このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 我の空 みんな違うから みんな美しい my beautiful sky TOUR 5.21 名古屋

<<   作成日時 : 2009/05/25 23:58   >>

トラックバック 2 / コメント 3

どうしてこんなに会場が暗いんだろう。。。
水槽を連想させるライブハウスはいざ知らず…ホールなのに?
不安になるほど暗くはないけど、
美しい我の空は青空じゃないのかな。
ステージには、スクリーンが3つあった。
剛くんが切り取った雲の写真たちが、オーディエンスを迎えてくれる。
my beautiful sky TOUR 5.21 日本ガイシスポーツプラザ ガイシホールに参加したので、ちょっとだけ感想を残そうと思います。

3回めの美我空ライブ。はじめてのホール公演。
花道を作らない、もちろん乗り物なんかあるはずもない。
自らが奏でる音と映像で作り上げるステージ。大きな箱ではどうだろ?
剛くんが遠いのかな…そんな不安は、剛紫くんが舞台に姿を表した瞬間
消え去ったのでした。

ホール公演のネタばれも少し読んでいたので、セトリがライブハウスと変わらないことは知っていました。始まりは『美我空』と言うことも。
近くの席の方たちが「誰か出てきたよ」「スタッフかもしれないし」
…と話しているのが聞こえて、ちょっとだけ笑いそうになりながら
暗闇に浮かぶ人影の動きを、じっと追いかけます。

そこに彼が立つだけで動き始める時間、ライブ。
『美我空』
プロジェクトの、そしてライブのテーマでもあるはずの楽曲。
「和でまったりなのにスタンディングはきつくない?」
一緒にかつんこんに参加した友だちに聞かれて、ずっとひっかかってたこと。
トークはまったりだけど、”和(風)”かな?
カノジョは、歌番組を見ただけで、ライブには参加していない。
始まりのこの曲は、主旋律が”和”なんだけど、”和”そんなふうに感じないんだよな。
ベースがバランス取ってるから?
質の違う音が混じり合って、剛紫の空の下へと誘うんだよね。

ベースからギターに持ち替え『TALK TO MYSELF』そして『愛詩雨』
この2曲の印象がうすかった気がするのは、どうしてだろう?
リリックをかみしめると、いろんな味がしてくる曲たち。
名古屋では、わたしにはそれができなかった。
やさしい愛の雨に、いたみを流されたってこと…かな

最初のMC。なんとなく立ったまま聞いた。
この日の会場は、マスクをしていた方が多かった。
20日は、もっと多かったらしく、空席もあって。
残念ながら会場に足を運べなかったひとたちのことに気遣いながら
こんな時に来てくれて、ありがとう…と、お礼を言ってました。

会場から「やさしい〜」という声がかかり
言葉は忘れちゃったけど、とうぜん?やさしいですよ…と答えていました。
やさしくても、愛のように黙って…なんてことはないですよね?
『愛詩雨』のリリックを読んでから、「やさしい」はNGワードになりました。
剛くんにからむ時には、特にね。

下火になってきた(?)つよしば問題。
そうそう。仙台のライブ会場のスケジュールに「剛柴」と書かれていた話は
東京でもしてたけど、仙台の事件以来?剛くんは梅しばを食べてるらしい。
そういうてるひも、東京のライブ後、お店があいてなくて、
コンビニで梅しば巻を買って、食べたし。

つよしばの流れ(?)からニックネームのはなし。
中居くんからGPSってつけられたけど、探されたくはないって言って
このライブを聞いて、世界観から、ニックネームを考えてBlogで投票してほしい…って言ってたけど、どっかのBlogさんで投票してたかな?
で。3位までをラジオに送ってほしいそうです。
100位まで送られても困るからって、剛くんは言ってたけど…
てるひだったら、なににするかな?つよしはつよしでイイんだけどな。

マスクの話から、花粉症の話もしてましたね。
杉とか檜じゃなくて、マイナーなブタクサにやられてる剛くん。
ブタクサって、今くらいがつらいのかな?

『素敵な詩 孤独な詩』
キーボードをひきながら・・・
この歌のはじまりのフレーズ、舌をかみそうじゃない?
繰り返す。繰り返すことの意味。
抱きしめようとなにしようと、今日はやがて死んでいくけれど
朝はまたやってくるし、また星空を見ることができる。
生きてるだけで、まるもうけって、誰が言った言葉だっけ?
この歌をライブ会場で聞くたびに、この言葉を思い出すんだよね。
剛紫さんの高音がすっごく好き。

『雨の弓〜Ameno-yumi』
この歌は、楽器を持たずに歌います。
ホールが暗いのは、この歌の演出のため?・・・と思ってしまうほどでした。
ステージ後方から、客席に向けて一斉にライトが斜めに当てられる。
放たれる雨の弓に射抜かれた。まさにそんな感じ?
また雨に濡れて歩きたいなぁ〜
大好きな歌の、この演出を見られただけでも、名古屋に行って良かったって思った。
ライブハウスでは、ここまでのライティングは体感できなかったし。
もしかして。剛紫さんをがん見しすぎてたしかもしれないけど?

ライトにも彩色はほどこされていない。白一色
映像もモノクロ。色がないから、歌を聞いて色をイメージして
好きなように聞いていいんだよ…ってことですよね?
雨も愛も自分色に染めればいい。
もし映像も極彩色で、歌もこういうふうに聞け!と押し付けられたら
美我空ライブは、しんどいと思う。悪い意味じゃなくて。
歌にもFUNKERにも力があるからね。

この日の剛くんの衣装は、黒のシャツに黒いパンツ。
白と黒のストライプ(?)の帽子をかぶっていましたが、途中で脱いでた。
赤坂、東京では、最初はジャケットをはおって登場。
インナーにシャツとタンクを重ね着していて、曲が進むことに脱いでいってたけど、
名古屋では、お着替えなし…だったと思います。

『ku』
剛紫くんはドラムをたたきます。
ライブハウスでは、ステージのはしの方に剛紫くん専用のドラムが設置されていたけど、ホールでは真中に。
で。たたき終わると、スタッフさんが片づけてた。

スクリーンのひとつに、空鹿くんが!
これ、スクリーンが3つあるホールのみですよね?
かわいいですぅ。。。

『NIPPON』ホールはイイよね!
てるひのため(ひとりひとり)のスペースがあるんだもん。
ひとしきり騒いだ。
テンションがおかしくなってきたので『叶えKey』歌いながら、寝ます。
続きは、また別の記事で書こうと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ちょっとブレイク☆そしてライブに行ったよ。
15:51に遅れること少々。 ...続きを見る
愛のかたまり
2009/05/27 15:20
空は繋がってるを実感した my beautiful sky TOUR 5.21 名古屋 vol.2
らぶそんぐ綴る…よ。 「綴る」とは、つなぎ合わせること。文章や詩歌をつくること。 剛紫が、歌に綴ることがなかったら、心にとまることのない動詞だったと思う。 ♪明日より僕を信じればいい♪ そう歌うから、明日より、未来より世界中の全てよりあなたを信じるよ。 美我空 my beautiful sky TOUR 日本ガイシホールに参加した日の思い出綴るよ。 my beautiful sky TOUR 5.21 名古屋の続きになります。よかったら、ぜひどーぞ ...続きを見る
このまま・手をつないで、霧の向こうへ
2009/05/27 19:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんはー。映像に見入って(魅入って)しまって、剛紫さんが立っていたことに気づきませんでした(笑)
「雨の弓」バケラッタ!化けました!これはライブで聴いて大正解!あぁいう歌い方されたらまいりますね。
ドラムをたたく彼を映した演出に拍手。やっぱいいね。男の人が打楽器やる姿って♪あの真剣な表情と腕と太い音にくらくら(笑)でした。
Rain
2009/05/27 21:50
愛のかたまりの書き手さま。
トラックバックありがとうございました。
この日は、いろんな数字で楽しみましたよね♪
また一緒に数字で遊ぶ?(笑)日を楽しみにしていますね。
てるひ
2009/05/29 07:30
Rainさん、おはようございます。
立っていたことに気づかないようにさせる演出じゃないのかな?…と、名古屋では思いました。『美我空』は剛紫は音楽の一部だし。
『雨の弓』素敵ですよね〜ならのネタばれを読んでから、ホールで感じられる日を楽しみにしてたの。もっと大好きになっちゃいました。
男の人が打楽器!和太鼓とか?(笑)
打楽器って、胸を直に叩かれてるみたいって言うか、ストレートに響いてドキドキしますね。あほなてるひは、剛紫さんのたいこのがらの鹿さんが、気になっちゃって(笑)
映像をうまく使ってくれてるので、歌う時と、たたいたり、ひいたりする時の表情の違いも見られて良かったなぁ〜と。
てるひ
2009/05/29 07:42
我の空 みんな違うから みんな美しい my beautiful sky TOUR 5.21 名古屋 このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる