明日の事は明日… 天使のアリバイ 2010.7.17

天使は、どうしてアリバイが必要なんだろう?
天使じゃなくて、人間はどうだろ?
身の潔白を証明するためじゃなく、欺くためのアリバイ。
そんなアリバイを作ってくれる会社があったら、どうしますか?
アリバイ作りを依頼しますか?
7月17日(土)坂本昌行さん主演『アリバイのない天使』を見てきました。
ネタバレしていますが、よかったら、ぜひ。

グローブ座には幕がありません。
事務机と電話、受付などがある事務所のセットが組まれています。

場内が暗転し、もう1度、明るくなると
事務机に女性(愛華みれさん)と風間俊介くん。
風間くん演じる多田くんは、同僚の山田くんが、突然辞めてしまった事を
五十嵐さん(愛華さん)に責められています。
その間にも、ひっきりなしになりつづける数台の電話。
多田くんは、電話を取るたびに、違う会社名を名乗っています。
電話は、全て折り返し。
留守番引き受け会社のような感じですが、うさんくさいです。

架空の…登記はしているよううですが、会社に在籍していると言うアリバイを
提供してるようです。風俗や、ちょっとうさんくさい会社に勤めてる人のために。
この会社にアリバイ工作を頼みに来る人は、さまざまです。
風俗嬢、浮気を隠したい紳士、警察に追われる犯人だったり。

きちんとした身なりの紳士が、仕事の依頼をして帰っていった後…
グレーのスーツ姿の坂本くんが、事務所を訪ねてきます。
無実の罪をきせられて、会社をリストラされた西村と言う青年役です。
西村くんに罪をきせた上司を追って、この会社に来たと言うのです。
顧客情報を流してくれる訳もなく、社員になれば、顧客情報の閲覧もできるぞ
…と半ば騙されて、山田くんの代わりに仕事をする事になってしまって。

気弱そうなのに、執念深く、思い込みが激しい西村くん。
2ヶ月も上司の後を追いかけ回し、上司の悪事を暴ければ
会社に復帰できるかも?。。。って、かなりアマちゃんですよね。
坂本くん、ハマってる?セリフ回しが大げさすぎな気もしましたが
さすが!な演技力だったと思います。

激しやすく、こちらも思い込みが激しく、ジェットコースター気質な多田くん。
声を張り上げる芝居が、すごく良かったです。
風間くん、おもしろい役者さんだね。また、見たいな。

西村くんの初仕事は、無理やり結婚されそうになってるユナちゃんの彼の役で。
イケメンじゃないと務まらない…とか言われて。
上司のファイルを見たくないの?…とそそのかされて、引き受ける事に。

西村くんの最初のミッションは、大失敗!
ユナちゃんの婚約者が、元同僚で、しかも社長の甥?で、
負け犬よばわりされてキレた西村くんが、グーで殴っちゃったとか?
犯罪でしょ、それ?

ユナちゃんも、お嬢さまのくせに風俗で働いていて
その事を親に知られたくなくて、この会社の会員になった…って言うし
お尻が見えそうなワンピ着てて、お嬢さまとは言い難いし。
ユナちゃん(安倍麻美ちゃん)、かわいいから、イイんだけどね。

この事務所には、入れ替わり立ち替わり、いろんな人がやってきて
拳銃密輸犯が、社長を頼ってきたり、
犯人を追いかけてきた刑事も、渋谷なのに神奈川県警とうさんくさいし。

そうかと思うと、楚々としたお嬢さんの滝川さん(横山めぐみさん)が
来週1週間のアリバイ工作を頼みにやってきたり。
滝川さんの依頼に、五十嵐さんは、北海道旅行を提案します。
写真なんかも偽造してくれちゃうんだって。
手がこんでますよね。

五十嵐さんが、他の仕事で席をはずした時に、
正義感の塊の西村くんは「そんな嘘のアリバイを頼むなんておかしい」と
滝川さんに言ってしまいます。
え…商売になんないじゃん?いいの???
その熱い、いや、暑苦しい西村くんの説得を受け入れる滝川さん。

大満足の西村くんでしたが、五十嵐さんは、滝川さんは、検査入院する事を
家の人に知られたくなくて、アリバイを頼みにきた…と言うのです。
おかしな正義感だけで、断ってしまった事を後悔する西村くんでしたが
それだけにとどまらず、これでもかと災難がふりかかります。

拳銃密輸犯直々に、アリバイ工作を頼まれたり
拳銃を入れたロッカーのカギを押しつけられたリ…
正義感は強いけど、人が良すぎて断れないのね(笑)

そこへ。上司の田中さんが再登場して、西村くんの浅知恵はバレバレ
「どうしてここにいるんだ?」の問いかけに、
五十嵐さん「高校の同級生なんです!」
会場中「えぇ~」すいません。てるひも、叫んじゃいましたけど

ユナちゃんからは「パパが乗り込んでくる!」と泣きつかれて
西村くんのカレシ役は続行…と言う事になるのですが
その練習中に、コップの水をぶっかけられて、水もしたたるイイ男?
これ、坂本さんから天使(会見で言ってたよね)へのファンサービス???

来たり去るの物語の典型のような舞台ですが
登場人物は、何度もやってきて、去っていくんですよね。

拳銃密輸犯を逃がすために、多田くんに服を取り替えろ…と言う話になり
舞台上で、ふたり生着替え!
そんな現場に帰って来た五十嵐さんに、多田くんは、
靴や受話器でおっぱいを隠してたよね。かわいかったかも!

終いには、カップルを装うために女装までしてくれちゃうし。
刑事さんには、原田知世かと思った…って言われてたけど
似てるね、確かに(笑)

ユナちゃんのパパが田中さんだとわかり、またひと悶着。
娘を利用したのか…とか、田中さんに言われたくないよね?
最後まで、イヤなヤツな田中さん。
ユナちゃんの婚約をなかった事にしたのは、一歩前進…なのかな

まぁ…なんともわがままで、自分勝手な人ばかりいること!
だからアリバイ屋なんて職業が成り立つんでしょうけどね。
まっすぐすぎる西村くんは、ここで仕事するのは無理…と社長に告げます。
でも、引き留めないの。なんで?

そこに、滝川さんが、もう1度、別のアリバイを頼みに来るのです。
余命わずかな身なので、検査入院は取りやめて、アフガニスタンに行く事にした。
死んだ事を両親に悟られたくないから、両親の誕生日にメールを送ってほしい
そう言って、西村くんに携帯をあずけます。
命のアリバイ…です。

迷いながらも、携帯を受け取る西村くんは、
この会社でやっていく事にするのですが…

実は、滝川さんもここの社員だと言うオチがあって。
西村くんを引き留めるためのお芝居だったンですね…

人を疑ったらキリがないし、人の言葉を鵜呑みにするのもいかがなものか?

強引な話し運びだけど、落ちこぼれる事なく、ぐいぐい引き込まれて、
ほんとうに楽しかったです。
久しぶりにおもしろいモン見た…って感じでしょうか。

携帯を取り出して、お母さんに電話する西村くん。
2ヶ月前に、会社をクビになった事を告げると…
お母さんは、とっくにわかっていて、西村くんが話してくれるのを待ってたんだね。
うるっとしました。

電話を切った後、西村くんが、めまぐるしかった1日を振り返り
それでも、一歩、前に進んだ事を実感します。そして
「明日のことは、明日、考えよう」って言うの。
そう。てるひが大好きな聖書の言葉にもあるけれど
明日の事は思い煩うな、明日の事は明日自身が思い煩うであろう…ですね。

おもしろかったです!
実は、坂本くんの舞台は、全部ではないけど、けっこう見させてもらってるけど
1番くらい、良かったかな。
前向きになれました。

でも。こうして書いても、舞台のおもしろさは伝わりませんね。
すいません。
そんな感想文に、最後までお付き合いくださって、ありがとうございました。

この記事へのトラックバック