このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 取らぬてるひのEndless SHOCKという舞台

<<   作成日時 : 2018/11/23 18:10   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018年11月21日、Endless SHOCKの会見がありました。
番組協力、行きたかったなぁ(笑)
もうすぐ、光一さんを座長とお呼びする季節がやってきますね。
つい最近、ナイツ・テイルが終わって「おかえりなさい」を言ったばかりの気がしますが……
お友だちに言われて、かるくSHOCK受けたことや、タツミへの思いなども含め、観る事がライフワークのSHOCKのことを、勝手に語ろうと思います。

繰り返しになりますが、てるひは、KinKi Kidsファンです。光一さん、剛くん、どちらのソロも、全力援しています。念のため。
Endless SHOCKの会見があった後も、剛くんと、井上芳雄さん&光一さんのSONGSを交互にリピしながら、SHOCKの申込日時を、ぐるぐる考えています。
光一さんのソロのお仕事が決まると、無性に剛くんに会いたくなるんですよね。

そんな、てるひは、リアル図書委員だったし、エセ文学少女のままおとなになったので、舞台を見ると、歌とダンスよりも、物語を見ようとしちゃいます。
SHOCKだったら、コウイチの死に方とライバルの物語を。
ナイツ・テイルも、命を落とす役なのね、宿敵でまたとない友と、愛した姫に、重いものを背負わせる役かーと、プレ前は思ってました。
でも、違いました。悲劇と思いきや、大団円。
……って事は? SHOCKも、コウイチが、命を落とさない物語へと進化する日も来るかもしれないよね?と思い、嬉しくなりました。

Endlessからの脱却っていうのかな。
意地を脱ぎ捨て、階段落ちをしなくなる日が来るかもしれない。
そしたら、物語は変わるよね?

SHOCKを、ミュージカルにカテゴライズしてもいいか疑問に思っています。SHOCKというジャンルじゃないかと。
コウイチが命を落とさないで「CONTINUE」を歌う日が来るかもしれないし、こないかもしれない。
てるひの期待を裏切る進化があるかもしれない。
今まで通り、ゆる〜く見守っていこうと思います。

てるひは、お友だちの観劇日を聞いて、可能な限り、追っかけ観劇するのが好きです。ストーカー観劇と呼んでいます(苦笑)
追っかけさせてもらってる、お友だちのひとりが、ナイツがあれば、SHOCKはなくてもいい(ニュアンスです)発言をなさり、勝手にSHOCKを受けました。
えぇー。そうなの? ナイツはおもしろいよ。なんとかラスト観劇で、エミーリアに寄り添えた気はしてるよ? 謎のあるひとに魅かれる気持ち、その気持ちへの戸惑いとか、愛されるだけじゃなく、愛したいという願いとか。
”宿敵で”と、”宿敵が”の違いもわかったし、観劇するのは楽しかったです。
でもね。毎年、ナイツを上演できるとしても、SHOCKがないのはイヤ。
うん、イヤです。

それから、辰巳雄大くんのこと。
剛くんを兄と慕っている辰巳くんのことを、いいなと思ったのも、SHOCKでした。
ふぉ〜ゆ〜4人でライバルチームを演じていた頃です。何年だったかな
ライバルの告白シーンで、タツミだけが、違う動きをしていたように見えたのです。あくまでも、てるひには……ですよ。
ライバルに誰よりも寄り添おうとしてるな〜と感じ、タツミに興味を持ちました。

それから、なんとなく追いかけるようになり、辰巳くんの舞台には、今では、必ず行くようになりました。
来年の3月、新橋演舞場での舞台が決まっていたので、辰巳くんが帝劇SHOCKに出演する事はないだろうとは思っていました。
ただ1つの可能性をのぞいて。
この希望的可能性は、今となっては笑い話ですが、2月にタツミ、3月に違う誰かが、月替わりで、ライバル役をしてくれたらいいなーというものでした。
いつかそんな日がきてくれたら嬉しいな。

Endless SHOCK 会見の番協には、500人のファンが招かれたそうですが、てるひに招待状は届きませんでした。
会見にファンを呼んだのは、来年、大きな変化があるからじゃないか?
そんな期待にドキドキしすぎて、お腹がこわれるほどでした。緊張すると、お腹こわすの、わたし。

翌日22日が情報解禁と流れていたので、一晩、出演者のこととか、勝手に考えて楽しもうと思ってたのですが、会見終了後1時間ほどで、FCなどから、わらわらと3通続けて、SHOCK申込メールが届きました。
なんてこったい。

勝手に、こうかな?と予想してた事は、ことごとくはずれ。
座長にしてやられました。

ライバルは、内くんだろうと思ってました。これだけは当たり。
川島如恵留くんの出演は、予想していましたが、寺西拓人くんとの入れ替わりかなと思ってました。
寺西くんの名前はありました。出演は帝劇だけなのですね。
ふぉ〜ゆ〜の卒業。これは大はずれでした。ふたり出演するもんね。
松崎くんの名前もなかったので、辰巳くんと松崎くん出演舞台「タイヨウのうた」再演してくれないかな〜とか考えたりも。

会見から一夜明けて。
出演予定のみなさんが、ずらり並んでいる絵を見て。
座長、申し訳ない。誰よりも先に、辰巳くんに目を奪われました。
なんで、タツミ???
今年は、西での公演があるのですね。
ライバルは中山優馬くん。
てるひに遠征しろって事ですね。
相方には、その日のうちに、博多行きを宣言しました。梅田なら、こっそりでも行けますが、博多は、ちと難しいんで。
あ。梅田には行くようだけど、博多座は発表されてない?
もしかすると新劇場に行く可能性もあるのかな? 名古屋とか。

来年のSHOCK、そんなに大きな変革はないのかな。
リカもお姉さんで、コウイチに憧れる設定にも、あまりムリはないし。
新しい歌は?
車のマジック、まだあるんかな?

FCの当選結果が出るまでが、1番、幸せかもしれないです。
中山優馬くんのSHOCKは70。今年、いくつ積み上げるのかな。
てるひを追い抜くのは、いつになるかな?

そんなどーでもいいことばかり書いてるblogに、最後までおつきあいくださり、どうもありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
取らぬてるひのEndless SHOCKという舞台 このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる