フィッシュダンスだった!

画像フィッシュ・ダンス。
メリケンパーク入口近くに立つ魚のオブジェ。鯉だそうだ。
4年ぶりの神戸、メリケンパークも4年ぶり。
もちろんオブジェの名前を覚えてなんかいなかった。
名前を確認した記憶さえない。
意識してない名前は、ついていないのと同じだった。
でも、今は…そのお魚のオブジェは、名前ゆえに、また神戸に行くことがあれば見に行こうと思うくらいに、てるひにとっては重要なものになった。。。

「ヴィッセル神戸戦を見に行かないか?」
相方に誘われて、Jフレンズの碑を見に行けるなら…とOKした。
急な話だったで、見つけたツアーの飛行機の神戸便も、ホテルもいっぱい。
「あなただけ日帰り遠征したら?わたしは、前の週がLIVEだし」
家族旅行をあきらめかけていた時に、キャンセルが出たのか、
なんとか午前中の大阪便を抑えることができた。
ジェフ千葉は、ヴィッセル神戸に勝つことはできなかったけどね。

2005年の夏、ほんとに暑かったな。
てるひは、ある俳優さんに夢中でした。Blog始めちゃうくらい好きだった。
カレにハマった帯ドラマのロケ地巡りをしたくて神戸に来たのでした。
あの夏は、Jフレンズの事を思い出すことさえなかったな…

カレ、村上さんに夢中だったのは、2年に満たない短い間だった。
お魚のオブジェのあるカフェ、cafe Fish!さんは、
明さんを思い続ける主人公のランチシーンで使われていたお店で。
てるひも、カノジョたちが座ってたあたりの席で、ランチしたのでした。
ロケ地巡りした直後、急速に彼への思いが消えていったんだよな。
今でも、テーマは残ってるけど、エントリが増える事はもうないだろう。

あの夏はひとりでのお散歩でしたが、この夏は、相方がいっしょ。
「珈琲でも飲むか?」
…と言われて思いだしたのが、あのカフェのことでした。
もちろん名前も、場所も正確には思いだせなかったので、
メリケンパーク内を、ぶらぶらしました

画像阪神淡路大震災では、メリケンパークもかなりの被害を受けました。
パーク内に、当時の惨状を保存している一画があります。
午前5時46分の時計の針をデザイン化した碑や、写真も展示されています。

亀裂が入り、断裂してしまった散歩道。
ななめに傾いだ外灯。
あの日のまま、ここだけ止められた時間が、なんとも悲しいですよね。

1995年1月17日。その日、研修初日で、東京・丸の内に行ったのですが、
出かける前のニュースで、地震の事は知っていたものの、こんなたいへんな事になるとは、思ってもいませんでした。

戦争とは違い、地震や天災を完全になくすことはできません。
でも。それに備えること、被害にあってしまった時に、どう対応するか…など
被害をできるだけゼロに近づけるよう、ひとりひとりが考えなきゃいけないな。
そんなふうに思ったりもしました。

目指したカフェにお客さんの姿はありませんでした。
人はいるのです。いるのですが…貸切の文字が。。。
脱力…
でも、お茶できなかったからこそ?オブジェの回りをぐるぐる歩き回って
その名前を知る事ができたんだから、それはそれで良し!としよう。

画像急に決めた神戸行きだったので、やり残したことがいっぱいあります。
ひとつは、コレ。
コンチェルトに乗ること!
予約制のディナークルーズだけじゃなく、ティークルーズも満席…
cafe Fish!にも行きたいし。

相方に言ってみた。
「奇跡がおきて、来年も、ヴィッセルと同じリーグで試合することができたら、
また、家族でこようよ」
家族と言っても、ふたりだけど?
あれ、また見たいし!
画像
COME ON
VISSEL !!
この電光掲示、ジェフが点を取った時に出たんだよね。

てるひの初アウェー体験は、引き分けという結果に終わりました。
ジェフは1度もリードすることはなくて。
ますます厳しい状況に追い込まれた事は確かだけ、決まった訳じゃない。
悲願1部死守!

この電光掲示を見にくる時に、また、光一くんたちが植えた樹に会いに行こう。
その時までに、神戸ブランドを、もっと勉強しておかなきゃ…
てるひの絵日記は、たぶん、もう少し続きます。
おつきあいくださって、どうもありがとうございました。

この記事へのトラックバック