テーマ:舞台

根をはる暗黒を断ち切る KANSAI SUPER SHOW「七人の侍」11月21日vol.1

ショーの感想を「楽しかった」と書くのは、間違っているのかもしれない。 でも、わたしは楽しかったし、それ以上の事も書けないから。 真実の参加席で、正義の砲弾(水だけどね)が飛び交う中を逃げまどう 下女(?)の気分になって「七人の侍」11月21日(日)昼を見てきました。 プレビューとは構成が変わっていたのか…わたしの記憶違いだったの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Final稽古! KANSAI SUPER SHOW「七人の侍」プレビュー公演

初日の前日に、本番と全く同じ手順で行う総稽古。 それを見せちゃおう…と言うプレビュー公演。 全く同じ手順?通してやってみて、修正を加えるのか… 少しだけハプニングを期待して、 かからないだろうな…とは思いつつ、入口で配られたカッパを着こみました。 神戸の姫にお譲りいただいた貴重な時間を、ひとりで楽しんできたので、 ネタバレせ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

明日の事は明日… 天使のアリバイ 2010.7.17

天使は、どうしてアリバイが必要なんだろう? 天使じゃなくて、人間はどうだろ? 身の潔白を証明するためじゃなく、欺くためのアリバイ。 そんなアリバイを作ってくれる会社があったら、どうしますか? アリバイ作りを依頼しますか? 7月17日(土)坂本昌行さん主演『アリバイのない天使』を見てきました。 ネタバレしていますが、よかったら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自由について『血は立ったまま眠っている』シアターコクーン 2.6夜

彼が恋焦がれた”自由”って、なんだったのか なにから自由になりたかったのか… わたしは何から自由になりたいんだろ?わたし自身からかな 森田剛くん主演「血は立ったまま眠っている」2月6日夜公演を観てきました。 久しぶりに見た蜷川演出作品に感じた困惑を、書きとめておきます。 ネタばれしていますが、よかったらぜひどうぞ。 ごう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

芸に生き、芸を住みかとす『人生革命』2010.1.20.

帝国劇場 新春公演『人生革命』の主役は、森光子さん。 この舞台は、女優とういう職業のひとりの女性の人生を見せることで 観客ひとりひとりに、人生を振り返らせ、先を見つめさせる舞台だ。 そのストーリーに繋がりがなくて、矛盾だらけでも 見終わったひとに「わたしたちも頑張らなきゃね」 そう言わせただけで、この舞台は成功してると思う。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジュリエットに憧れるか?

なぜ悲劇のヒロインになりたがるんだろう。 ハッピーエンドの方がイイに決まってるのに… でも、ハッピーエンドってどうなんだろう? その幸せは、ずっと続くんだろうか? 今、ドラマ『小公女セイラ』に、ちょっとハマってる。 マリーアントワネットに憧れ、ジュリエットになりたがった少女。 平成の時代に、そんなんあり?が満載のこのドラマ。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あなたが守るべきものは? 30‐DELUX MIX ACTION CLUB 『ナナシ』6.13昼

そこに、里の風景や集落が見えた。 戦場を逃げまどう弱き者たちが。血と汗のにおいまで? 舞台装置は、回りも変わりもしない。舞台左と右に、葵の御紋がでかでかと掲げられ、かがり火が焚かれているだけ。そんなシンプルなセットでした。 舞台は効果やセットを楽しむより、ひとを見るものだものね。 30‐DELUX MIX ACTION CLUB…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

なぜ変えなければならないのか…滝沢革命 1月22日6時公演

革命。なにかを変えようとする時、なにかが犠牲になる。 一滴の血を、涙を汗を流さずして何かを変える事は叶わないのか… 何かを失いながらしか、前へは進めない。それでも… ひとは、進まなければならない。それが生きるということだから。 滝沢革命 1月22日夜の部を見てきましたので、少しだけ感想を書いておきます。 ネタバレしている上に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

終わらなければ始まらないから「Change 少年隊PLAYZONE FINAL」vol.2

始まりから始めて、終わりが来たら終わればいいんだよ。 大好きな言葉。この言葉を抱きしめてると、FINALも寂しくないから。 だからこそ。卒業するなら、終わって欲しかった。 23のうち、てるひが見る事ができたPLAYZONEは半分に満たない11演目。 舞台は接客業…錦が言う。 終わらなければ始まらない…と東山くんが言う。 夏の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

いつも夏から生まれる「Change 少年隊PLAYZONE FINAL」vol.1

幕が上がると、少年隊がいた。 何を当たり前のことを…と言われそうだけど、驚いた。 PLAYZONEは、なんのカテゴリーに入れればいいのか…いつも迷う。 お芝居、ミュージカルとショータイム。ショータイムがない年もあった。 23年間。一口では語れない長い、長い時間続いてきた。 幕を下ろすなら、まだ理解できる。でも、そうじゃなくて、…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

物語を支える?4人のS フルハウス

4人だけの芝居。時間は流れ、季節は変わるけれど、場面は変わらない。 セイヤ、アンディ、リアム…どこの国の物語なのかと思いきや 思いっきり日本の、携帯も思いっきり圏外の山荘での物語。 登場人物…姿を見せてるのは、常に4人以下。 でも、電話や携帯、パソコンの向こうに誰か、なにかを感じさせる密室劇。 フルハウス 於グローブ座5月10…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

天は動くものだから IZO

何のために生きるのか、誰のため、何のために人を斬るのか。 斬ることは、人の生を止めること。 自分が信じていたものも、唯一絶対ではないと気がついた時 引き返せない道を歩いてしまっていたら、わたしなら…どうするだろう。 森田剛くん主演・いのうえ歌舞伎☆號『IZO』1月19日夜の公演を見てきました。 この感想は、ネタバレをしています…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

自分の影(才能)から逃れられなかった天才の孤独

神童と呼ばれたヴォルフガング アマデウス モーツァルトは、 3歳でピアノを弾き、5歳で作曲をしたと言われています。 自らの才能を愛し、神童のイメージから逃れようともがいた悲劇の天才。 礼儀を知らず、放蕩三昧、妻の家族からもたかられ続け、 持ち上げられ、調子に乗り、才能を利用され、ぼろぼろになった。 天才の生涯を描いた、舞台「モ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

取らぬてるひの帝劇の紙

先週、Kyo to Kyoの頃からのジャニ友さんから、メールが届いた。 ごうくんの舞台の振り込め用紙が届いたよ。SHOCKとかさなるのかな? てるひさん、どうする?SHOCKの為に空けとく? 空けとく?鋭すぎる。毎年、SHOCK期間中はプラベの予定は極力入れない。 去年は、初ケリーを4月にしたくらい。 でも。もう大丈夫{%wa…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

SHOCK?千年メドレー!in プレゾン 2007

SHOCK な・なんで~??? 幕間。ぼんやりセットを見つめていた時に、見つけてしまったSHOCK の文字 この瞬間から、別世界にトリップしてしまいました。 見つけなきゃよかったぁ~あの文字なんか 錦織さまに集中したいの、あたし。。。 少年隊ファンのみなさま、どーか許してくださいませ。 SHOCKと言えば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとは変われる…少年隊 PLAYZONE Change 2 Chance

朝は、いつも生まれたて。 前の日にどんな嫌な事があっても、一からやり直せる。 生まれたての朝だから、最初から始めればいいんだから。 22年めを迎えた少年隊プレゾン Chance 2 Changeを見てきました。 いろいろと話題豊富な今年のプレゾン。 はたして、その内容は、プレゾンファンには、どう写ったんだろ… 変わる…去…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

誰が…ではなく絶対にNO!舞台「NO MAN'S LAND」

ひとはどの位、緊張に耐えられるのか… 少しでも油断したら、撃たれて、命を落としてしまうかもしれない。 反対に、自分の手を新しい血でぬらしてしまうかもしれない。 同じ言葉を話す、少し前まで、一緒に語らっていたひとのことを。 坂本昌行さん主演「NO MAN'S LAND」を観てきました。 映画化もされている作品ですし、ネタばれして…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ここから生まれたものを伝える風 天世薫風

変えようとする気持ちが、風をおこし、人を動かし、歴史を動かす …かもしれない。 良い薫のする風が吹く時、人は忘れていなにかを思い出す。 とっても大切な…思いをつなぐ事とか、信じる力、そんなものを。 転世薫風 テンセイクンプー 於 青山劇場 12月16日。嵐のキャプテン、大野くんの舞台を見てきました。 思いっきりネタバレを…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

Change 変わっても変わらないもの

時は流れ、時代は変わっていく。 つい最近まで流行っていたものたちも、おもちゃ箱の片隅に追いやられ、 急速に、輝きを失っていく。そんな時代(今) 打ち捨てられた物たちの悲しみは、負のエネルギーを育て この世界を滅亡へと導く…かもしれない 少年隊 PLAYZOON 2006 Change 昨年、20周年を迎えた少年隊のプレゾ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

神はすべての人に平等なのか…

なぜ人は神を信じるのか 右の頬を打つものがあれば、左の頬もさしだせ 普通に考えたら、メチャクチャじゃないですか? 頬をうつものを排除してほしい・・・人は願ってはいけないのでしょうか? つかこうへい原作の物語「二代目はクリスチャン」が舞台化されました。 村上幸平さんがご出演・・・という事で、観てきました。 シスターがドスを…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

愛は勝つ…の?ビューティフルゲーム

神様が主催する(?)ビューティフル・ゲーム。 1969年のアイルランドでは、プロテスタントと、カトリックが対立をしていた。 神様の国で、神様の名のもとに、若者たちがテロリストとなり、 罪なき人々が凶弾に倒れる。 4月12日に、櫻井翔くん主演の舞台「ザ・ビューティフル・ゲーム」を観てきました。 15日に、青山劇場の千秋楽を迎えた…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

響鬼に復帰はしないそうです。

きだつよし作・演出「幕末蛮風」も大阪で千秋楽を迎えた。 ストーリーがどうのこうのとか 矛盾が生じてる。 そんな事はどうでもイイと思わせる作品でした。おもしろかった! 観劇から2週間。 千秋楽を迎えたので、言いたい放題、書きますが、 この舞台で、1ばん、誰かと取替えがきく役が、沖田総司だったと思う。 沖田総司の自己主張が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霧の向こうに鬼は住む

鬼の舞台(バクマツバンプー)を見て、帰ってきたら、わが町は霧の中でした。 10メートル先を歩く人が、ぼんやりしている。 日本シリーズは、この濃霧のため、コールドゲームになった・・・と言う。 鬼が歩いていても、気づかないかもしれない。そんな夜だ。 幕末蛮風 主演・大野智 作・演出 きだつよし グローブ座  今回も、運よく楽前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コラボが流行ってる?早稲田大学と・・・

高校の頃、早稲田大学は憧れの大学だった。 もちろん落ちた。 憧れるだけで、勉強しなかったし、アタリマエだけど。 この大学に行きたいと思ったのは、中学の頃に好きだった漫画家が 早稲田を志望校にしている主人公が出てくる話を、よく書いてたから。 入った短大も、好きだった芸能人が、系列大学の学生だった ・・・という、至極、ミーハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大宮SKから吸血鬼・沖田総司へ

10月の大野くん主演の舞台、バクマツバンプー。 そのチケットが届いた。 きゃぁ♪・・・と思う席ではないけれど、見に行けるのだから 吸血鬼さまに感謝しなきゃ? TEAM・発砲のきだつよしさんの日記によると。 舞台稽古も始まり、大野くんは、役作りに苦心しているらしい。 ぷぅ第2弾とは言え。戦国風の風助とは、全く違うキャラです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏が終わっていく

H~i!JacK!!公式HPにアップされた、出演者の方々の写真を見たら、 夏が1つ終わったンだなぁ…とさみしくなりました。 記憶に残る舞台だったと思います。 作り手の方たちが、目指したとーりの。 記録に残る舞台は、たくさんある。 何百回のロングランとか… ぷれぞんは、826公演かな?今ンとこ。 記録と共に記憶に残る舞台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そして、まだ見ぬ未来へ

少年隊PLAYZOONを見てきました。 東京千秋楽前の公演。ここ3年、いつもこの公演を見ています。 Twenty Years。20作めの作品。そのまんまなタイトルですが、 まさにPLAYZOON!これぞ少年隊!という舞台でした。 少年隊のPLAYZOON。ストリーは、あってなきが如し ・・・は言いすぎかな? 毎年、3人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

H~i! Jack!!乗れなかった最終便

千秋楽のフライトが、そろそろ最終案内のお時間ですね。 人生は、フライトにも、列車の旅にもたとえられますね。 これから起きるすべての事は、すでに決まっていて、変わる事はない。 今回の舞台、は~い!ジャックさんは、 その運命を変えようとあがいた頑張った人たちを描いた物語 ・・・だったと思う。 24日の昼。初めて観劇した後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最終フライト。わたしのね

7月28日の19時過ぎ。地震があった。 H~i! Jack!!便。池袋19時発の飛行機は、離陸直後だった。 まさか! 引き返すの?(講演はどーなるの? 中止?)  ・・・と。不謹慎な事を考えてしまいました。 幸い、地震はすぐにおさまり、飛行機は、そのままニューヨークへと向かう事に。 地震の事は、劇中で、ネタにされていました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私も、H~i! Jack!!してみたい

飛行機、苦手ですか? セールスマンさん。 チュッパチャプスなめたりして、かわいいンです。 H~i! Jack!! 24日の昼公演を見てきました。 村上さんファンは、最初から、気を抜けません。 セールスマンな村上さん、不自然なくらいのしゃべり方で はじめ、?と思いましたが、終盤、その謎がとけます。 セールスマン氏は、ハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more