走り続けるための決断。

3月19日、たまたまたけたニュース番組で、帝国劇場での事故を知りました。
昨日は、遠くの国であってはならない事件が起こり、ほとんどの局で、そのニュースを伝えていました。
救急車が映し出されました。重症の方がいるとの話も流れました。
800キロもあるLEDパネルが倒れた?どのパネルの話なのか、すぐにはピンときませんでした。

ヤラとリカが、日本舞踊を踊るシーンの、赤と青の紐。。。が映るあのパネル!
やっとわかりました。
あのパネルが倒れた。800キロものパネルです。それが倒れたら、どんなことになるか。
震えました。
でも、なにか違う。
スローモーションのようだった。インタビューに、そんな事を言ってる方がいた。
演出なのかと思った。そんな声さえあった。
倒れてきたパネルに気づき、押さえようとした人たちがいた?
それを聞いて、ものすごい衝撃を受けた。
だから、倒れる速度が遅かったのか。

ケガした方が6人もいるということにもショックだった。
3.11の時には、帝劇でケガをした人はいなかった。
今回は。

骨折した人もいるそうだ。
でも、全員が家に帰れたと聞き、少しだけほっとした。

明日からどうするんだろう。
相方は、中止じゃないか〜といった。
そうかもしれない。ケガした方がいるんだ。
よく眠れないまま朝を迎えた。
どんな決定が下されても、全てを受け止めるさ。

そして。倒れたパネルを使わないように演出変更をして、20日夜から、公演を再開する。
そう発表された。

帝劇に辿りついた時、涙が出た。
走り続ける決断をするまでに、どんなやりとりがあったのかと思うと、泣きそうになる。
報道関係のカメラが入っている。
取材がはいるらしい。
それも含め、全てを見て、拍手しようと思う。