このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 自身への言葉「周りが見えなくなったら、お終いだぞ」Endless SHOCK 601公演

<<   作成日時 : 2009/02/24 09:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

帝劇の鐘が鳴り、幕があく。
そこで繰り広げられているショーは、光一さんオンステージ?
「堂本光一です。Endless SHOCKも、この前の(この昼の…だったかな?)公演で600回を迎えました」…とごあいさつ。
華やかな舞台の上から、Endless SHOCKの世界に誘ってくれます。
SHOCKという舞台のコンダクター、舵取り役は、植草くんに任せた?
いっぱい発見した。見落とし、聞き逃してたのか、変更が入ったのか
10日の夜公演より、ずっと大きな何かをてるひの心に落としてくれた、
2月22日(日)夜、601公演めの感想です。ネタばれしてますが、良かったら…

どーでもいい話ですが、劇場のライトは眩しいし、視界もくもっちゃって。
まさに?足元も見えなくするブロードウェイの灯りな中での観劇でした。
だからこそ見えたもの、聞こえたセリフもあったのかな

オフブロードウェイシアターの千秋楽。
千秋楽の日に、コウイチは次の舞台の構想を語ります。
「シェークスピアをやってみたい」と。
ダンスやイリュージョン、フライング観客を魅了しているカンパニーが、ストレートプレイ?…と、オーナー以外は、あまり乗り気じゃないみたいで。
シェークスピアは芝居の原点だし、演技力をつければ、ダンスにも表現力が出てくるはず…とコウイチは言います。
オーナーは、コウイチのこと、自分が見つけた、磨けば磨くだけ原石…と言ってるだけのことはあって、信頼しきってて、コウイチの言葉は否定しないようです。

オフにいる時から、シェークスピア劇をしたいと思ってたのね。
もし、ここで、シェークスピア劇を上演してたら、なにかが変わってた?
そう思わせる伏線にもなってますね。
コウイチというスターと、彼を支えるオーナーと、カンパニーのメンバー。
舞台裏で、プレイヤーもスタッフも一緒になって千秋楽を祝うシーンは、やっぱりいい。限界なんてないと信じていたコウイチは、幸せだっただっただろうな

両脇にモップをかかえて掃除するオーナーとマチダ。
去年までのお笑い担当は、町田くんだったけど
植草くんがリードしてますよね。すっごいイイコンビ。

屋上のシーン。やっぱり(すいません)リカからわたされたネックレス。
てるひの中では、なくてもいいンじゃない?と思うアイテムだけど、
コウイチの胸元からのぞく、ネックレスがかけられた胸は、
なんとも言えずセクシーなので、ま、いっか・・・

この町で生きてきた。
練習してる姿を見られたくないから、屋上で踊ってたと言うコウイチ。
コウイチの背中を追いかけて、踊り続けてきたヤラ。
マンハッタンの力を自分の中に取り込める…
コウイチ、ヤラ、仲間たちのパワースポットでもある屋上だからかな?
リカは、そこに溶け込めてない気がするんですよね。

千秋楽の雰囲気に、飲めない(?)お酒を飲んでしまったオーナーは、
ふらっふらに酔っぱらって、屋上に上がってきます。
そうそう。カールルイス(笑)じゃなくて、インペリアルガーデンシアターから
コウイチを座長とするカンパニーに、オファーがきたんですよね。

コウイチは磨けば磨いただけ光る原石だけど、まだオンに行くのは早い?
でも、コウイチが行きたいなら、行かせてやりたい。
オーナーは葛藤するんだよね、ひとり、もんもんと(裏でね)
「大きい劇場でショーをやりたいか?」と尋ねるオーナーに、
コウイチは、小さいとか大きいとかは関係ないって言うんですよね。

予算の少ない中、満員御礼続きでも、かなりの赤字を出しているようで。
そ、あの車とか!
実は、何回見ても、つい座長を見てしまうせいもあり、
この車の仕掛けはわからないんだけど、赤字になるなら演目からはずしてもいいのでは?
…とちっちゃい声で、言ってみた。

ブロードウェー街歩きシーン。
舞台の上ではない、コウイチののびのびとしたダンスが好き。
コウイチと光一さんを混同しそうになりますが、ほんとに踊りが好きなんだなーって、しみじみ思いました。
ナオキとの出会い。
ナオキのパーカッションに、想像力をかきたてられ、
頭に浮かんだメロディを、コウイチは口ずさみます。
リカが「イイ歌(だったかな?)」即興のそのフレーズをほめる。
このメロディが、カタチになって、最後のショーを彩るんですよね。
このリカの言葉、聞き逃してな、今まで。

カンパニーのショーが新聞で大絶賛されて。
みんな、メジャーデビュー、オンに行ける日が近いと狂喜します。
「俺にとってチャンスなんだ」
ヤラは、俺たちにとって…と言い直しはしますが…ブロードウェーの大劇場でショーをすることは、小さい頃からの夢でしたからね。

不安とそれを消し去るだけの希望。コウイチについていけば大丈夫
リカの言葉に怒り出すヤラ。
ついていけば…じゃ嫌なんだ。肩を並べてじゃなければ
”コウイチを追いかける””コウイチについていく”は、ヤラにとっては、
自覚しているだけに、言われたくない言葉だったんでしょうね。

「オンに行ってなにがやりたいんだ?」コウイチに問われても
具体的な構想をもってるわけでもなくて。
「俺のやり方で前に進んで行くんだよ」そう答えるだけでした。

このかみ合わない会話に違和感があったけど
オンへの憧れだけが独り歩きして、カンパニーをひきずり
渦に巻き込んでいく前触れだったんだなぁ〜と、おもしろく見ました。
「ヤラ、まわりが見えなくなったらおしまいだぞ」
コウイチは言います。まわりが見えなくなったら…

コウイチには、行きたいとか、ここでやりたい!
そんな希望はないのかなぁ〜なんか、ショーの主役なんだけど
物語の主役じゃないみたい。そう感じてしまうてるひでした。
これは、良い意味でもそうじゃない意味でも、植草効果でもあると思う。
彼の持つやさしさが、コウイチの不の部分を消し去ってるて言うの?
時に暴走する。アーティスト、芸術家ってそうじゃなきゃね(笑)

「オンの先になにが見えるのか、それを考えなきゃな…」
コウイチは、ヤラに言いますよね。
去年までは、コウイチはその先を見据えてるって解釈してました。
コウイチの目が正しかろうが、そうでなかろうが…
でも、見なければいけないとは思うものの、わかってるわけじゃなかった。
植草オーナーの前では、コウイチは弱さをさらけだすのです。
コウイチがヤラに言ったのと同じことを、コウイチに言います。
「まわりが見えなくなったら、おしまいだぞ」
この繰り返し、確認作業が衝撃でした。
コウイチも、ブロードウェーの灯りに飲み込まれてしまう?
その暗示のようでもあり。

でも、植草オーナーはひきとめないんだよね。
みんなが行きたいなら…とコウイチがオンへ行こうと思うのなら
う…ん。やさしさってなんだろな。
心をあたたかく包みもするけれど、弱くもする。諸刃の剣

オンへ誘う「Show must go on.」を語るのがコウイチじゃないっていうのも
てるひ的に、ちと不満でもありますが、コウイチは、
それだけ、周りが見えなくなってるってことかもしれませんね。

光一さん、カッコイイ!だけを叫ぼうって思ってたのですが
う…ん。てるひという書き手の力量では、難しすぎて。

たくさん気づいたり、思ったことがありました。
オンの幕間でのいさかいとジャパネスクのこととか。
「この争いを終わらせるためにも、生きて帰れ」
このセリフの意味とか・・・
ヤラは、ほんとうにコウイチが好きだったんだなぁ〜と思ったいろいろなセリフたち。今回の観劇では、1番、ツボにはまったのは、ヤラの告白のシーンだったかな。
「コウイチのショーに出させてくれないか」
実は、納得していないこのセリフが、気にならなくなってたり。

ずっと疑問に思ってた、コウイチの最後のショーは、どこで行われたのか?も、明確にされてます。
てるひは、オンでやったのか・・・と思ってたけど
「おれたちの生まれ育ったあの劇場で」だったんですよね。

このあたりの感想は、記事をわけて、だらだら(すいません)書こうと思います。
拙い感想文にお付き合いくださって、ありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
601公演からお帰りなさーい。私も「座長かっこいー♪素敵ー♪」と叫べない。そう言ってる自分にツッコミいれてしまう。えぇかっこしいなんでしょうね私の場合。
この舞台、余白がいっぱいあるから楽しいのかな?
ツッコミいれたい台詞もいっぱいあるし。でも完璧すぎてもつまんないしね。今回もやっぱりヤラに感情移入。それとオーナーの葛藤。ドラマという面ではすっかりこの二人のものになってしまってるよーな?「みんなが行きたいなら…おれも」って…コウイチの本心が見えないのはやっぱり彼に感情移入していないせいかな?
Rain
2009/02/24 22:13
Rainさん、おはようございます。
ただいま〜今日は、604,605ですね♪数えるの大好きですが…せつなくもあるね。
昨日、今日と頭の中を流れている音楽はね、合戦(笑)と2幕のステッキダンスの曲なんです。あーこの話のBlogをしないと、終わりじゃなくて週末がきちまうわ(苦笑)
ツッコミ入れたいセリフは、いろいろあるね。かみあってないでしょ〜と思いつつ見ちゃうけど、自分流に解釈してもイイってことで、舞台ならではの自由さもあってもいいんだろうね。
オーナーね。この人自身と立ち位置の解釈もいろいろおもしろいなぁ〜と。
コウイチの本心…見えないですよね。感情移入しにくいキャラに仕立てていますよね、わざとかな?以前、彼が「主人公の死という飛び道具」と言った意味が、なんとなーくわかったような気がします。気がするだけね。
てるひ
2009/02/26 09:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
自身への言葉「周りが見えなくなったら、お終いだぞ」Endless SHOCK 601公演 このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる