はじめてのいつもの日にインペリアル

お屋敷の前で待ち合わせしましょう。
そう!待合わせです。
執事喫茶への帰宅は、圧倒的におひとりさまが多いので
お友だちと一緒に帰宅できる事が、嬉しくて、嬉しくて。
しかも4人での帰宅は、2年前の初帰宅以来ですから!
7月10日(土)17:40。はじめてのいつもの日をにぎやかに迎える事ができた
沙耶21回めの執事喫茶swallowtail帰宅日記です。

7月10日に一緒に帰宅しましょう。
約束をしたのは、今年の1月、キンキさんのJコンのオーラスの日でした。
ショックを観てきたちゃんとちゃん。
それから、2年前の初帰宅をエスコートしてくれたちゃんと沙耶。
4人揃って、お屋敷の玄関へ。

「おかえりなさいませ」
わたしたちをお出迎えしてくれたドアマンさんは…
あれ?前に1度、お世話してもらった事があるけど、お名前が思い出せない…
沙耶、お嬢さま失格ですよね。

この日、沙耶たちをお世話してくださるのは、執事の十和田さんと
「お嬢さま方のお世話をさせていただく…」フットマンは天河さん。
沙耶は、おふたりとも、はじめてです。
ちゃんとちゃんは、家出の荷物をクロークに預けました。
天河さんのエスコートでお席へ。

沙耶は、この日、はじめてのいつもの日でしたから、
飾ってあるマイセン、大倉陶園のカップをチラ見しながら、お席へ向かいました。
この日のお席は、サロンの1番奥、暖炉の横のお席でした。

席についてカードをわたすと、天河さんに
「いつもの日ですね」と言われました。
「はい。はじめてのいつもの日です」と答えると
「いつもじゃないのに、いつもの日ですよね」と天河さん。

いつもの日には、特別なカップから、その日に使うカップをセレクトできるのですが
沙耶は、前回の帰宅の時に如月さんに言われた通り
沙耶のいつものカップの場所を、棚を見て確認してきたのです。
1番下の段の…うん、いつもの場所にあったよね?(笑)

天河さんは、メガネをかけていて、笑顔に癒されました。
この日、ちゃんは、始めての帰宅でしたから、
お屋敷の事からメニューまで、丁寧に説明をしてくれてましたね。

ちゃんは、さんに、重すぎないメニューを質問していましたが
やっぱり、スコーンが食べたいからと、アフタヌーンティセットAnna Mariaをオーダーしてました。
沙耶も、 スコーンが食べたかったので、Anna Mariaにする事に。
ちゃんは、スコーンのセットのHamlet。
さんは、トマトシチューセットのKing Learをセレクト。
King Learには心ひかれたのですが、スコーンの魅力には勝てませんでした。

さんが「沙耶さん、隣でワインを飲んだらイヤですか?」と聞いてくれて
そんな事、全く思ってもみませんでしたが、
沙耶の事を気づかって、さりげなく聞いてくれたさん。
ご本人は、まだひよですと謙遜なさったけど、筋金入りのお嬢さまですね。

ちゃんは、遠矢さんブレンドのFairy Arrowをオーダー。担当ではない方のブレンドティを頼む事を気にしていたちゃんも、素敵なお嬢さまですよね。
天河さんが、セレクトしたカップは、ノリタケのフェアモント。
あわい色の可愛いカップは、ちゃんにぴったりです。
ちゃんにも、ノリタケから、レースウッドゴールドを。
沙耶、ノリタケのカップがすごく好きなので、なんだか嬉しくなっちゃいました。

さんは、ワインを2種で悩まれて、天河さんに相談して
おススメされた、Riesling Spatlese 2006を選んでましたね。
「飲んでみますか?」
さんがすすめてくださったので、一口、いただいてみました。
あまいのに、さわやかで。ボトルで飲んだら、あぶなそうです。

沙耶は、紅茶はLunkerにしました。
ディンブラ大好きなんです!ディンブラの渋みを押さえたオーソドックスな紅茶
…とあったので、かなり期待して頼んだのですが、大ヒットでした。
癖がなくて、あたたかい味。ほっとします。

はじめてのいつものカップは、大倉陶苑のブルーインペリアル。
青い薔薇と金が白いカップに映えて、キレイなカップなんです。
出すのが難しいとされている瑠璃色と、白とのコントラストも素敵。
そして、インペリアルの名前にひかれて、いつものカップに。

この日は、にぎやかに帰宅できたし、いつものカップにうっとりできたし
紅茶はおいしいし、それだけで大満足で、お料理の記憶があまり…

アフタヌーンティのキッシュは知床風にしたのですが、カニさんでした(笑)
スコーンは、ハニーにしました。
プリザーブ(所謂ジャムね)を2種選べるのですが、正直、なくてもイイの。
スコーンそのものがおいしいから。
それに。お屋敷のスコーン、進化してる、食べるたびにおいしくなってる気が…

さんは、素敵に会話なさる方で
紅茶やお水をつぎにきてくれた、担当以外のフットマンさんにも、気軽に話しかけていました。
「ワールドカップ勝ちましたね」
え…サッカーの話題ですか、いきなり???
「中途半端(だったかな)に勝ちましたね」
あ!桑島さんだわ。どうしていきなりサッカーの話題をふったんだろう?
…と思ったら、 さんは日誌を読んでらっしゃったようで。
桑島さんが、日本は勝てる要素がない…とW杯の事を書いてらっしゃったので
話題にしたとの事でした。

さんのスマートな話かけ方に、うっとりしちゃいました。
見習わなきゃ(笑)
また一緒に帰宅しましょうね…とおっしゃってくれたので、
ショックが終わって、けりちゃんが始まる前にご一緒できたら、いいなぁ。

天河さんのことを、春日さんが日誌に書かれていらっしゃるので
その話をふってみたり…
執事日誌を読んでおくと、会話が進みそうですよね。

天河さんに、夏も何処かへ行くのか…と聞くと
フットマンさんたち何人かで、ディズニーシ―に行った話をしてくれました。
沙耶は、シ―に行った事がないので、よくわからなかったけど
ちゃんとちゃんが、次の日にシーに行くと言うと
おすすめのアトラクションの話をしてくれていました。
話すかめが出てくる?
でも、それは人で…とか。う…ん。そうなんだろうけど。

ちゃんが、天河さんの声が好きと言っていました。
声、重要ですよね
沙耶は、おもちゃのような声なので、素敵な声に憧れますもん。

楽しい時間は、あっという間で、デザートのお皿が残っているのに
出発予告(お会計)の時間になってしまいました。
デザートって、なんだっけ? メロンのシュークリームはおいしかったけど
…。

十和田執事がお出迎えにきてくれました。
ほんとうにお名残りおしいです…
「ふたり、おひとり席もあるので、またお早いご帰宅を」
そう言って、お見送りしてくれました。

お屋敷を出る時に、ドアマンさんにお名前を聞きました。
「大友です」
ちゃん以外の3人が「あ~!」と言うと
大友さん、そんな感じです…だそうで。

4人帰宅。ほんとうに楽しかったです。
やっぱりひとりより、お友だちと一緒がイイですよね。
次の帰宅は、ショック観た後に、お友だちとふたりで…です。
楽しみです!

この記事へのトラックバック