テーマ:SHOCK

一緒に踊り続けようぜ Endless SHOCK という舞台

2020年のEndless SHOCKの製作発表が行われましたね。 ライバル役は上田竜也くん。 ライバル役って言っちゃうけど、立ち位置は、タイトルにも書いたけど、このセリフを言ったメンバー。 あくまでも、てるひは、そういうふうに見てきました。 20周年を迎えるSHOCKは、ここが揺らぐのか? それとも? この役に、上田くんは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

座長とお呼びする季節

令和元年11月。光一さんを座長とお呼びする季節がやってきました。10 月の梅田芸術劇場の千穐楽で、来年のSHOCKの告知があったそうですね。SHOCK? それとも、Endless SHOCKなの?KinKi Kids が大好きで、SHOCKを見ることはライフワークだと思っているてるひが、勝手に、来年のSHOCKを予想します。予想というよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

離れてくという恐れごと離さない Endless SHOCK 138/1645

2019年のSHOCKいかがだったでしょうか。 座長の問いかけに、拍手を送りました。 2月15日の夜公演を、お譲りいただいた方とご一緒に見させていただきました。 コウイチしか見てなかったのに、いや、見てなかったからこそ? わたしの心は、また少しライバルに傾きました。ネタばれを含みますが、良かったら。 オープニングで、これから観劇するオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Endless の先に見えるもの Endless SHOCK 137/1634

SHOCKとは舞台。 何年前だったか。。。SHOCKとは?の問いに、光一さんはこたえていました。 わたしの中にストンと落ちた。 SHOCKとは、SHOCKというジャンルの舞台。そう思って観劇してきました。 でも。コウイチの言葉をかりるなら、少し違っていたのかもしれない。。。 2月6日、Endless SHOCK夜公演を観てきま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

取らぬてるひのEndless SHOCKという舞台

2018年11月21日、Endless SHOCKの会見がありました。 番組協力、行きたかったなぁ(笑) もうすぐ、光一さんを座長とお呼びする季節がやってきますね。 つい最近、ナイツ・テイルが終わって「おかえりなさい」を言ったばかりの気がしますが…… お友だちに言われて、かるくSHOCK受けたことや、タツミへの思いなども含め、観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青から赤、その先に見えた…… Endless SHOCK 131/1589

コウイチの背中に羽根が見えた。大きな羽根だった。 いつ生えたのだろう。 2年前、違うステージをご一緒させていただいた方にお誘いいただき、2月26日(月)の昼公演を観てきました。 同じシーンで、違う何かを見つけたり、同じように感じたりして、ドキドキした日の感想文です。ネタバレしていますが、良かったら、ぜひ。 やっとパンフレット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

耳が拒んだ? その歌、そのセリフ Endless SHOCK 130/1583

認識してはじめて、そこに存在する。 すぐそばにあっても、意識しないと目には入らない。認識しない。 音も一緒だった。 耳に届いてなかった歌声とセリフに、やっと気づいた、2月21日(水)昼公演の観劇日記です。今回こそ?座長、カッコいい!を連発したいと思います(笑) ネタバレを含みますが、良かったらどうぞ。 はじめてのマチネは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コウイチに囚われた者 Endless SHOCK 129/1574

お友だちに誘っていただき、バレンタインディ観劇してきました。 ユウマに肩入れしたくなる理由が、また少しわかり、自分の視野の狭さを思い知った。 周りが見えなくなったらおしまいだぞ。 いえ、最初から見えてないんですよ、周りが。 結局、まだパンフ読めていない、開いてもない(涙) そんなてるひの観劇日記。ネタバレを含みますが、良かった…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Show must go onもやり直せるなら Endless SHOCK 128/1565

今年もSHOCKの季節がやってきました。 SHOCKとは舞台。そこに立つ人が変われば、内容も印象もがらりと変わるけど、座長のまなざしは変わらない。 2月7日(水)夜公演を観てきました。マイ初日になります。 思わず「あっ」と声を上げてしまった事を中心に、書こうと思います。ネタバレせずには書けませんが、良かったら、どうぞ。 この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

座長とお呼びする季節、その前に

2018年のSHOCKは、落選メール3通から始まりました。 11月22日(水)にEndless SHOCK 2018の制作発表があって、このblogを書き出したんだけど、アップできないまま、2か月がたっちゃいました。 その前の博多座千穐楽での話、2018年のSHOCKの予想とか書き散らしたものと、今朝、飛び込んできたすごいニュースの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1度きりのEndless SHOCK 2017秋 へ

梅田芸術劇場で行われているEndless SHOCK も、残り3公演となりました。 今年の秋のSHOCK は、1度きりと決めたものの、誰を見るのか、なにを見るのか決められないまま、劇場に向っています。 blogやツイッターでは、誰のファン?と言われそうなことばかり書いたり、つぶやいたりしてますが、基本、座長ガン見です。 今年の春は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜の海を歩く Endless SHOCK 2017 秋

9月8日 Endless SHOCK 梅田芸術劇場の初日を迎えますね。 おめでとうございます! 帝劇とは、ライバル役などのキャストが変わっての公演となり、また違ったカンパニーが見られますね。 梅芸、博多座公演も、カンパニー全員でかけぬけられるようお祈り申しあげます。 秋公演初日を記念して(?) Endless SHOCK」Origina…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄り添うあなたに涙した CONTINUE Endless SHOCK 125/1495

コウイチの夢は叶ったのか...... それはわからないけれど、幸せだったと思う。 なにかと引き換えに、コウイチはヤラの隣に戻ってきた。 自分の全てを伝えるために。 Endless SHOCK」Original Sound Track 2 の楽曲に寄り添いながらの観劇日記も、残り2公演分となりました。 まだ書くんかい……と、自分…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

音が消えた。檻が溶けた。合戦2 Endless SHOCK 124/1468

太鼓と鐘だけが響く、音階のない世界で斬り合う。 ショーのはずなのに、ほんとうの合戦のような錯覚に陥った。 2017年のSHOCKでは、ライバルチーム全員も性格付けがされ、みな、名前を呼ばれるようになりました。 役割を得たヤラ軍がおもしろくて、セットや演出をそぎ落としたジャパネスクに釘付けになりました。 サントラ聞きながら、未アッ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ONE DAY聞きながら、星に願いを Endless SHOCK 123/1467

なぜ本人を目の前に、不安を口にしてしまうのだろう。 どうして否定的な言い方をしてしまうのだろう。 その直後、流れ星に願い事をすることへの違和感。 ずっとリカという存在に疑問を持ち、自分なりの答えを探しながら、SHOCKを見てきました。 観劇から1カ月半以上たっちゃったけど、帝劇で初体験したマチソワ観劇の日に感じたこと、Origi…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

SHOCK千穐楽に思う。仲間がいるから、夢は続く......と。

3月31日、Endless SHOCK 2017 帝国劇場 千穐楽。 通算公演数1500回公演でもあります。 千穐楽、1500回公演 おめでとうございます! 創作でつまずいた時も、通院も、その他いろいろいろいろ、SHOCKがあるから頑張れる。 てるひにとって、観る事がライフワークとなっている舞台。 この記事は、体調の事も含みますので、気…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あれから6年、今日この日にありがとうを。

2011年3月11日、14時46分、てるひは帝国劇場にいました。 この記事を書くために、11年3月の記事を読み返しました。 SHOCKタグの記事、めっちゃ書いてたなぁ(笑) あの日を振り返り、2017年3月11日を迎えられた喜びを綴ります。 朝、カーテンを開けて、青空が見えると嬉しくなります。 6年前の今日、3.11も、朝…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コウイチという名の檻 Endless SHOCK 122/1461

ずっととらわれ続けている。コウイチという檻の中に。 もっと前から、ユウキ(だったかな?)という二十歳の青年と出会った時からか。 ヤラは、いつからとらわれているのだろう。 「おとなになっても、一緒に踊り続けようぜ」 そう言った、あの日からだろうか。 3月2日、Endless SHOCK 1461公演を見てきました。 光一さんが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

天に召されるにふさわしい美しさ Endless SHOCK 121/1452

天使だから。 森光子さんは、光一さんのことをそんなふうにおっしゃっていました。 コウイチは天使かもしれないけど、光一さんはどうだろね? 悪魔かもしれないなー(笑) 素敵な方にお譲りいただいた2月23日(木)昼公演の感想文。 てるひは、やっぱり光一さんファンと名乗れないかな~と感じたことなど、残しておきたいと思います。ネタバレを…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

しのび寄る影に見えた。Endless SHOCK 120/1442

スタッフを信頼しているから飛べる。 光一さんは、言っています。人力でのフライング。 ラダーフライングの時、2階に降り立つ演出元年、 けいこでは、1度も成功しなかったそうですね。 パワーとエネルギー、オーディエンスも送れていると信じたい。 2月16日昼公演、降り立ったコウイチは、りりしくもあり、儚くもあり。 今年は、SHOCK…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「1年だけど」その長さを思う Endless SHOCK 119-1425 vol.2

リカはこたえました。 「1年だけど」と。 1年という時間は、コウイチにとって、どの位の長さなのでしょう。 昨年の帝劇SHOCKから「1年だけど」 そうだとすると、今年の梅芸、博多座は「2年だけど」となりますね(笑) お友だちとてるひの初日から、ずいぶん時間がたってしまったけど Endless SHOCK 119-1425 v…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

全てを受け止めるため、ひとりでも進む Endless SHOCK 119-1425 vol.1

2000年11月から、SHOCKを見続けてきました。 2月2日、今年もお友だちと一緒に初日を迎える事ができました。 座席に着いた時の感動は、今までで1番だったかもしれません。 「何度も見ているのにね」 久しぶりに泣いてしまった、わたしたちの初日の感想文です。 ネタバレせずには書けません。しかも続きます。 それでも良ければ、ぜ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

その分だけ輝ける季節 Endless SHOCK 111/1349

「始まったね」 お友だちが言いました。 2月4日に初日を迎えた2016年のEndless SHOCKですが 翌5日に、お友だちに誘っていただき、観劇する事ができました。 観劇日から10日以上経過しちゃったけど てるひたちの初日の感想を、ざっくり残しておこうと思います。 さらっと書いて、パンフテキスト読むぞ(苦笑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Endless SHOCK 2016 初日への道

2016年2月4日 2016年のEndless SHOCKが初日を迎えました。 2月のカンパニーも、3月のカンパニーも それぞれの初日から千穐楽まで、全員でかけぬけられるよう お祈りしております。 つぶやきとほぼ同じ文章で始めてしまいましたが、 今日は、初日の進行を気にしながら、 SHOCKについてとか、2月2日に目撃し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

走り続けた座長に涙。Endless SHOCK 15th 1343

帝劇でタツミに会えていたなら、来る事はなかったかもしれない博多座。 去年に続いての、ぶらりひとり旅。 クールで、やさしいタツミをガン見する予定が、座長の凄さを再認識することになりました。 そして。マツザキは、やっぱりマツザキだった。 15.10.28 夜公演の感想を、一言だけ書いておこうと思います。 美波里さんがおケガの治療に専念され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美波里オーナーのこと Endless SHOCK 15th Anniversary 1298、99

15thのSHOCKも、あと5公演を残すのみとなりましたね。 てるひが梅芸で観劇したのは、9月16日夜、17日昼でした。 1299公演観劇前に、スマホからblog投稿をしましたが、 きちんとした感想を残す事ができぬまま、今日、博多座マイ初日を迎えます。 オーナーが前田美波里さんから植草さんに交代しました。 カンパニーは、どんな進化をした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そんな簡単じゃない。Endless SHOCK 15th 1298

誰の、どのセリフが本心なのか。観劇するたびに、わからなくなる。 そんな簡単な事じゃない。このコウイチのセリフだけは、本心だと思った。 走り続けてきたコウイチだから、こぼれた言葉だと。 タツミに会いたくて、見たくて。梅田まできてしまいました。 1300公演目前の、9月16日、夜公演の、感想文。 ネタバレしていますが、よかったらぜ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとつになること Endless SHOCK 15.3.25 vol.2

劇場に雨が降り始め、もう1度、Endless SHOCK のストーリーへ。 2幕は、ヤラのコウイチへの届かない呼びかけから始まります。 Endless SHOCK 15.3.25 の続きになります。良かったらぜひどうぞ。 「1年だけど」 コウイチが入院していた期間です。 1年…どれだけ長いんだよ~とツッコミたくなりましたが これって、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前へ進むことこそが Endless SHOCK 15.3.25 vol.1

ニュージカル「SHOCK」再開 公演で事故わが家でもとっている読売新聞に、記事が掲載されたのは、3月25日。 マイ千穐楽のことでした。なんという偶然。 また走り出したSHOCKの記事が、この日に掲載されるなんて。 まさにSHOCKは終わらない、Endlessだ。 そう思った日の公演を中心に今年のSHOCKを振り返ろうと思います。 3月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その夜です……とオーナーが言った。Endless SHOCK '15.3.20

走り続けるとはどういう事なのか。 ずっとずっと考え続けてきました。 自分なりの答えが出せぬまま、2000年の初演から 100公演以上もSHOCKという舞台を観てきました。 1度も事故によるケガ人を出しだ事がなかった奇跡の舞台。 そのSHOCKに、あってはならないと座長が言うことがおきてしまいました。 一つ前のblogに書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more