『夢を見れば傷つくこともある』初披露の日のふたりどヤ!

火星人のJr.は、どんなダンスを見せてくれるのかな
ふぉ~ゆ~のたっつんみたいな子がいたら、
ばりばり応援しちゃうんだけどね。
なんとかなんとかで、なんとかなんとかのふたりどヤ!
新曲『夢を見れば傷つくこともある』も聞けたので、
忘れるくらい久しぶりに、ちょこっと感想書いておこうと思います。
まっさらな気持ちで新曲を聞きたい方は、スルーしてくださいね。

ネットレコーダーのおかげで、どんなもんヤ!は、ほとんど聞いてますが
深夜だからこそのノリを、リアタイできないから、レポはしてませんでした。

それ以前に、書きかけのblog(つまりゴミ)ばかり増えてまして。
夏から秋にかけて、けっこうヲタごと多かったんだけどね。
深田恭子ちゃんと同じ日に観劇した、亀梨くんの音楽劇、
玉森くんドリボ、京本くん出演エリザベートなどなど
いわゆる担当外の舞台も、お友だちのおかげで、いろいろ見たなぁ。
全滅したTUにも、TU~苦ショーにも幸運にも行けたし。

あ? 久しぶりのblogなので、生存報告などしてしまいました。
どヤの感想でした。

ひさしぶりのふたりどヤ!
火星に生命がいると思うか~の話から。
バクテリアみたいなのはいるだろうと、てるひも思うけどね。
そのうちもJr.に火星人も入ってくる~と剛くんが言いだしたのを
冒頭に書いてみましたが、たこみたいな火星人の子だったら
ヒップホップな感じのダンスは、うまそうかな。なーんて。

剛くんならではのおかしな展開も、がっつり受け止めてくれる光一さん。
ふたりどヤ!ならではの空気感、やっぱり大好き。

「なんでもこいやのフツオタ美人」では、Mステ10時間SPのおたより。
Jフレンズ復活はめちゃ嬉しかったし、またライブして~とか思うけど
笑ってただけで、メンバーの誰も話さなかったのは、KinKiさんだけよね?
同級生はいるか~の質問の時に、誰も名前をあげてくれなかった
剛くんと三宅健くん。仲良く目を合わせてるふたりが可愛かったですよね。
光一さんと剛くんのふたりがいるからこその、やわらかい空気。
やっぱりイイですよね。

ごうくんの「(太一くん)あんまり好きじゃないです」発言。
『ごうが~』と言った、光一さんの言い方も、なんか好き。
Jフレの(苦笑)きれいどころと言われた、光一さん、ごうくん、長瀬くん。
ごうくんが好きになるストライクゾーンは、光一さんとどっちが広いだろ?
そんなことを思ってしまったてるひでした。

リーダーが止めに入り、わちゃわちゃして、そのままリーダー胴上げ
……してほしかった~という光一さん。
あの感じ始まると、入れない、入らなかった……という剛くん。
そーだよね。

トイレ用スリッパを置いてないという、光一さんと剛くん。
他の部屋と同じくらい綺麗にしておけばいいから、おかないらしいけど
剛くんの言う「こっからちゃいまっせのプレゼンのトイレ」だけど、あたしんち
目地じゃなくて、クロスだけど、スリッパ置いてませんです。

「これってアウトかな」
お風呂上りが、たきたてののりたまかけたご飯のにおいのするお父さん???
メールを読む剛くんに、光一さんの「えっ?」がおもしろかったです。
そのにおいが想像できひん
たきたてのご飯は、なんとなーくわからんでもないけど
そのお風呂上りのお父さんのにおいを、ずっとかいでいたい?
いい娘やなぁ~と、てるひは思っちゃったけど
ガイカン的にアウトだそうでございました。

腋毛フェチの方。ジャッジしてもらいたくて、ネタ探してる風ですが
このメールから、いきなり「ゴリラって腋毛はえてるんですかね?」
……と話を「急ですが」と断ったにしても、展開させる剛くん。
どーでもエーかな~と言いつつ、話しにのってくれる光一さん。
いいなぁ。このふたり。

でもね?ライブのお知らせをしてくれたけど、FC申込みは終わってるよね?
お時間あるか~と聞かれれば、ないけど、やりくりして行きたいです。

それから『夢を見れば傷つくこともある』リリースの告知もしてくれました。
作詞:秋元 康さん 作曲:伊秩弘将さん。
このペアの提供は『SNOW! SNOW! SNOW!』以来となるそうですが
「ちょっとにおいあるよね」~と光一さん。
「ありますね」は剛くん。

昨夜のつぶやき(「」に入れてます)を引用しながら、書かせてもらいますね。
「前奏はそんな感じ」
なんだろ。がんばれ、がんばれってあおるようなラインじゃないとこがイイね。
「頑張る」は、自分が言う言葉で、人から「頑張れ」と言われたくない。

澄んだ風のようなやさしい音です。
すいません。音痴なんで、イメージで書いてます。

短い前奏の後に、入りは剛くん。
やわらかい音にふんわりのる剛くんの声に、なんか安心する。
秋元さんのリリックは、かなりきびしい事を書いているんだけどね。

♪ナイフの刃がかするように……いたみ感じる♪
向かい風吹くだけで、そうかんじる感性があるからこそ夢を持てる。
そんな剛くんと。

♪ただ違う道を歩こうとすれば、風は強くなるだろう♪
光一さんが歌うのは、自分の体験とも重なりますよね。
2000年、当時、帝劇最年少座長が、強い風にさらされて歩きだしたこと
♪やりたいことしかやりたくないなら、そうしょうがない♪
このフレーズは、一瞬、光一さんらしいって思ったけど、なんか違うかな。
やりたいことを目標なりに置き換えて聞けば、うなずけますけどね。

光一さんのメロディラインに、剛くんの高音がかさなります。
KinKi Kids だぁ~と嬉しくなりました。
「光一さんの声に寄り添うような、ひっぱるような、だだをこねるような
剛くんの声が好き」って、初聞きの時のつぶやき。

光一さんは、わたしが王道と思うことを、ソロでもしてくれる人です。
そこから離れるようでもあり、光一さんをひっぱるようでもあり
光一さんにひっぱり返されるようでもある剛くんのハモり。
すごく良いですね。

歌のタイトルと、さびのリリックは、好きじゃないです。
夢を見ることは、傷つくことの連続だもの。凡人はね
傷ついた分だけ、輝けるんだゾ、ですよ。

♪信じることとは、まっすぐに進むこと♪
ダメだ、このあたりの歌詞にもうなずけないよなぁ。
目標を見失わないで進むことっていうふうに解釈すればイイのかな。
いいの。曲がっても、後退してもって思っちゃう堕落したおとなのてるひ。

「♪泣きたい時には、前を向いて泣け♪この歌詞、めちゃ心にささる」
前を向くことが難しい時もあるけど、ゼッタイにそこに行ってやる
その気持ちを忘れないって大切ですよね。

光一さん、剛くんが歩いてきた道だから、
夢に向かう人たちにも寄り添えるんだろうなぁ。

全曲応援ソングというコンセプトシングルだそうですが
こんなにいっぱい曲出しちゃったけど、albumも期待してイイんですよね?
コンセプトね。あんまり好きな言葉じゃないです。

リリックは、好きだと思うところと、拒否反応おこす箇所が混在していますが
鼓舞するようなメロディラインではなくて
やさしくつつみ、背中をそっと押すようなメロディは、かなり好きですね。
早くフルで聞きたいです。

ショートポエムが、ゴリラの腋毛に乗っ取られてたのも、
ふたりどヤ!ならでは……ってことでしょうか。

新曲に関しては、あくまでも、一部を聞いての、てるひの感想です。
フルで聞いたら、くつがえる可能性も大です。
前奏を聞いて思った。
ライブの1曲めにきそうだって。

しょうもない感想文に、最後までおつきあいくださって、
どうもありがとうございました。