このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 君がいなかったら、僕もいなかった KinKi Kids CONCERT tour J '10.1.1

<<   作成日時 : 2010/01/06 22:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 1 / コメント 0

もっと光ちゃんの歌声をしっかり聞きたかったな。
お誕生日おめでとうMCを聞けただけで、行ったかいがあったよ。
カウコンの裏話も聞けたし。
元日コン初参加のお友だちが、そう言ってくれたから、
もう…KinKi Kids CONCERT tour J 1.1の感想文は書かなくてイイかな
そう思ってたのに、記憶が曖昧になってきたら、なぜか書きたくなった。
今さら過ぎるし、無駄に長いけど、よかったらぜひどーぞ♪

「1度でいいから、光ちゃんのお誕生日コンに行ってみたいんだよね」
10年来のジャニ友さんに言われた時には、正直、びっくりしました。
元日に東京にお泊りはヤだって言ってたけど、だいじょーぶ?
「わかった。チケット取っておくね」
そう言ったものの…届いたチケットは、お星様になる席でした。

そう言えば…KinKiさんが、東京ドームでの公演記録を37にのばした
…って、WSで言っていたので、てるひの東京D参戦回数を数えてみました。
21/37!けっこう行ってるなぁ〜
てるひ名義チケットの2階スタンド率、めっちゃ高い(涙)
しかも、後ろの壁に近い席記録を更新しちゃったし。

でも?センターに近いせいかな。ステージの「J」がはっきり見えるし
全体が見わたせるから、お誕生日セレモニーは、しっかり見えそーかな。
開演の5時30分少し過ぎ…
メインステージに、剛くん…のでっかいに興奮(笑)するはず…が?
Aから順にB、C…とalbumのジャケット写真が映し出されていきました。
え〜12月30日にもありました?この演出…
斜めから見る席だったからか、見、見てなかったかも。
なぜかΦを飛ばしたよーな?I→J

オープニング『Secret Code』
tour前に予想していたオープニングは、見事にはずれちゃったけど。
KinKiさんにとっては、チャレンジだったこの曲から入るのは、
次のDECADEへの旅でも、挑戦し続けるじぇい!っていう意思の現れなのかな
衣装、きらきらだし(笑)

30日に見た時には、歌割どーり、剛くん、光一さんと、ひとりずつ姿を見せ
相方さんに歌をわたすと、姿も隠しちゃう…・その登場の仕方に
少しさみしさを感じたけど、新鮮って言えば新鮮だったかな。
後半、地上に降りてきたふたりと、バンドのみなさんがまじりあって歌うのも
ソロ活動が多く、年末にKinKiの活動をした2009年の象徴みたいで
良かったかも?…と思ったりした。

『Destination』
セットリストを確認した時に、2曲めにこの歌?…とめっちゃ驚いた。
30日には、この歌の途中で、光一さんと剛くんを見失っちゃったので
ふたりが、メインから移動を始めたのか…と勘違いしちゃったけど
歌い終わってから、ムービングタワーへと移動してたね。

『銀色暗号』
J albumで、ひとつだけ残念だった事は、ふたりが作った曲がなかったこと。
だから、この曲のイントロが流れた時には、すごーく嬉しかったな。
タワーに乗り込むと、ステージが上昇する仕掛けになっていて
1塁側を移動する剛くんの方が、先に上への上り始めましたよね。
剛くんから、歌い始めるから?
この日も、真ん中よりだったけど、3塁側だったのに、
やっぱり剛くんが気になっちゃって、そっちばっかり見ちゃいました。

『Harmony of December』
タワーを降りて、乗物に乗りかえて外周を回るふたりは、
ホームベース付近で出会い、そこでこの歌を歌いあげます。
♪つないだ指が〜このフレーズが、すごく好き。
手じゃなくて、指をつなぐ。永遠よりも彼方を意識しているふたり。
光一さんと剛くんを乗せた移動ステージが、寄り添う様子は、
まさに指をつないでるようで、なんだかドキドキしちゃいました。
この歌は、12月生まれのてるひにとっては、誕生日プレゼントのようなもの。
上から見てると、白い羽根がすごくきれいで、儚くもありました。

『Night + Flight』
ふたりの歌を聞いてると、ドームに満天の星”KinKi Kids”が瞬きだす。
この歌を歌いながら、一旦、道を分かち、メインステージを目指すふたり。
オープニングの5曲は、正直、わたしの予想の及ばない並びでした。

メインステージで、再び集合(笑)したKinKi Kids
「あけましておめでとう!」と光一さんのご挨拶。
あれ?「みなさん、こんばんは」だっけ???
で。剛くんってば、いきなりですか…
剛くんは、ご挨拶を忘れるくらい大切な人への「おめでとう」を
奏でるために、階段を上っていきました。
31歳のお祝いは、ギターではなくてキーボードで。

ステージにひとり残される光一さん。
「あれ?今日、ソロやったっけ?」って、かわいい〜
「長くなりそう?」と聞いてたけど、剛くんからのお返事はあったのかな。
わたしたちには聞こえなかったけど、いきなり、階段に、ちゃんこ。。。
階段に座ってる姿が、なんともかわいいのに、さみしげでおっさんくさくて。

剛くんって。楽器を奏でてると、言葉がどんどん降りてきちゃうの?
いっぱい愛とめでとーを歌ってたけど、ほとんど忘れてる。。。
「光一〜もうおじさんだね」
一緒に歩いてきた年月をいとおしンでるのね〜
とにかく「光一♪」光一さんのお名前を呼びたいだけな気もした…
「光一〜もうおじいさんだね」えーと叫ぶてるひ。
でも、素敵だよ♪…って、のろけかい!
「光一、君がいなかったら、僕もいなかったよ」
剛くんが、こんなに大勢の前で、光一さんへの感謝の気持ちを歌うなんて!
「光一〜僕がいるから、きみは笑ってくれる」
ふたりだけの温度?お祝い即興歌と言う名ののろけが続きます。

古着なんて買わないけど…とか、お酒は買ったの…だったっけ?
いろいろ歌ってるうちに、光一さんは、階段に仰向けに寝ちゃって。
光一〜そんなとこで寝てると、風邪ひくよ♪
…と歌で心配されたりしてましたね。
階段に寝そべって、相方さんの歌を、全身で浴びてた光一さん。
そりゃ、31歳の良いスタートが切れた事でしょう。

キーボードを離れて、ステージに降りてきた剛くんは、おもむろに
「堂本剛です」とご挨拶してましたね。

そして。サポートメンバーの後輩くんたちが、大きなケーキを運んできました。
火をつけると音楽がなる、かわいらしいろうそくも、添えられていました。
「光一くん、お誕生日おめでとう」
ろうそくが奏でるハッピーバースディのかわいらしいこと。
良いムードだったのに、剛くんがいきなり「だんどり間違えました」と言いだして
そう、歌うろうそくに気を取られて、ケーキのろうそくに火をつけ忘れてたの。
そうこうしてる間に、歌うろうそくの火は燃え尽きちゃうし
なんかぐだぐだなとこが、KinKi Kidsってことで?

「いつもの儀式をお願いします」ぎ、ぎしきですか?
剛くんの言葉に、光一さん、お得意のいちごだけを食べまくり
ケーキのほうは「あとで、みんなで食べよう」と言っていました。

光一さん31歳のお誕生日会は、これで終わりではなくて。。。
MAとThey武道のみんなから、光一さんへのきついメッセのプレゼントを
しりとりでつなぐというゲームが始まりました。
愛あるダメだし?はじめてKinKiさんについた、They武道のみなさんに
度胸をつけさせ、光一さんとの仲を深めるための遊びだったのかな。
最後、町田くんに「お」で終わりのしろと注文した剛くんが、
ただ単に「お誕生日おめでとう!」と言いたかっただけの気もするけど。

カツラなのはネタじゃなくて、ほんとでしょ?…とか
いつまで、そんなキラキラな衣装を着るの?…とか
その年で茶髪?…とか、かな〜りきっつい事を言われた光一さん。
茶髪!ご本人は「久しぶりにしたんだから」って反論してたけど
わたしも、FNSの時だったかな、茶色すぎじゃない?…って思っちゃいました。

高橋です!と言葉を贈るというより、自己アピールしてた高橋くんから
町田くんへ。
「かつらちゃん!」と呼びかけで始まり、どエム!で剛くんへ
え、えむ???
どエスでストイックな光一さんは、自分いじめが大好きなどエムでもあるけど?
”お”じゃなくて”む”をわたされてしまった剛くん。
むらむらする!…って、えぇ〜
小さいお友だちも、見に来てますけど???
結局。お祝いしりとりは、米花くんから、もう一巡する事になるのですが
長くなってきたので、記事をわけようと思います。

てるひのお友だちが「光ちゃんの歌声を、じっくり聞きたかった歌」の話も
次の記事でしようと思います。

はぁ。。。ぼろぼろの記憶力に悲しくなるけど
楽しかった温度だけは、覚えてますね。
中途半端な感想文に、ここまでおつきあいくださって、ありがとうございます。

12月30日の覚書も、ぐだぐだ以外のなにものでもありませんが
たくさんの方にお読みいただき、ブログ気持玉もいただきました。
どうもありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
余計な心配、てるひにもサセテヨ KinKi Kids CONCERT J '10.1.1 vol.2
同じ歌、同じひとを好きでも、”好き”のあり方も求めるものも、みんな違う。 歌に力があって。その人、そのアーティストに引き出しがいっぱいあって。 受け取る側の感性も、物語も違うから、違って当たり前なんだ。 友だち二人とわたし、同じ時間に同じ場所で、同じ歌を聞いて、 それぞれに違う思いを抱いた事に感動した。 Jコンの感想文。KinKi Kids CONCERT tour J '10.01.01の続きになります。 ネタばれせずには書けませんが、良かったら、ぜひどーぞ。 ...続きを見る
このまま・手をつないで、霧の向こうへ
2010/01/08 00:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
君がいなかったら、僕もいなかった KinKi Kids CONCERT tour J '10.1.1 このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる