KinKi Kids M album あの頃の痛みを今歌う。side Memories 感想

MomentsとMemories。今、この一瞬と、思い出、追憶。 新曲とセルフカバーの2枚組のalbumが発売されましたね。 今年は、albumはないかな~と思ってただけに、嬉しかったです。 フラゲした日に、聞きながらしたつぶやきも引用しながら そうだなぁ…セルフカバーの方から、感想を書いておこうと思います。 剛くんに先越され…
トラックバック:0

続きを読むread more

OGIRI WO SUTETA 魔法使いに「したいんだどうしても」と言われて '14.11.27 昼

OGIRI捨てて、なに拾ったの、ツヨポッターさま? 第24回 堂本剛独演会「小喜利の私」にはじめて参加。笑ってきました。 小喜利ってなに?…と、全くわかってなかったてるひ。 家族には「剛くんのお話し会」行ってくる~と言ったのですが ’14.11.27 昼公演は、まさにお話し会(トークショウ)で。 前半7つ。後半10で、合計17…
トラックバック:0

続きを読むread more

『桐島、部活やめるってよ』を読んで思い出した私の帝

高校時代「帝(ミカド)」と呼ばれていた男子がいました。 呼んでいたのは女子だけで、本人は知らなかったと思いますが きれいな男の子でした。 最近、勉強会のために朝井リョウの本を何冊か読んでいます。 デビュー作である『桐島、部活やめるってよ』も読み直しました。 神木隆之介さん主演で映画化もされましたよね。 神木さんは、てるひ…
トラックバック:0

続きを読むread more

王道ラブソング『鍵のない箱』 どぅんつくぱのこととか。

運命ってあるのかな~と思った。 先週土曜(11/15)の午後の渋谷センター街、 1日遅れで、KinKi Kidsが表紙のオリスタを買って、街に出た瞬間だった。 空からメロディが降ってきた。 「これ!」と見上げると、ビルに阻まれて、空はほとんど見えなかった。 11月12日に発売された『鍵のない箱』ですが、 フラゲしたのに封…
トラックバック:0

続きを読むread more

朝井リョウが、そして、わたしが感じた違和感『世界地図の下書き』

ずっと一緒にいてくれる? 実現不可能な問いかけであり、願い。 答えがほしかったわけじゃないのかもしれない。 逃げたっていい。むしろ、逃げろ。 『世界地図の下書き』の表紙は、綺麗で、あまりにも悲しかったので 朝井リョウが感じた違和感に寄り添ってみました。 物語の主人公、太輔は、交通事故で両親を1度に亡くし 子どものいない…
トラックバック:0

続きを読むread more

コウイチという生き方。Endless SHOCK 14.10.29

何年か前に「コウイチと言う死に方」というタイトルで、SHOCK感想文を書いたことがありました。 その時よりは、少しSHOCKがわか?ようになった気がします。 死ぬこととは、生きること。 一つ苦しめば、一つ傷つけば、表現が作れる。ボロボロになる。その分だけ、輝けるんだぞ。 たくさん苦しみ、傷ついて、ボロボロになったウチ。 きっと…
トラックバック:0

続きを読むread more

剛くんから生まれた音でキレイになれた日。FUNK詩謡夏私乱10.3 vol.2

ライブでCDと一緒の音を聞いてもしかたがないでしょ? そんなニュアンスのこと剛くんは言った。 あの大定番の歌『Love is the key』のこと FUNK詩謡夏私乱の感想文vol.1に書くのを忘れてました。 どうしてなんだろう。すごくすごく印象に残っているのに。 千穐楽から10日もたってしまったけど、FUNK詩謡夏私乱 感…
トラックバック:0

続きを読むread more

『鍵のない箱』初聞き。futariの心で迷子になれるなら

10月6日(月)になんかありそうだよね。 先週、FUNK詩謡夏私乱 千穐楽に一緒に参加したお友だちと そんな話をしていたのです。 そしたら、来ましたね! てるひ的には、1番欲しかった新曲発売のお知らせが! KinKiの年末年始ライブのお知らせは、しようかしらん終わった後かな? でも。去年ライブがあったから…と言って、今年…
トラックバック:0

続きを読むread more

声に音に音が重なり、私乱れ謡の波で乱舞した FUNK詩謡夏私乱’14.10.3 vol.1

むなくそ悪い……と思うことを抱えてる時に、美しい作品が出来上がる。 暗い、暗い、心の闇から泣きながら生まれてきた作品は なぜか……他とは違う輝きを放つモノが多い。 『これだけの日を跨いで来たのだから』 この歌を、剛くんは、なぜ今歌うのだろう? 10月3日 FUNK詩謡夏私乱 東京国際フォーラムの感想文。 途中までだし、大ざっ…
トラックバック:1

続きを読むread more

Final FUNKの前に、blogしようかしらん

10月になりましたね。 2か月以上もblogを書いていませんでした。 こんなblogなのに、過去記事にblog気持玉を押してくれる方がいたりして 嬉しいやら、恐縮するやら・・・ 夏の間、後輩グループのライブに参加させていただいたり 渋谷でFUNKしたり、梅芸でSHOCK観劇したりしておりました。 そんなてるひが、もうヲタじゃ…
トラックバック:0

続きを読むread more

17回めのデビュー記念日にありがとうを。

今日は7月21日… まったり応援している、KinKi Kidsのデビュー記念日です。 CDデビュー17周年おめでとうございます! 17年前、1997年7月21日も、月曜日でした。 デビュー日なのにイベントもなく、剛くんは、日本にもいなかったンですよね。 futariを応援し続けた17年(デビュー前から応援してたけど)を 7月…
トラックバック:0

続きを読むread more

”らしく”ある事を考えた。KAT-TUN 『In Fact』

”らしさ”とはなにかもわからず、ダメ耳で聞き、まっさらな脳が感じた。 普段、無音の世界で生きているてるひの お友だちのおかげで聞く事ができた、KAT-TUNの『In Fact』の感想文。 めっちゃ偏ってますし、全然わかってないよ…と言われそうですが よかったら、ぜひどうぞ。 今回、KAT-TUNの最新シングルと最新のalb…
トラックバック:0

続きを読むread more

その背中に羽根… 「フォレスト・ガンプ」’14.6.12 東京グローブ座

人生がチョコレートの箱のようなものなら、 わたしは、嬉々として、その箱をあけるだろう。 どんなチョコでも、入っているだけで幸せだから。。。 世界で始めて舞台化された『フォレスト・ガンプ』を見てきました。 主演は、田口淳之介くん。年齢不詳な感じもする抜群のスタイルと オーディエンスをエキストラに仕立て上げる、東京グローブ座という…
トラックバック:0

続きを読むread more

母親という檻 ドラマ「プラトニック」第2話の今さら感想

檻に閉じ込められたのは誰? 誰を苦しめるためのものなのか? 名前を明かさない青年。 明かさない事に不自然さを感じ、 夫を切り捨てる事に成功した沙良の… 綺麗すぎる、にっこりの口に、歓喜を覚えた第2話。 第3話の前に、今さらすぎるけど、簡単な感想を残しておくことにします。 ピュアな恋愛、純愛ドラマとして「プラトニック」を見て…
トラックバック:0

続きを読むread more

友だちになってはいけない『密話』石川 宏千花 講談社

メアリーは、幸せだったと思います。 メアリーを見つけてくれたマミヤくん。 誰も見つけてくれなかったなら、いないのと同じ。 見つけてはじめて、そこに存在する事ができる。 マミヤくんは、名前もつけてくれたのですから。 大好きなマミヤくんのために…メアリーは行動をおこすのでした。 石川宏千花作『密話』の感想です。良かったらぜひ。 …
トラックバック:0

続きを読むread more

名前がない役を剛くんが ドラマ『プラトニック』

名は体を表す…ということわざがあります。 名前を決めた瞬間から物語が動き出す。そんなふうに思っていたけど ドラマ『プラトニック』で、剛くんが演じるのは、青年の役。 通行人Aじゃないいのに、名前がない。 名前を明かす事によって、関わりを持たないように、なにかが始まらないように。 そんな配慮があるのかな。 剛くんの役に名前があっ…
トラックバック:0

続きを読むread more

澪つくし守ってくれるなら…このまま・手をつないで9周年を迎えました。

霧の中で、はじめて記事をアップしてから、9年がたちました。 開設当初は「今日、こんなことしました」を書いていくつもりだったのに、 ♪澪つくし守るよ キミだけをこのまま♪とfutariが歌うから つい。。。KinKiが好きだと書いてしまい、 KinKi Kids中心に話すようになっていきました。 そんな9年間、おつきあいくださっ…
トラックバック:0

続きを読むread more

剛くん35歳おめでとう!自分を信じ、プラトンのようである~ということ。

剛くん、35歳のお誕生日おめでとうございます! 20年前、剛くんと出会えたこと 同じ時代を生きられることに「ありがとう」を。 日々新たである事の素晴らしさと、むずかしさ。 剛くんは教えてくれました。 SHOCKを終わらせられないまま4月になってしまいました。 千穐楽のお祝いをしたいと思っていたけどできなくて。 先週、沸…
トラックバック:0

続きを読むread more

ライバルとは… Endless SHOCK 1128

生か死か…… それが問題だ。 どちらが男らしい生き方か? そうでしょうか? 選べるなら生きるべきですよね。 そう思ってしまうのは、わたしが、争いや命の危険の少ない今に生きているからかもしれません。 1100回公演、1111回公演をかけぬけ、帝劇千穐楽に向けて 全員で走り続けるカンパニー。 Endless SHOCK 20…
トラックバック:0

続きを読むread more

ウチを見たいと思った…Endless SHOCK 2014 を語ってみる。

去年、2幕を中心に、大きく流れが変わったEndless SHOCK。 今年の初日の映像を見た時だったか、 初日のつぶやきを眺めてた時だったかな。 そうきたか!~と思った演出がありました。 いや、そうしちゃったのね…と残念に思った変更でした。 2月に3回観劇したけど、1度も感想を残せてないので 残念に思った演出についてだけでも…
トラックバック:0

続きを読むread more

Endless SHOCK 2014 本日初日!

Endless SHOCK 2014 初日の幕が上がりましたね。 帝国劇場の周りも、雪が降っているのでしょうか。 新しいオーナーと、リカを迎えてのEndless SHOCK 2014 どんなふうに進化したのでしょうか。 千穐楽まで、カンパニー全員で走り抜けられますように。 去年、女性オーナーを迎えることで 大幅にストーリ…
トラックバック:0

続きを読むread more

生きるための想像力とたくましさと。冬眠する熊に添い寝してごらん。

冬眠する熊とは、なんのことだったのか。 添い寝するとは? わからない、理解できない=おもしろくない。つまらない。 この公式が成り立たない舞台でした。 おもしろかった。いっぱい考えた。もちろん勝手に(笑) 難解であることが愛しいと思えた『冬眠する熊に添い寝してごらん』の感想文。 添い寝してごらん '14.1.17 の続きになり…
トラックバック:0

続きを読むread more

わたしが悪いのかもしれないけど

買い物した時のレシートって、確認してますか。 わたしは、コンビニだと、つい忘れがちで… そのせいで、今回、ちと面倒なことになってしまったのです。 1月初旬…読書会の課題本を、ネットで注文しました。 文庫本にもなっている本なので、本屋さんに行けばよかったのですが コンビニ代引きで受け取る事にしました。 おまけつき(笑)…
トラックバック:0

続きを読むread more

添い寝してごらん…そう言われたらどうします? 冬眠する熊に添い寝してごらん '14.1.17

~してごらん。 誰かに、そう言われたら、あなたならどうします? その言葉に従いますか?反発しますか? 上田竜也くんが主演するという舞台のタイトルを聞いた時 震えを覚えずにはいられませんでした。 お友だちのおかげで、1月17日の昼、ものすごい席で観劇できました。 もう1度見たいと思った『冬眠する熊に添い寝してごらん』の感想文。…
トラックバック:1

続きを読むread more

「やめちゃいなよ」の1年となるか「きみは悪くない」の1年になるのか?

2014年が始まり、光一さんの35歳のお誕生日から1週間がたちました。 今年も、東京ドームで1年を始めることができました。 剛くんと、お友だちと、一緒に光一さんのお誕生日をお祝いできて 幸せなスタートがきれたと思います。 今年は、1月に10コくらいはblogしたい …などとつぃしたものの、これが初blog(苦笑) こんなてる…
トラックバック:0

続きを読むread more

2013年を懺悔する。

2013年が終わろうとしています。 1年を振り返る記事を、今年も書くことにします。 努力なくして叶う夢はない。 疲れないことに楽しいこともない。 そんなことを改めて思った1年でもありました。 2013年も東京ドームで始まりました。 光一さんのお誕生会(笑) 1月は、東山さんとKAT-TUNの田口くんの舞台を見に行き…
トラックバック:0

続きを読むread more

出会ったことがキセキだと思うから Lコン大阪に参加して

なぜ好きなのか…考えたことなかった。 好きなものは好き。futariのことも、楽曲たちのことも。 愛があるから生きられる。 生きることは、愛すること。 どちらが欠けても、KinKi Kidsじゃない。 東京公演も始まったけど、てるひが覚えておきたい事を中心に もう少しだけ…大阪の感想を書こうと思います。 ネバたれしています…
トラックバック:0

続きを読むread more

KinKi Kids Lコンサート初日ひとこ と感想

「十手みたいだね」 12月22日、KinKi Kids Lコン初日、この日の同行者のお友だちが、言いました。 買おうかと思ってたペンライト。ま、いっか~と思っちゃったけど、買わなきゃいけなかった。 Lコン初日の感想のようなもの。お友だち目線を取り入れながら、書き残しておこうと思います。 途中まで、23日のライブ前に書いていたもの…
トラックバック:0

続きを読むread more

KinKi Kidsの歌声に抱かれて。

無音が好きなてるひが、心地よい、大好きと感じるのは、光一さんの声であり、剛くんから生まれる音であり、 なによりも、ふたりのハーモニーです。 全く違う声なのに、混じりあうと、どちらがどちらの声かわからなくなってしまうのは、なぜだろう? デビュー前から考え続けているけれど、いまだにわからない。 12月22日、Lコン初日。ふたりの歌声…
トラックバック:0

続きを読むread more

約束を守るために『永遠の0』試写会 vol.2

守ることが、とても難しい約束でした。 妻と約束することで、自分自身を奮い立たせていたのかもしれません。 約束した時点では、実現可能な約束だったかもしれません。 でも、戦局は悪化して、そして… もう少しだけ、映画『永遠の0』の感想を原作も引用して書こうと思います。 『永遠の0』試写会 '13.12.2の続きです。ネタバレを含みま…
トラックバック:0

続きを読むread more