レーシック術後3か月

検診に行ってきました。
。いろんな意味で、考えがあまかったかもしれないな
…と反省する気持ちもあるけど、進むしかないからね。
今年の1月26日に、レーシック手術を受け、3か月…
目の調子はイイです。でもね、見えにくいかも。。。

クリニックが移転しました。
移転…と言うか、手術を受けた病院が閉院して
せんせいは、他の病院で診療を続けることになったので、そちらに行きました。
これからも、術後検診等は、手術してくださった先生が担当してくれます。

レーシックを考え始めたのは、去年の10月でした。
評判や、身近な体験者の話から、いくつかの病院をピックアップして
自分なりに考えて、病院を決めたのが去年の12月。
その病院を選んだ1番の理由は、院長先生が、全ての検診と手術を担当する
…ということでした。
つまり。個人の病院だったんですよね。
で、今回の閉院という不運にも見舞われちゃったわけで。。。

さて。2月末の1か月検診時にも記事を書いたのですが
その時から、再手術になるかもしれないと言われていました。
で。今回の検査でも、眼球に異常はないものの、視力が出ていない。
0.5~0.6で、両眼で0.7がやっと見える感じかな。

正直。普通に暮らすには、全く困っていません。
ダイニングテーブルからでは、リビングのはしに置いているTVの字幕が見えにくかったり。職場の行先板が見えにくかったりはしますが
車の運転もしないし、朝、目覚まし時計の文字盤も見えるからね。

1番困るのが、趣味(笑)のライブや舞台鑑賞の時ですかね。
今年のショックも、あんまりクリアに見えなかった・・・を言い訳に(苦笑)
レポも中途半端のまんま終わっちゃってるなぁ~とか。
疲れると、よけいに見えにくくなるんだよね。
さすがに3日続けて、観劇したのは、我ながら無謀だったか…と。

そんなことはおいといて。
お友だちと待合わせした時も、近くまで来てくれないとお顔がよくわからないし
シルエットでなんとなーく、○○○さんだーってわかるけどさ。

3年以内の再手術は無料のパック(?)で手術を受けているので
今回、再手術することになっても、料金はかかりません。
定着したフラップをはがすように開けて、レーザーを再照射します。
術後1年以内だと、フラップもぴったりくっついてはいないので
はがすのもたいへんではないし、
フラップを作成してから、レーザーをあてた最初の手術よりも
術後の違和感も少ないでしょうと言われました。

再手術をする前に、どのくらいまで視力を回復させるか
決めておくように…と言われました。
遠くが見えるように、完全に視力を矯正すると、手元が見えにくくなる可能性があるから・・・と。
少し近視が残ってる状態、0.8~9位にするか、完全矯正するか
3か月間考えて、決めなければなりません。

今の希望としては、完全矯正をお願いしようと思っていますが
その結果、経度の老眼鏡が必要になるかもしれません。
遠くを取るか、手元を重視するか…
難しい問題ですよね。

レーシックを受けて、わたしと同じくらいにしか回復しなかった方でも
日常生活が快適に送れるから・・・と、再手術を希望しない方もいるそうです。
その選択肢は、わたしの中にはありません。

わたしのレーシック術前術後の過ごし方も、褒められるものではなかったと思います。
1番よくないのが、近くの見すぎでしょうか。
つまりパソコンや本、携帯の画面ばかり見てたって事ですね。
そう、手術してしまえば、もう大丈夫的なあまさがありました。
パソコンする時は、かるい老眼鏡のメガネをかけるとイイという話もあるし
再手術までに、もっと目のことを調べなきゃダメですね。

あまい考えのわたしは、再手術まで、使い捨てコンタクトを使ってもいいか
聞いてみました。
ふだんの生活は裸眼で問題ないけど、ライブの時だけはしたい…と思ったのです。
反対はされませんでしたが、目のためにはソフトコンタクトは、おすすめしない…と言われてしまいました。
そう言われちゃうと、使い捨てコンタクトをす作る気にはなれません。
レーシック前はハードを使っていたので、ソフトになれてないしね。
結局、明日のライブも裸眼で行くことにしました。
3か月のためにメガネを作る気にもなれませんでしたし。。。

つよむらさきさんのライブは、お姿とお顔がん見はできないので
音を、歌をライブを楽しむことにします。

この記事へのトラックバック