3年生に進級できました。

診察に入ると、主治医のたまちゃん先生が、わたしに椅子をすすめました。
「する事があるので、座って、少し待ってて」
呼び出しアナウンス入れたのに、待ってて、どういうこと?
不安に襲われました。無意識に、まゆをひそめていたようです。
先週受けた、術後2年検診の結果を聞いてきました。
記録に残すための体調のみのblogになりますが、良かったら。。。

「てるひさんのことじゃないから」
たまちゃん先生の一言で、ふっと肩の力がぬけました。
なにか思わしくない結果が出ていて、いきなり治療が始まるのかーとか、新しいお薬のパンフでも持ってくるのかと思ったのですが、どうやら違ったようです。

「体調はいかがですか?」
診察は、いつも、この問いかけから始まります。
小さいことを言い出したら、いろいろある。
頭痛がする日も、なんとなく元気が出ない日も、関節が痛い日も。
でも、寝込むほどではありません。小さなこと。

大丈夫の意味でうなずくと、先生は、マンモグラフィの画像をパソコン上に映し出しました。
「なにもありませんでしたよ」と言いながら、あきらかに他と違う形状になっている、切除したあたりを示しながら「血流は通っていないですし」とか「放射線の目印のクリップです」などと、マンモに続き、エコーの画像も見せてくれながら、ていねいに説明してくれました。
血流が通っていると、しこりの可能性があると説明してくれましたが、その心配はないとのことでした。

血液検査も、腫瘍マーカーのCEAは、微減、CA15-3は微増。0コンマいくつの変化、低めでの推移で、問題なし。肝機能なども問題ありませんでした。
白血球も低めだったのが、基準値内に。

術後2年検診は、血液検査、マンモグラフィ、エコーと骨密度の検査でした。
マンモは、技師さんが、とてもていねいだったことと、にっこり笑って受けたので、痛みは一瞬。機械から離れた時には、痛みを忘れるほどでした。
エコーも、さくさく。不安に思う動きはありませんでした。

CTは10月に撮影したので、今回はありません。
念のため、保留となっていた、放射線科からのコメントはあったのか聞いてみました。なにか良くないコメントが入れば、電話をもらえる約束でしたが、電話はありませんでしたけど。
先生は、改めて「なにもないです」と言ってくれました。

骨密度は、ホルモン剤の服用を始めた1年半前と比べると、マイナス5でしたが、薬の処方と注射をするほどではないとのこと。
バランス良い食事とウォーキングなどの運動してくださいねと。

「このままの状態でいくためには?」の質問にも「ホルモン剤を忘れずにのむこと」とだけ言われました。それにつきますよね。信じて、忘れずに服用する。
あとは、骨密度の観点からもヘルシーな生活をする。

乳腺外来が終わり、ニコニコで放射線科へ。
放射線の先生から、病気ではないんだけど~と前置きされて、
術側の肋骨骨折が治った後があるとの指摘を受けました。
CTに、確かに小さな骨折あとが映っていました。

今年の2月頃、咳をするとメチャクチャ痛かった左の脇のあたりです。
この話は、たまちゃん先生と放射線の先生には話していて、放射線の先生も入力しておいてくれたようです。
やっぱり折れてたの?
レントゲンは2度撮ったけど、映ってなかったようですが。。。

今となっては、咳による疲労骨折だったのか、どこかにぶつけたのか定かではありません。
照射により、健側より折れやすいから、気をつけてね~と。
そのせいかはわからないけど、今回で卒業かと思った放射線科ですが、半年後に受診となりました。

外来の前日、おしゃべりサロンに参加しました。どうしても会いたいお友だちが、参加すると聞いて。
検索でたどり着いたブログの書き手が、お友だちなのか確かめたかったので、まずその話を。
ビンゴでした。
そのお友だちにも誘っていただいたので、来年から、ヨガ(……と言っても、がん体験者のです)に挑戦することにしました。
運動しなきゃ。歩かなきゃ。

今、言いたいことは、ふたつだけ。
がんばれ、わたしの前髪とホルモン剤!

記録に残したいだけのblogに、最後までおつきあいくださり、どうもありがとうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント