このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 奈良の空の下で詩う… 堂本剛 2009 薬師寺LIVE 7.10 vol.1

<<   作成日時 : 2009/07/12 15:04   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 2 / コメント 2

18時のLIVE開演時間を少し過ぎていたと思う。
金堂から鐘の音が響きわたった。始まりの鐘。
強い風が雨雲を吹き飛ばしたのか、雲間から空が見えていました。
少しして、講堂に人影が見えました。礼をしていたと思う。
白いシャツに黒っぽいベスト。剛くんだ…
7月10日(金)の堂本剛 2009 薬師寺LIVEに参加して、奈良と剛くんの歌声に抱かれて、心も汗かいた(?)日の感想です。

昼前に奈良に降り立った時には、雨がぱらついていました。
剛くんがくれた(?)奇跡の旅日記(笑)は、後日アップ予定(は未定)

画像講堂前に設置された、舞台です。

機材の上にテント。
見えにくいですけど、左にキーボードとパーカッション。
右にはドラムセット。
真ん中の小さめのテントに、キーボード。
(画像をクリックしていただくと、大きめな写真が見られます。よかったら…)

開演中以外は写真OKだったので、舞台の写真を撮りながら、
同じ日に参加のお友だちを探し、無事、会うことができました。
カノジョとのミラクルは、次の日のなら歩きでも続くんですよね・・・

LEFT側の席のお友だちと「じゃ、またね」と別れて、RIGHTのてるひの席へ
ステージからは遠いけど、通路側の席だし、ステージ全体が見えました。
剛くんの立ち位置を確認すると、うん、見える…あれ?
剛くん用のテントがなくなってる???
激しくぬれている椅子を、ライブのお供のふたりのイラストタオルに「ごめん」とあやまってふき、カッパをはおって準備して。降水確率70%ですからね。
席について、ほどなく…のことでした。冒頭に書いた、鐘が鳴り響きました。
てるひの席は、金堂の横でしたから、すぐそばから聞こえました。

ライブに先立って、住職さんからのごあいさつがありました
まだ剛くんに会ってない…って言ってたけど。
今日のご本尊様って、剛くんのことを言ってましたね。

この時点では、誰が鐘を鳴らしたのか・・・てるひは知りませんでしたが
LEFT側の席だったお友だちが、金堂から出てきたスティーヴさんを見た
…と後で教えてくれたんですよね。

ステージ奥に人影が…拝礼しているように見えました。
講堂のご本尊さまは、弥勒さんでしたよね…
白いシャツに黒っぽいベストを着た剛くんが、ステージに!
黒に見えたけど、しぶめの色の模様がちりばめられたベストでした。
ボトムも黒っぽかったけど、あまり見えず(笑)

剛くんのあとから、もうひとり・・・え!もしかして?
でも、次の日、東京(だったっけ?)でコンサートがあるって聞いてたのに…
白いシャツ、ブラックジーンズ(に見えたけど、よくわからず)の東儀秀樹さん。
剛くんは、愛用のオアシスキーボードにつきました。
開演前は、キーボードを奏でる曲が予想できなかったんですよね。
堂本剛としての久し振りにして、お寺での初LIVEだし、奈良だからね。
エコうたで披露した歌とか、あの曲とか…
おなじみ…と言うか、シングル曲が多いんだろうなって思ってましたから。

『ソメイヨシノ』
この歌からくるとは、想像してなかったわけじゃないけど
いきなりの『ソメイヨシノ』は、心臓によろしくないです。
故郷奈良を思って創った、剛くんの原点のような歌を、いきなり弾き語り…って。
ギターを弾きながら…は、今では普通(笑)なので大丈夫なんですが
直接メロディを奏でちゃうキーボードに弱いらしいです、わたし。

前列から椅子に座りだしたのですが、剛くんから指示があったのかな?
歌声に寄り添うのは、自分が出す鍵盤の音と
東儀さんが奏でる笙の音色だけ。
鍵盤は、声をひっぱると言うよりも、ほんとうに添えられてるだけって言うか
着席でゆったり聞けて、良かったって思います。
墜落してくる叫ぶ声を、しっかり受け止められましたからね。
会場中が、剛くんの歌声と東儀さんが奏でる音に、やさしく包まれて
オープニングから、心の汗(死語かな?)をかいちゃって、かなりやばい。

背も高いけど、座高も高い
正直、全くほめられることじゃないけど、この時ばかりは感謝しました。
キーボードを弾く剛くんの顔だけは、見えましたから。
髪を切ったって、携帯サイトに書いてたけど、サイドとかかなり短い。
似合ってますね。

ソメイヨシノの余韻にひたっていたら、バンドメンバーさんたちが講堂から、
次々登場して。ご自分の位置につかれました。
名越さんだ!←大好きなの、名越由貴夫さん♪
十川ともじさん、スティーヴ エトウさん。
十川さんとスティーヴさんは、絶対にいらっしゃると思ってました。
ドラムが屋敷豪太さんだって話は、風のうわさに聞いてたし。
ベース、吉田建さん!てるひのまわりの方たちがざわついてました。

剛くんが、バンドメンバーさんの紹介をしてくれたのですが、
薬師寺でのLIVEと言うことで、この方たちにオファーをしたそうで。
すっごいメンバーですよね。めっちゃテンションあがっちゃいました。
雅楽師の東儀秀樹さんも、7月10日だけですが、参加してくださって!

「決まったから」と、剛くんが(おとなのひとから?)
薬師寺でのLIVEが決まった事を告げられたのも、ほんとに急だったようで
生まれた奈良の、しかも空の下で歌える、音楽を奏でられて幸せ
そんなことを言ってましたね。

正直『ソメイヨシノ』で、てるひの安物脳内HDDに傷が入ったため
今書いてる感想文も、かなーり記憶があいまいです。
MCは、歌と歌の間に、かなり入れてくれてたのですが、どこで語られた話か
順序などもあいまいです。ごめんなさい。

この日の18時以降の奈良の降水確率は、70%でした。
剛くんは歌うと雨が降ると言われている歌声の持ち主だしね。雨はさけられない?
でも、薬師寺の方が「絶対に降りません」とおっしゃっていたそうですが、
金堂の薬師さん、日光、月光菩薩さん、講堂の弥勒さんが守ってくれるのかな。
薬師寺さんの中だけ晴れで、一歩、外に出ると雨が降ってる???
そんな冗談まじりに、剛くんが話してたけど、ありえるかも(笑)

東儀さんは、晴れ男さんだそうで。
降水確率70を吹き飛ばしてくれたのは、東儀さんのおかげもあったのかな
「僕がひっこむと、降るかも」
…なんて、この日の開演前に、不吉な事をおっしゃっていたようですが
ひっこむ…ってことは、東儀さん、最初の何曲かでお帰りになるのかな?
明日、東京でライブだし…な〜んて思ってたのでしたが。。。

『美我空』
剛くんは、ベースを持ちました。
ひとことでしか言えないです(笑)圧巻でした。
CDでは、剛くんがベースとギターを弾いてるでしょ
美我空のライブでは、剛くんも音の一部になってる…って言うか。
照明を落とした中で、ベースを弾いてて、手元とかよく見えなかったのに
不謹慎な感想ですが、剛くん、ベース重そう―とか思っちゃうほど
じっくり目でも楽しむことができたし。
なんだろうな…音たちに重みがあったって言うか…
建さんとのベースの共演?
それなのに。わたしの目は、ベースを弾く剛くんにくぎ付けで(笑)

奈良の空の下で、文字通りの空の下、しかも仏さまに見守られながら
美しい我の空の音を、剛くんが、みなさんが奏でるってだけで感動しました。
ダメ耳てるひは、その音の良し悪しは全くわからないので
その音が、その表現が、心に届くかどうか、心がふるえるかどうか
いつも、それだけで判断して、感想文もそのノリだけで書いてますが
この日、この場所で『美我空』を聞けて、ほんと良かった。幸せでした。

2曲、演奏なさった東儀さんは、ここでステージを後になさいました。
心の中で「ありがとうございました」と頭を下げたと記憶してるけど
できれば『空〜美しい我の空』も参加してほしかったな〜とか思いつつね。
でも、後で思い返してみて、ほんとうにこの曲の後で、東儀さんが退席なさったか…思い出せないんですよね(苦笑)

えっ!この曲、やっちゃうの!!!
前奏が流れだした時に、ふるえちゃいました。うわぁ〜って思った。
まわりのみなさんも、立ちはじめました。この曲は、立って感じたいよね。
『Let's Get FUNKASY!!!』

あい持って、星空かけろ♪
だから、星空(あいにく星は出てないけど)の下で歌いたかったの?
盛り上がりすぎるけど、いいの、この曲やっちゃっても???
みなさんの手が「鹿」でした(笑)
剛くんが生みだし、歌ってきた曲たちが、薬師寺さんの宇宙で融合してる

命は繰り返しはしないんだから
愛となって賛同できてよかった・・・

昼間の名残りのあった空が、少しずつ暗くなってきてる頃でした。
愛となって賛同してたら、星が見えるような、そこに虹がかかったような
錯覚に陥ったかも
この歌を歌う時の剛くんって、セクシーですよね。
カラダの揺らし方とか、腰つきとか…そのあたりは今回は想像するしかなくて
歌う剛くんの上半身だけのお姿、がん見でした。

ここで、FUNKASYを聞けたんだから、今、倒れちゃっても悔いなし。
そんなふうに思ってたてるひの、この日の1番の”!”は、次の曲です。
『Love is the key』
すごすぎる。おどろきました。

どんだけ、だらだら書くんだよ???
…と言うことで、長くなってきたので、ここで、記事をわけたいと思います。
ひとりよがりすぎる感想文に、おつきあいくださって、ありがとうございました。

剛くんのHPのメッセが更新されたようですね。
てるひも読みに行こうと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
剛くんが歩いてきた道堂本剛 2009 薬師寺LIVE 7.10 vol.2
FUNKASYを聞いて、倒れなくて良かった(笑) 薬師さんと弥勒さんに守られた剛くんの宇宙で 東儀秀樹さんの雅楽と共演する、この曲を聞けたんだから。 驚いた。心の底から驚いた。裏切られて嬉しかった日の思い出。 堂本剛 2009 薬師寺LIVE 7.10 vol.1の続きになります。良かったらぜひ。 ...続きを見る
このまま・手をつないで、霧の向こうへ
2009/07/14 21:44
剛くんは剛くん 心と体で感じた…堂本剛 2009 薬師寺LIVE 7.10 vol.3
そこに映し出された過去、現在、そして明日。 白にだまされて、見逃してしまった過去。 白だからこそ、くっきり見えた現在と、感じる事ができた未来。 剛くんが歩いてきた、そして、歩いていく道。 いろんなご縁が実現へと導いた、堂本剛 2009 薬師寺 LIVE 別(笑)の4days Liveが告知されたけど、頭切り替えるためにも書きます。 1週間前に行われた薬師寺LIVEの感想文の完結編(笑)よかったら、ぜひ。 ...続きを見る
このまま・手をつないで、霧の向こうへ
2009/07/18 02:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おかえりなさいませ♪薬師寺の敷地の中に臨時に堂本寺を作っちゃった…?堂本寺本堂…ははは回文だ♪
りんちゃんところで、てるひちゃんが「堂本剛が歩いてきた道」とコメント残していたけれど私もそう思いました。「堂本剛の音楽履歴書」みたいだな〜と♪
続き待ってるね。そこに私の好きな歌も出てきそうだし。そうそう!あのタオル!びっくりした。誰かのお手製?それとも昔々のグッズ?
Rain
2009/07/12 16:59
Rainさん、おはようございます。ただいまです。
そうそう。2日限りの堂本寺に2日限りのご本尊さまがいらっしゃったの。
うたばんの回文がお得意なアナウンサーさん、好きなんですけど(笑)うたばん担当じゃなくなっちゃった…のかな。
堂本剛として、アーティストとして歩いてきて、そして…そんなライブでした。剛くんのことでぐちゃぐちゃ思い悩んでた事も、自分の中ですとんと納得できたかな〜と。オーディエンスにとっても、それぞれが歩いてきた道。そんなライブでした。←ここでまとめてどーする、わたし(苦笑)
かわいかったでしょ♪何年か前にショップで買ったものなんです。以前はイラスト製品が、けっこうあったんだよね。旅日記でBlogにものせちゃうかも。
てるひ
2009/07/13 09:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
奈良の空の下で詩う… 堂本剛 2009 薬師寺LIVE 7.10 vol.1 このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる