは、次のDECADEへのJournyを意識しすぎな感もあって。
単語をぶつけ合うような歌詞のこの歌は、歯切れも良いんだけどなぁ
ダンサブルに魅せる宝石〜と、ムービングを動かす『深紅の花』の間に入っちゃったせいかな?イイ歌なのに、印象に残ってなくて。ざんねん…
そんな事ないですか?(…って。誰に聞いてるんだ?)

『深紅の花』
メインから、まっすぐアリーナを横断する、おひとりさま用のトロッコは、
やっぱり、カウントダウン専用だったのね。
ムービングステージに、光一さん、剛くんだけじゃなく、
MA、They武道、ダンサーさんたちも、にぎやかに乗り込んで。
ちっちゃなムービング2台で、バンドメンバーさんたちも、アリーナを縦断。
わたしは、ふつーにすごい…って思ったけど
お友だちは「バンドまで、ひきつれてく必要あったの?」とぽつり。
そー言われりゃ、そーだけど(笑)「ごあいさつでしょ」と言っておいた。
いい加減だなぁ…わたし。

この歌を聞いてると、砂漠を旅する踊り子の気分になりますよね。
だから、LIVEで歌うなら、踊るのかなぁ〜って思ってたのですが…
メンバーの大移動は、バザールのにぎやかさって感じで、良かったかも。

ホームベース付近でステージが止まって。
futariを残し、ダンサーさんたちは、ちっちゃいムービングに乗り換えます。
かわりにコーラスの4人が、大きいムービングに移動してきました。

『I will』
この歌の歌詞は、深いなぁ〜って思う。 
振り返った僕は、たくさんの時間をきみと過ごして、先に逝こうとしてるのかな。
聞くシチュエーションによって、違って響きますよね。
あたたかいのに、悲しくて。光が見えるような…
一緒に見ていたお友だちは、光ちゃんの歌声を、もっと聞きたいって言ってた。
光一さんと剛くんは、ほとんど一緒に歌うことがないですよね。
で。光ちゃんが歌ってる声に、コーラスさんの声がかぶっちゃって
よく聞こえない…って、モンク言ってた。イイ歌なのに…って。

コーラスって難しいですよね。
歌声をやさしく包んで、際立たせなきゃいけない。
お友だちは、福岡公演に参加したんだけど、KinKiさん以外の誰かが
ムービングステージに乗る事はなかったって言ってた。
ドームだけのこの演出が、逆効果だったってことなのかな。。。

30日に一緒に参加したお友だちは「すごくイイなぁ〜と思った曲のタイトルがわからなかったんだけど…」とメールをくれた。それが『I will』だったって。
彼女は光ちゃんファンだけど、光ちゃんの声が聞き取りにくかった
…とは言ってなかった。
同じ歌をイイと思うふたりの友だちの感じ方が、とらえ方が
それぞれでおもしろいな〜と思った。力のある歌だからかな?

『Missing』
全編英語の歌。道玄坂の公開生ラジオの時に、日本語は母音が多いから
やさしく響くように英語の歌にした…みたいな話をしてましたよね。
う…ん。それでも日本語の歌詞にしてほしかったな。
カントリー調のメロディだけど、男の身勝手のにおいがする歌だよね。

歌の途中、ステージの両サイドから、ちっちゃいJr.が大勢出てきます。
この演出には、なにか意味があったの?わからなかったかも。
歌い終わった後、31歳になったばかりの光一さんが、年齢を聞いて回り
7歳の子だったら、子どもでもおかしくないとか言ってたり。
コーラスの女性が、おばさんかお姉さんか…答えさせたり…

この歌の後、2回めのMCへ。
1回めに全員(?)集合したから、ここは、ふたりだけで。
カウントダウンの話をいろいろしてくれました。
1月1日の沙耶占いの記事にも書いたのですが、
カウコンの剛くんは、お疲れなのか…テンション低めでしたよね。

総勢100人を超すメンバーが集まってのお祭だから、何度もリハができる訳もなく、
V6の『Darling』も、いきなり当日(?)歌ってくださいって言われた…とか?
一緒に見てたお友だちは、V6ファンとしては、剛くんにあんなにうまく歌われると困る
。。。って言ってた。
剛くんは、赤西くんとユニット組めばイイんじゃない?…とも言ってた。

『Darling』は、空耳アワーな歌だから、なんとなく歌ってればイイけど
歌詞を見ちゃうと、歌えなくなっちゃう…みたいな事言ってたよね。
てるひも、歌詞を見てみたけど、見たら逆に置いてかれちゃいますよね。

段取りがぐだぐだだった…そうで。
『スワンソング』も、指示されたのは違うフレーズを歌う事になっちゃったの?
TVで見てた時、光一くんも剛くんも歌ってないフレーズがあったよね。
見てて、頭の中が”???”でいっぱいになっちゃって、なにかトラブルかな?
って、心配にもなったけど、打合わせと違ったって事なの?
最後に、剛くん、カメラに向かって頭下げてましたよね。。。

マッチさんの『MOTTO』でも、ふたりは、前の方の立ち位置で
誰かを見て踊る事ができなかったようで。
光一さんは、松本さんを前に行かせようとしたって話してくださいました。
『雨のMelody』がCMの時だった話もしてくれたし。
お友だちは「カウントダウンの裏話が聞けて、良かった♪」って言ってた。
「剛が不機嫌そうに見えたのは、段取りがぐだぐだで戸惑ってたんだね」
そうだったのかな。
でも、初詣が楽しかったからなのか…相方さんとふたりのLIVEだからなのか
元日コンは、剛くん、ご機嫌でしたよね。

画像KinKiさんのMCほどじゃないけど、長くなってきたので、記事をわけたいと思います。
まだ書くの?…ってかんじですが(苦笑)
ぐだぐだな感想文におつきあいくださって、
どうもありがとうございました。

虹色に輝く J
綺麗でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
余計な心配、てるひにもサセテヨ KinKi Kids CONCERT J '10.1.1 vol.2 このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる