このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 無声映画のように…スワンソング HEY!×3と兄弟とMステと。

<<   作成日時 : 2009/10/29 19:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

無声映画のようだ…
光一さんの歌声が潮騒で、
ひとり踊る剛くんは『スワンソング』に出てくる男性で。
ほんとうに終わりなの?
コクリうなずかれて、ひざを折って泣いてるあなたの気持ちを
波が代わりに歌ってる…そんな気がした。

発売日前日にお持ち帰りした『スワンソング』(限定盤だけですけど)を
聞いてから、歌番組を見たら、なんだかそんなふうに思いました。
今回の歌割も、最初、そうくるの?
…と、ちょっと疑問に思わないでもありませんでした。
『スワンソング』は、光一さんのソロパートが多いですよね。
しかも、高音部分も多くて、その日ののどの状態にもよるかもしれないけど
かなりしんどそーって言うか?
出てないし!…って思っちゃったんですけどね。

でも、光一さんの声が波の役割なら、あってる!って思ったんですよ。
やさしく、おだやかな声でしょ?
剛くんの声もやさしいんですけど、でも、のびやかだし、主張する声ですよね。
音域も広いし、低音もゆるがない。
ふたりがはもる時には、剛くんの声を、光一さんの声がふんわり包み込むように感じるんですよ。それが、すっごく好きで。
すいません…そんなふうに聞こえるってだけで、技術的な事は、全くわかってませんけどね。

剛くんの声は、悲しみも主張してしまうでしょう。
でも、光一さんの声なら、悲しみをふんわり包み込んでくれる。
だから、ソロパート、サビの部分も、光一さんのパートなんだ!
…そう思ったら、無性にうれしくなって、この歌がもっと好きになったのです。
     潮騒の中 無声映画の
     ようにひざを折って泣いた
まさに、この部分を見てて、聞いてて思ったんです。

男性は、悲しすぎて、声も涙も出せずに泣いていたんでしょう。
その悲しみを包み込むように、おだやかに、やさしく引いては寄せる波。
やっぱり、このパートは、光一さんの声で、剛くんが踊るのがイイんだわ〜と。

この歌の歌詞は、扱っているのも遠距離恋愛の果ての失恋で
好き嫌いが分かれるかもしれませんよね。
わたしは、すぐれた作品は、好きと嫌いが分かれて然るべき…と思っています。
たくさんの人に受け入れられるように…と作られた作品には、遊び心が欠けてたり
普通レベルになってしまうものが多い(全てがそうではないですが)気がして。

歌詞の話は、カップリングも含め、別記事に、もうちょっと書きたいと思います。
なので。歌番組の感想の続きを、もう少しだけ(笑)

今までにOAされた『スワンソング』を、収録順に見て見ました。
イケメン堂本兄弟→HEY×3→10月25日堂本兄弟→23日Mステ。
まだあまり歌いこまれていなかったであろうイケメンの日の『スワンソング』は
胸に響かなかった方も多かったみたいだし。
てるひのハードルは低いですけど(笑)最新になるほど、好き。
無声映画に感動したのも、Mステのカメラワークのおかげかもしれないし。
ちぐはぐ感、すれ違う心、背中合わせ…
青空に目を伏せたふたり…とか。すっごくドキドキしますよね。

それから、MステとHEY×3の衣装のはなし。
OAはMステが先でしたよね。
最初、剛くんが腰に巻いていたチュチュのようなレースの布に、
あれ、なに???と思ってしまいました。踊りにくくないのかな?
この日は、上半身がTシャツにカラフルなベストだったでしょ?

でも、HEY×3を見て…かわいいじゃん♪
ころりと感想が変わるゲンキンなヤツてるひ。
この日は、白いジャケットをはおってて、ジャケットの裾から、
青いレースがのぞいてて。青だけど白鳥みたいで♪
あれ?死にゆく鳥の綺麗な鳴き声は、光一さんじゃ???
光一さんも、あのレースの布、巻いちゃえばいいのに!
…と思っちゃったのは、わたしだけ?
光一さんの白鳥の羽は、胸にありましたよね。
Mステの時に、リボンタイが、胸の白鳥の羽にひっかかっちゃってて
なんかかわいかったなぁ。。。

剛くんのお帽子は、Mステと25日OAの堂本兄弟のようなタイプが好きかな。
HEY×3の帽子はかわいいけど、お顔がよく見えないから。。。

HEY×3のトークは、う…ん。芸人さんとからまなくてもいいのに
…と思っちゃいました。
ふじわらさんは、さすがに知ってましたけど(ふたりの番組に出てたから)
自慢のギャグ「俺やで!」は、わたしも知らなかったです。
藤本さんの、剛くんが広島から電話かけてきた話は、他でも聞いたことあるし
ま、仲良しってことで?
その話してた時、光一さん、きっつい視線を送ってませんでした。
電話なら、俺にかければいいのに目線?

登場した時、いつもの立ち(座り)位置とは違う椅子に、剛くんが座ってるのに
それでも、そちら側に座ろうとした光ちゃんは、かわいかったし。
ただじゃれてるだけのようでもあり、天然炸裂で。
それにしても、原西さんが考えたと言う、あやしい振付を練習して
一緒にやってあげちゃう光一さんに、正直、おどろいた。。。

顔の振付はされたことがない!
そりゃそうよね。ジュニアの時から「笑顔」は言われてるだろうけど
あんなおかしな、人を笑わせるような顔しろ…とは、言われたことないだろうし。
振付おわって、光一さんに抱きついちゃうし
剛くん、びみょーな顔してましたよね。
剛くんのなかでは、光ちゃん、カッコイイ!じゃなきゃダメなんだろな。

。。。と言うことで、今週のMステとCDTVも楽しみですね!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
てるひさん。こんばんは☆
今日で、KinKi祭りも一段落なのかなって思います。
なんだか、寂しいですね?新曲が出ない限り、音楽番組の出演はないに等しいので。
祭りの後の静けさってやつでしょうか?(笑)

「スワンソング」は、彼女から別れを切り出された形になると思うのだけど、「遠距離恋愛」の行き着く果てって?
他に好きな人が出来たとかいう理由でもないみたいだし・・・。詞を読む限りでは・・・。
なんなんでしょう・・・ちょっとモヤモヤしたものが私の胸に渦巻きだしてしまった。(笑)
「遠距離恋愛」って、最初から会える機会が少なくなることが前提だから、お互いリスクを背負って付き合うんですよね?
だから、覚悟は必要なわけで・・・。
疑い始めると、また、どつぼにはまるのが「遠距離恋愛」だったりします。
この「スワンソング」では、遠距離恋愛はつらいばかりだったとあるので、会えない時間がお互い、そうさせてしまったんだとなると、報われない感じもしますよね?果てがない。先が見えない恋愛となると不安にさせてしまうものなのでしょうか。
SHINE
2009/10/31 00:20
SHINEさん、こんにちは。
そうですね。今夜のCDTVで、歌番組への出演は一段落なのかな。歌を出すたびに、全ての歌番組に出てくれる訳じゃないし、終わっちゃうのは寂しいけど、12月になれば、歌謡祭とかSPとか目白押しだからね。今年は『スワンソング』で出てほしいな〜と。
あ『約束』も好きですよ。LIVEできちんと聞きたいです。
『スワンソング』の歌詞は、彼とカノジョのちぐはぐな感じが好き。彼は夢を追いかけて、業務命令かもしれないけど、彼女から離れた場所で生活してて。いつか…彼女を自分の傍に呼び寄せたいと思ってたのかもしれないですよね。
自分が彼女の人生も背負おうとした。これ、やっぱり違いますよね。彼女には彼女が描いた夢があるわけで、それを額に飾らせておいて、自分と一緒に生きてほしい…と言うのはおかしくないですか?
問いかけておいて、申し訳ないのですが、お返事には書ききれないし、このポイントについては、記事にしたいなーと思ってたりします(思ってるだけです・笑)
たぶん、遠距離でもそうでなくても、こわれた恋だったのでは?彼が、自分のテリトリに相手を立たせようとするだけでは、恋愛は成り立ちませんよね。
ひとりで生きられなきゃ、ふたりでは生きられません。ひとりで生きられるから、ふたりでいるのがもっと楽しい。
彼は誤解してたと思いますよ、彼女のことふたりのこと。あくまでもわたしの解釈ですけどね。
てるひ
2009/10/31 10:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
無声映画のように…スワンソング HEY!×3と兄弟とMステと。 このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる