KinKi Kids だからイイんだよにキュン Mコン 東京domo 14.12.30ほ

70代のひと!?
Mコン初日にはなかった、futariが大好きな年齢調査で
1列後ろの席に、ぴょんぴょんはねて「はい、はい」と答えていた方がいた。
お若い!見習わなくては……と思った。Mコン東京初日の感想文。
大阪では見えてなかったことや、勘違いしてたこともいっぱいありました。
光一さんのお誕生会に参加する前に、印象に強く残っていることだけ
さらりと書いておこうと思います。ネタバレを含みますが、良かったら、ぜひ。

12月30日は、お友だちと帝劇前で待ち合わせして、東京ドームへ。
16時15分に到着したけど、トートバックとキャップは売り切れでした。
お友だちといっぱいおしゃべりしてから、それぞれの席へ。
この日のお席は「M」を模った花道の、右の縦棒の終点近く、
ちっちゃなステージが良く見えるあたりでした。

メインステージ後方のスクリーンに「A」が浮かび上がりこ
B~C~とMまで刻んでいく。
Φはなかったと思います。
それから、頭文字がMの言葉たちが、生まれては消えていく。
Mistyを見つけて、ひとりにんまり。
今までのふたりが通ってきた道に待ち受けていたものたちなのかな?

青と赤のペンライトの海にうっとりしながら立ち上がります。
メインステ後方のスクリーンが開き、光一さん、剛くんは、高い位置にスタンバイ。
『鍵のない箱』を歌いながら、ふたりを乗せた一人用リフターが降りてきます。

今回のライブは、王道の流れだった気がします。
Memoriesと題した、セルフカバー曲たちを歌い尽くすだろうから
それ以外の同じみの歌は、歌わないだろうな~との予想を裏切ってくれた
『スワンソング』をイメージしたかのような、白い衣装が1番好きかも。
中日スポーツに載っていた、向かい合い、求め合うfutari、素敵だったなぁ。
ふぉ~ゆ~と女性ダンサーさんたちの、暗い海と白い波のような衣装も
スワンソングにはまりすぎてた気がします。

ドームに涙の雨が降った雨のMelody、そして、愛のかたまり。
悲恋の歌が続きます。
『愛のかたまり』を歌うfutariが、スクリーンに映るのですが、それが白黒なの。
幸せだった過去への思いを歌ってる。そんな感じがしました。
♪雪がおちてきたよ♪なので、futariの上に、キラキラ雪が降り積もります。
この演出も、悲しさを煽るんですよね。

4曲歌い終わって、ご挨拶の短いMCへ。
愛のかたまりで降らせた雪が、歌が終わっても、
なぜか……剛くんの上だけに降り続いていました。なんでだろね、執念?
Mステスペシャルでも、この歌を歌いましたけど~と光一さん。
みなさんに支持されて、ひとり歩きした楽曲……と言ってたのは、Mステの時でしたっけ?

今日は、歌っちゃったから、もう歌いませんけど~と光一さんが言うと
会場から「えぇー」の声が上がりました。
この後30曲近く(だったかな?)歌うけど、それ全部「愛のかたまり」でもいいの?
……なんてこともおっしゃってましたね。
ヴォサノババージョンとか(笑)
どんだけかたまってるンだ?と笑ってましたが、
30バージョンのアレンジができるなら、それもありかも~と思ってしまいました(笑)

ご挨拶も、どんどん長くなってしまうのがKinKiさん。
歌にいきます~というと、会場からは、またまた「えぇー」の声が。
「あとで1時間しゃべりますから」との光一さんのお言葉で、会場も納得して、歌へ

『このまま手をつないで』では、あんなに動いてたのね(笑)
futariが、”M”の左右の縦棒の花道をそれぞれ歩いてきて、
先端のミニステで歌ってくれる???~と思いきや、トロッコッでメインステへ。
その後、入れ替わって戻ってくるという。忙しさでした。

この日、剛くんの愛あふれる間違いがけっこうありました。
futariの動きを追いかけるので、精一杯で、全く気づいてなかったのですが
このまま~の、光一さんソロパートのところを、一緒に歌っちゃったり。
ボク羽根の時には、自分のパートじゃないと勘違いして、歌い出さなくて
音楽だけが流れる~という事も。
その時には、会場のみなさんが、すかさず歌う~という、KinKiコンならではの光景も。

このまま~の光一さんソロパートを一緒に歌ってしまったことを指摘された剛くん
「歌っちゃいけなかったの?」と可愛すぎる発言。
光一さんは「KinKi Kidsだからイイんだよ」と。
めっちゃうれしいやりとりでした。
これ、最後のご挨拶の時の話だったかな。。。

『Be with me』を歌いながら、ムービングで外周を回り、バックステージへ。
futariが出会った時に、ふっと音楽がやみ
光一さんが、ソロパートをアカペラで、そして、剛くんも。
こんなに大きなドームと言うハコで、アカペラで歌っちゃうfutariにもう……

恋涙を歌いながら、メインに戻ったfutari。
この後が、また素敵で。
暗くなったと思ったら、剛くんはギターを抱えていたんですよね。
『SPEAK LOW』では、ふたりはステージ中段あたりにならんでました。
剛くんはギター弾きながら~だったので、やっぱり♪LOW♪の時に
下を指差すことはしてなかったように思います。
見逃しただけかもしれないけど。

『キラメキニシス』では、光一さんだけ、上段へと上がります。
フォーン隊女性たちも、そこに。
剛くんは、中段にとどまって、ギターを弾きながら
光一さんは踊りながら、歌ってくれたのです。
まぢ、キラメキに死んでしまいそうな、それぞれの演出でした。
futariで踊る、futariともギターと言うのはあったけど、
それぞれの得意分野をぶつけ合う演出って、今までなかったですよね?
わたしが忘れちゃっただけ?

RocksとSecret Codeは、剛くんもギターをおいて歌います。
そして、1時間しゃべりますから~と約束したMCへ。
なんも考えてません~と光一さん。
大阪でも言ってましたよね。いつものこと?

お話をはじめた時も、剛くんのエリアだけ、愛のかたまりの世界だった?
雪が降り続いていたようですね。
てるひの席からは、よく見えませんでしたけど。

男性調査と年令調査では、10代は「少ねっ」と光一さん。
30代では「手を上げる元気も、なくなってきた?」
40、50は聞かず、60代、70代。
さすがに80代はいないかな~と言った光一さんでしたが、
わりと近くに、80代の方を見つけていましたよね。

年が明けると36歳になる光一さん。
お誕生日おめでとうございます!
もうクソじじいですね~と言う剛くん。
客席を見回して←見えてない、いつもは見てない?
自分より年上の人がたくさんいると言ってました。
子どもっぽくて可愛かったかも。
剛くんは、じゃあと"お"をつけて、おクソじじいと言ってましたが
4ヶ月後には、剛くんも、おクソじじいになってしまうわけで。

MCは長いから自由にお過ごしください。
席を立って、長く帰ってこないと「うんこ」だと思います
~と、東京でも言ってたけど、あんまりうんこは連発していませんでしたね。

ふたりが歌ってる時に、遅れて、アリーナ前列に入ってきた方がいたそうで。
光一さんは気づかなかったそうですが、
ふたりの方を見もしないで、チケット確かめてお席へついたそうで。
キラキラの服着て、頑張ってんだから、見てくれ
~と言ったのは、光一さんでしたっけ?

大阪初日に大好評だった、剛くんのペンライト講座を、
またやるように~と光一さん。
ペンラがなかなか出てこなくて。
しばらく待って出てきたのは、靴ベラ。しかも、マツザキって書いてあった?
ペンラのかまえから。靴ベラをサーベル代わりにする剛くん。
腰の位置で、サーベル?靴ベラ?ペンラ?構える剛くんに、
ペンライトとはそんなに長くない~とツッコミ入れる光一さんでした。

そこに、やっと。ふぉ~ゆ~がひとり1本ずつ持ってきて。
4本使いは、さすがにしないのか?2本をステージに置く剛くん。
光一さんに「ちょっとRocks歌って」とお願いすると
すぐに歌い出す愛方愛に、ほっこり。
光一さんの歌に合わせて、振り方をレクチャー。
もうRocksは歌っちゃいましたけどね。
会場、えぇー。

情熱の時に、その振りやってイイ~との、王子の許可が。
もう一つの、ぽいぽい???の振り方は、ジェロマで。
てるひも、カバンからペンラを、今さら取り出しスタンバイする事にしました。

で。シングルメドレーの情熱~ジェロマの時には、
ムービングに乗って、三塁側を剛くん、一塁側を光一さんが、メインステへと向かうのですが、
光一さんは、客席の振り方がおとなしすぎたのが気に入らなかったのか
自ら大げさなほどの見本を見せてくれていました。
振りに夢中になるあまり、歌うことを忘れちゃったりも。

MCに戻りますが、30日は、次の日のカウコンの打ち合わせで忙しいかった光一さんは
お写真はなく、パンダちゃん模様のパックしている剛くんのお写真のみ。
パックしていても、誰にも見せる事ができなくて、自分でとったそうです。

1時位にドーム入りしたふたり。
リハーサルをしていたそうですが、会場に
音もれしてた~と聞いてました。
4ヶ月もSHOCKやってるんだから、ポケットマネーで、音もれしないように直せ~と、無茶苦茶なことを言ってた剛くん。
ジャケットの裾をはらうマネして、これで100万円でしょ???
そうなんだ、すごいね~と本気にしてしまうてるひでした。

留守番してる剛くんに、月に120万振り込んで~と、
これまた無茶苦茶な事を言ってたけど、
それって、ほっとくな、一緒に仕事したいって意味ですよね?
12という数字が好きだという剛くんに、じや、12円と光一さん。
うーん。

カウコンの打ち合わせだけじゃなく、肋骨ミュージックのアレンジも考えてた~と光一さん。
建さんまで、まきこんで~ですよ。
ギターで参加すると言い出した剛くんに、
最初は、建さんのベースだけで、それからドラム~と
細かく指示を出す光一さん。
ふたりのやりとりに、ゾクゾク。
剛くんの、KinKiのアレンジは?~も可愛かったね。
今年最後のアレンジって言ってたからね。
辰巳くんが、あと1日ありますから、搾り出して~とフォローしてたけど。

完成した肋骨ミュージック←肋骨たたきながら、歌うだけなんだけど、
ものすごくカッコよく仕上がってました。
そして。1時間をしゃべり倒したふたり。
光一さんは、客席に向かって「立てや!」
はい、あまいのは、相方さんにだけですよね。

東京ドームに到着しました。
まだまだ書きたいこともありますが、
後半のライブの感想とかも、お誕生日コンに参加してから、
書きたいと思います。
最後までおつきいくださって、ありがとうございました。

この記事へのトラックバック