不等辺だからこその輝き 15TH ANNIVERSARY LIVE KAT-TUN 21.3.22

ギリギリで……生きていたい
名曲の歌詞を体現してきたグループだと思う。
15TH ANNIVERSARY LIVE KAT-TUN ライブ配信を楽しみました。
知らない曲があっても、こんなにも誰でも楽しめるライブは、なかなかないんじゃないかな。
ドキドキした時間の記憶を残そうと思います。
勝手な解釈になりますが、良かったらどうぞ。

改めまして。KAT-TUN デビュー15周年おめでとうございます!
6人でKAT-TUNを始められたから今がある。
3人がそう言えるって素晴らしいなって思います。

始まりの映像から、登場のしかたも、3人それぞれでした。
くわえてたタバコ(だと思う)投げ捨て、壁を蹴り倒して登場。
船のマストが巻き上がると、そこに。王子さま?
サングラスをかけ、高いところから、鳥籠のようなものに乗って降りてくる。
なにかを打ち破り、取り去り、過去にして、今のKAT-TUNがある。実感させてくれました。

曲の感想などは、ハイフンさんのSNSをご覧いただくとして。
好きな歌、いいなと思った演出について、勝手に感想を書かせてもらいます。
衣装も色調を合わせているけど、それぞれで。
パレオ(のような?)腰につけた亀梨くんの衣装、好き。

Real Face #2で登場してからUNLOCK。歌いながら歩いてセンターステージへ。
噴き上がる噴水。いいよね。
5曲めのBIRTH。亀梨くんと上田くんの声がわからなくなる。中丸くんの声は、ふたりと少し質感も音も違うんだよね。
迷宮に迷い込み、道標を見つける。そんな感覚。

ピアノの音にのり、小さなステージが、段違い上昇していく。
6曲め、光跡 ♪別れもそこからはじまる道になるだろう だったかな?
KAT-TUNが歩いてきた道って、まさにそうだなと思いました。
ひとりひとりが違う道も行き、合流して、ひとつに。
3人そろって奈落へと消えていきました。

お着替えタイム。白い大きめなボールで遊ぶJr.くんたち。
ダークな衣装に着替えて戻ってきた。7曲め、Desire。
担当カラーなのかな?ソファに座る、くつろぎながら歌う3人。
白いボールもいろいろな色に変わる。
混ざり合うことで色が変わる。おもしろい3人。

SADISTIC LOVE では、上田くんがJr.を踏みつけにしてたけど。
中丸くんもやってみたら、どうかしら?
それはなし?
10曲めでトロッコ出動。メインから外周を行き、センステへ。
好きだなーと思った曲の名前、Keep the faith

この後、ダンスするJr.を紹介していきます。
みんな名前が出てたね。得意なこと披露してたのかな。

水音が聞こえて。
センターステージにひとり。Rain。
大好きなRainが流れた時に、なんで新曲歌わんの?と心で舌打ち。ごめん、亀梨くん。
Pure Ice も続けて歌ってくれました。幻想的な世界観が好き。

花道の向こうに、現ではない世界が広がっていました。
キツネの面つけてる? 着物姿の妖たちが踊ってる。
この世ではない世界を連想する曲だけど、洋風をイメージしてたけど誓ってた。嬉しい裏切り。
爆音が聞こえ、キーをじゃらりと鳴らしました。
バイクと思いきや、馬!
ひらり馬にまたがる亀梨くん←映像ね、素敵でした。

中丸くんソロ。4人のJr.が踊る、change your mind
みどりのレーザーとくものようなな漂うなにか。
この世界も好きだな
言葉をはさめない感じでした。

バス停に可愛いヤンキー。アニメで登場。ヤンキー片想い中。
メインステージでスタンドマイクで歌う上田くん。
長ラン着たおじさまヤンキー従えてます。
コシオカ、マツザキじゃないね。振付してたけど。
女の子、来た! デカイけど。だれ?
「タニムラ、さようなら」と言ってた。女の子の名前みたい。
踏んづけらてたよね、タニムラくん。

大太鼓とホイッスルの音。応援団みたい。
スタンドマイク担いで前に出たり、カッコよかった。
楽しかったです。

ピアノの音がきれいだった。ツキノミチ
それぞれの違う場所に姿を現した3人が、集合して、MCへ。

この時だけ、メッセージが送れたようですね。
おめでとうとありがとうがさくさん。
おめでとう以外のことば、知らないの? なんて愛あるツッコミもしてました。

2021年の新曲です。日テレ系プロ野球中継とGoing!テーマ曲、Light and Blue。
ステージを彩るライトが、意志を持って動いているようでした。
前へ。が際立つ歌ですよね。

花道に光のトンネルが出現。色も変わります。その中を歩きながらメインステへ。
FALL INTO U 1番と言っていいほどイイなと思った演出です。

この歌の後、時を刻む音が流れ、今までのライブグッズが映し出されます。15年前に戻ったのかな?グッズが少しずつ増えてく。
ペンライト、うちわ、Tシャツ。
おじいさんになった3人が、振り返ってる演出でした。
可愛いおじいちゃんたち。

船。波の音が聞こえ、航海に出ます。
もう何曲めかわからなくなったけど。ここからメドレー。
Le Ciel 〜君の幸せ祈る言葉〜
デビューが決まった時?結成された時? 美少女がいたよね(笑)

THE D-MOTION
天狗星から天狗さんたちが降臨します。
赤、ピンク、黄色(オレンジかも)の天狗さんが、鼻をへし折りあたっりして遊んでます。
誰かを探してる天狗さん。あと3人位いたよなーと言ってた。
デビュー決まって、天狗になった様を見てもらう?
そんなふうに言えちゃのは強いよね。まさに、勝つ運だ。

歩道橋 の夕空も、いいなー。こういう歌と演出をはさんでくるのね……と、まったり聞いてたら、センステで水も炎も、15周年を祝って踊りだしました。
この歌もメドレーで歌うの?豪華すぎる歌たちを、これでもか……と披露していきます。
3人が、手をかさねあわせて、上へ。
ベタだけど、好きです。

中丸くんのヴァイスパーカッション。上田くんのラップも披露したり。
Loner 見てる方が息切れしてきた。素敵を取り込みすぎて、おなかいっぱいのはずなんだけど、まだまだ見たい。

Jr.がフラッグを振ります。ざわめきや歓声の中、3人が登場します。
バックのスクリーンに、むかしのライブの写真、そして!ファンからのメッセージが流れます。MCの時にハイフンのみなさんが贈ったメッセージかな。
すごいな。画面のあちらとこちら、両方がつながって、感動を紡いでる。
そのハイフンさんたちのお祝いの言葉に抱かれて、3人が歌います。

そしてラスト。Roar
この歌、てるひの中でデビュー曲を超えたかも。そのくらい好き。
亀梨くんから歌い出す。どんどん引き込まれていく曲です。

年老いた3人が写真を見ている映像が流れます。
ずっと……の約束なのかな。この映像を挟み込むのは。

そして。アンコール。ボタンが出てくるらしいけど、あえてフルスクリーンのまま待ちました。
アンコールと手拍子しながら。

We are KAT-TUN きた!
いつかの夏に踊ったよ。ペンライトは武器のものではなかったけど。
3人の後ろに、踊るハイフンのみなさん。

to the NEXT
亀梨くんからご挨拶です。
3人のが歩いてきた道を思うと、涙が出ました。
ふたりがいてくれたから。
6人で始められたことは、いろんな意味ですごい事だったと思います。
その時、その時で、カタチを変えざるを得なかっただろうけど、ひとりひとりが力をつけた。長さも質感も色も違う三角形。ギリギリで生きてきたからこそ出来上がったって事でしょうか。

中丸くんが「声が聞こえる」とか言い出して。アンコールって言ってるって。
デビュー日だから、特別な日だから……とWアンコール。

特別な曲です。PRECIOUS ONE
ここにはいない3人の声も聞こえたような気分になりました。
15年を網羅したライブ。振り返ることで前を向く。
ひとり、ひとりが、それぞれの場所でパフォーマンスし、3人が集まり進む。そんな演出も多く、そこに彼らの意思を感じました。

アーカイブもあります。誰でも楽しめるライブなので、心を洗いたいとか、ぴょんぴょんしたいとか、元気になりたいとか、そんなノリで、曲を知らなくても楽しめました。

楽しかったと言いたいだけのblogに、最後までお付き合いくださり、どうもありがとうございました。

21.3.22 KAT-TUN.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント