このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS Best Performance And Music その先の未来へ

<<   作成日時 : 2009/10/16 08:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

Best Performance And Music FINALからいくつ夜が明けたんだろ?
最終日は、おかげさまで昼と夜に参加する事ができました。
みなさんご存じの通り、昼公演では光一さんからの発表があったので、
後半の記憶が、かなり曖昧なので、12日の昼と夜の感想をまとめて
思い出すまま書いておくだけの記事です。
感想とも言えない戯言ですが、よかったらぜひ。

12日の昼は、他の誰にもない視点を持つお友だちと参加しました。
えー!そんなとこ見てたの?それ見つけたの?…といつも驚かされる。
ステージに光一さんがいるのに、なにやら横を見てたり(笑)
昼公演は、取材のカメラがたくさん(アバウトすぎ)入っていました。

夜公演は、地元友と、すんどめ福井でお世話になったAちゃんと3人で。
Aちゃんが「光ちゃん♪」と手を振る姿を見てると、それだけで嬉しくなる。
出会った時には、大幅に光一さんよりだった地元友でさえ
「Aちゃんと話してると、アウェーだなぁって思うよ」と言っていた。
きみがアウェーなら、てるひはどーなっちゃうんだよ???

名古屋と大阪公演に参加した時に感じた違和感。
この2公演は、光一さんばかり…いや、だけを見てた気がします。
3年ぶりのLIVEが嬉しくて、光一さんストーカー目線でしたね。
こんなに光一さんを見て、堪能したのに、どうして違和感覚えたんだろ?
横浜9月が始まるまで、ずっと考えていたんですよね。
ひとつには、ステージを見ていなかったせいらしい(笑)とわかった。
名古屋では、光一さんが障子を燃やすのを見逃してたし。
あれはLIVEの始まるの合図だったのにね。
大阪でも、腰に巻いてるパレオの模様なんて確認してる場合じゃなかった?
光一さん見てるだけで、LIVEを見ていなかったってことみたいだ。

それと。光一さんが、あまりにも毎回、LIVEをやる気じゃなかった…とか
今回のLIVEは完成形じゃなく、次につながるもの…みたいに言ってたのが
言い訳っぽく聞こえちゃったんですよね。
近いうちにソフト(album)を作って、会いに行く発言にも???な気がして。
曲が2曲しか増えていなかろうと、いいよ。
俺俺で魅せてくれれば、それだけで良かったかな-なんてね。

光一さんが選んだのは、茨の道。チャレンジなんて生易しいモンじゃなくて
同じ歌で、魅せ方、演出を変えると言う事は、現状維持じゃアカンわけでしょ?
しかも。わたしたちが喜ぶような事はしない…と言ってたのに、
今回のセトリ、ファンが好きな歌ばかり並べてた気がするし。
自分が作った歌の中であまり好きじゃない『Spica』をラストに持ってきたり。

心をこめて歌えば、なにかが伝わる…
『Spica』に行く前の、最後のごあいさつを聞いて思ったこと。
光一さんは、自分の得意なことと、どちらかと言うと苦手なことをわかってて
苦手にあえてチャレンジしようとしてるんだろうなーと。

来年、albumを出して、コンサートをする。
「現状を報告しますと、今の段階では、1曲も書けてません!」
1曲も?albumを作るためには、12、3曲は必要ですよね?
勝算もなく言ってるとは思えないけど、自分にプレッシャーをかけてるんだろね。
曲は1曲もできてないけど、albumタイトルは決まってるそうで。
会場から「教えて〜」なんて声もかかっていましたが、
今回のTourに関係している…だったかな。
このLIVEで得たもの?手法とか想いとか精神を引き継いだ作品になるのかな。

たとえば『Falling-2009-』の光の演出。
星のようなぽつんとした光が、まるで意思を持っているかのように
ステージ上を動いてて、すごく幻想的でしたよね。
あれが「.image」ドットイメージっていう技術なの?
WSを録画したものの、まだ見てないけど、世界中に20何台しかないマシン(?)を
全て集めて、ハジメテコンサートに使った…とか。。。

『Peaceful world-2009-』へとうつる時、赤い玉を慈しみ、包むようにしていたり
その玉を未来へ放つような動きをできたのも、この技術のすごさなんでしょうね。
未来や希望をつかむためには、常にアンテナを高くはって
新しいことに敏感じゃなきゃダメなんだね。新しい事にチャレンジする勇気と決断力も、光一さんが輝き続ける理由のひとつなんだろーな。

曲とMCの感想とか、いきなりの翼くん登場とか、
見逃さなかった「FINAL」の文字とか、
記事をわけて、もう少しだけ書きたいなーと思っています。

ここまでおつあいくださって、どうもありがとうございました。
それから。10月10日の感想文、特に”2”は、携帯投稿した読みにくい文章にも関わらず、たくさんの方にお読みいただき、ブログ気持玉も、いっぱいいただきました。
ほんとうにありがとうございました。
この嬉しい気持ちを、文字でなんて表現すればいいのかな。
思いつかなくて、ちょっともどかしいてるひでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。135回のJUMPはしなかったけど、この公演Lではそのくらいの腕は突き上げていたよ♪
注意力散漫?良く言えば好奇心旺盛?自分のツボにはまるものを見つけるとそこに神経が行ってしまうの(笑)
「光一さんが選んだのは、茨の道」まさに!!!
名古屋で観たときにこれは次の段階へ進むため、つなげるために行った堂本光一バージョンUPのためのコンサートだわと思いました。それがあの「アルバムは連動したものになる・次は僕からみなさんへお返しする」発言につながるのかな?8月から10月まで、苦しみ、もがく光一さんを観るの楽しかったですね〜♪貴重な公演を本当にありがとうございました(*^^)v……はっ!私、まだ緊急Disc1観てないっ!グループ活動前にはなんとか!
Rain
2009/10/17 23:01
Rainさん、こんにちは。
あの腕の突き上げも、かなりしんどかったですよね。やれ!…と言われたら、やってしまう性質なので、右腕だけが筋肉痛?
旺盛な好奇心って。物書きとして、創り出すものとして、1番重要な資質ですよね。疑問に思ったりする気持ちとかも。
難しい道をあえて選んで、Bestをつくし、限界へ朝鮮どころではなく、Bestの幅も限界をも広げようとしてるんだなーと思いました。バージョンアップさせるためには必要な道だったんでしょーね。
ひたすら突き進むだけじゃなく、立ち止まり、振り返る勇気も持ったんだなーとも思いました。
貴重な公演。ほんとにそれぞれに、わたしにとっても貴重な時間でした。いろいろ勉強になりました♪どうもありがとう!
昨日の夕方、千葉テレビのmusic番組で、KinKi you DVDの『もう君以外愛せない』が流れてて、びっくり!2枚のDISC4を、わたしも見なきゃ♪うふふ
てるひ
2009/10/18 09:45
てるひさん。こんにちは。
私も、今回の光ちゃんのオンステ♪を体験して感じたことですが。
てるひさんのおっしゃるとおりってか、王子も言ってましたよね?「皆が皆、満足するステージって、不可能。一人ひとり、感じ方・受け止め方が違う以上、完璧なステージって、ない!」と・・・。

悲しいけど。それは事実でした。でも、てるひさんが受け止め切れなかった、「次に繋がるステージ」という、光ちゃんの発言。私は、まんざら間違ってないだろうなと受け止めていました。
それがあってこそ、ステージって、進化するし昇華してゆくものではないか?と・・・。
私も、素人ゆえ「ステージの何たるか?」なんてえらそうにいえませんが。
やはり、「次に繋がる」ことへのドキドキ感が堪えられません。(笑)

多分、光ちゃんの舞台を拝見してから思うようになったのですが・・・。年々、ブラッシュアップする「SHOCK」が、そうではないでしょうか?
確かに、ファンとして受け止めきれない部分もありますが、どこかで納得してしまう・・・させられてしまう?
そんなところが魅力。

私自身、今回の横浜アリーナでは、それを痛感させられました。
こうして、てるひさんはじめ王国メンバーさんたちのブログを拝見させていただくにつけ、ますます、そんな印象を持ちました。
SHINE
2009/10/18 13:17
SHINEさん、こんばんは。
今回のBest Performance and Musicですが…幸運なことに何回か見る事ができたわけですが、最初に見た時と、横浜で見た時では、かなり印象が違っていました。
わたしは、光一さんとコウイチを混同してしまう事がよくあるようで。LIVEを全て終えてから「次につながるステージだった」と振り返るならわかるんですけど、やってるTOURの最中に、しかもまだ始まったばかりの名古屋で、その発言を聞いた時には、なにそれ!と思わずにはいられなかったんですよね。今回は完成していない、つながる過程のステージなの?…って。
心がせまいみたいだね、わたし。
SHINEさんのおっしゃる通り、ステージは進化もするだろうし、一歩後退しちゃうこともあるでしょう。イキモノですからね。
Endless SHOCKに関しては、う…ん、物語としては完成してるけど、配役によって変わる台本の振り幅の大きさに、カンパニーが右往左往してる。そんな感じを受けますしたね。今年は特に。
去年と比べて進化したかどうか…よくわからないけど。今年のSHOCKは好きです、てるひは。
BPMコン。好きな演出もあったし、そうでないものも正直ありました。好きがはっきり選べると言う事は、良いLIVEだったんだと、てるひは思います。
てるひ
2009/10/19 01:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Best Performance And Music その先の未来へ このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる