てるひ、ふたたびヲ嬢さまする

雨は好き。濡れながら歩くのも好き。
でも、お嬢さまは、そんなことしたらいけないんだろうなぁ…
東京に大雨が降って、電車も止まった…という8月5日。
バイトを定時で切り上げて、池袋・乙女ロードを目ざしました。
7月22日の初帰宅から、2週間ぶり2回めの帰宅。しかも…ひとりで。
フォークより重いもの持てなかったてるひの、執事喫茶スワロウテイル日記。

ライブも舞台も遠足(日帰り遠征のこと)もひとりになれっこだけど
ひとりぽっちのお嬢さまには、かなり緊張しました。
緊張すると迷子になる癖のあるてるひ…無事、時間までにたどり着けるかな
目印は、サンシャイン、リブロ、ファミリーマート!
ファミマ???どーしても手に入れたくて、いまだに手にできてないチケットを
帰宅前に探したりする、ヲ嬢なてるひ。あ。売り切れなのは百も承知なんだけど、毎日、ファミマとローソンに立寄らずにはいられないのよ。

約束の時間の5分前。お屋敷に向かうと、メガネをかけたドアマンさんがお出迎えしてくれました。お名前がわからない・・・
こーゆー時。たずねてもいいンだろか?
ドアマンさんに「はじめてですか?」と聞かれ、そうそ。予約した時には
会員番号がなかったからね。
てるひの前に、案内を待ってる方がひとり。
この…待ち時間が落ち着かないんだよなぁ~ 
ライブ会場や帝劇でひとりだったら、回りの方のヲタ話に耳をすますンだけど
静寂につつまれて、なんか居心地が悪い。。。

ドアマンさんにどーぞと言われ、7月22日と同じ側の入口に立ちました。
ドアが中から開かれます。
「お帰りなさい、お嬢さま」
いいの・・・あたし、お嬢さまで???

執事は、嘉島さん。あ?あの日の…
7月22日は、執事も担当のフットマンも交代したのですが、
お見送りをしてくれましたよね…
やさしい笑顔の、なんだろね、じいやさんって呼びたくなる感じの方で。

フットマンは浅田さん。
見た目は体育会系な感じもします、ちょっと不思議オーラをまとった方でした。
メニューの説明をしてくれる時も、ちとかんでて。
ごめんなさい。てるひ、くすって笑ってしまったかも…

帰宅後に日誌を拝見したのですが、
見えないものを感じる力がある?
てるひが愛してやまないひとと同じにおいがするわ…なんか。
好きな言葉にも共感しちゃいました。
てるひも、何もしないをしたり、無いことに幸せを感じたりするから。
いろんな事に追いまくられるのは、ちょっと苦手なんですよね。

この日。お食事はRomeoにしようって決めていました。
乾隆帝って言う、北京オリンピック記念・8月限定デザートにも心ひかれたけど
ヲタなのでね(来年もテーマ投稿数1位を守れるかな・意味不明)
キッシュも食べたかったし。前回の帰宅で、座長が召し上がってた蟹の風味(名前を覚えられないんだけど)のキッシュが、おいしそうだったから。

サイドメニューの桂花陳酒のシャーベットの説明にも笑ってしまいました。
かなりアルコール度数が高いそうで、てるひは、顔が赤くなっちゃうから
食べるつもりはなかったのですが、
「とけてしまうと、お酒そのものです…」みたいなことを言ったので
つい「とけるのは真夜中ですか?」と聞きたくなったけど、
わかってもらえないでしょ、絶対に。

紅茶は、ナルキッソスかアドニスにしようと思ってたのですが
もし聞けたら「ロミオに合うジュリエットなお紅茶は何?」と聞くつもりで
もちろん…聞けなくて、控えめに「おススめの紅茶は?」とたずねてみました。
紅茶係さんのおススメは、ベルベイヌアッサムだと言われたので
その…レモン風味の紅茶をセレクトしました。

先に、紅茶を持ってきてくれます。
選んでくれたカップは、エインズレイのエリザベスローズ(ターコイズ)
ターコイズの他にも、ピンクやブルーがあるようですね。
お皿とカップの表面は、ターコイズブルーで、
カップの中に赤と白の薔薇が閉じ込められてるデザインです。

ベルベイヌアッサムのレモンの香りは、アフロディーテの苺ほど濃くなくて
心が浮き立つ…んじゃなくて、落ち着く感じ。
う・・・ン。最期を迎えようとするロミオ様の気持ちとは、かけ離れてる?
ジュリエットの「ここがおまえのサヤ…」の高揚感とも違う気がするし。
お紅茶としてはおいしかったけどね。

最初にカップの名前を教えてくれた時に、メーカーを聞き逃したので
浅田さんが、お料理を持ってきてくれた時に、
「素敵なカップですね。もういっかい名前を教えてくれませんか」と聞くと
自分が持っても似合わないけど、お嬢さま(てるひって意味じゃなくて)には
自信を持ってお出しできるカップです…少し照れながらお話ししてくれました。

カップに閉じ込められた薔薇が赤と白だということはもちろん、
赤と白の薔薇が手をつなぎあってるところが、ものすごーくツボで。
ついつい…一緒に長野で騒いできたばかりのふたりのことが浮かび…
はしたないのかもしれないな…と思いつつ、
紅茶を飲んでしまった後、カップを眺めて、うっとしりちゃうてるひでした。

この日のヲ嬢さま・てるひの野望は、化粧室に行く事でした。
でも。行くためには、ベルでフットマンを呼ばなければならないの。
紅茶がなくなっても、お水をいただきたくても、ベルに手を伸ばせてなくて
目で訴えて、なんとか食事を進めることができたンですよね…

この日のアンナマリアのプティデザートのジュレが、ブラッドオレンジで
ものすごーく心ひかれたのですが、
アンナマリアでもキッシュは食べられるしね。
ひとりでお皿を変えてもらうたんびに、ちりりんは無理…と断念したのでした。

お食事の蟹とアメリケーヌソースのブルターニュ風(覚えられんって)キッシュは
蟹味(誰かさんのような表現?)がして、すっごくおいしかったです。
サラダのプチトマトのあまさに、生のトマトは苦手なてるひもおいしくいただいたけど、作られたトマトに、なんとなく悲しくなりました。
モッツァレラチーズとトマトのパニーニは、冷めたほうが食べやすいって、座長は言ってたけど、体格はイイのに口は小さめのてるひは、食べるのが難しかった…

出発予告の時間がきました。
お皿には、食べかけ(苦笑)のデザートが残っていました。
ナッツとキャラメルのロールケーキです。
デザートは、ジュレよりケーキが好きなので、迷わずセレクトしました。

2回めの帰宅で本カードをゲット!うふふ。
せっかく浅田さんが、お化粧直しは大丈夫か(セリフは忘れた)…と聞いてくれたのに「大丈夫です」と答えてしまったてるひ(涙)
ちりりん→お化粧室は、次回帰宅の宿題にすることに。

嘉島さんがいらっしゃったので「お料理、おいしかったです」と言うと
「食べられなくなる季節ですから、おいしく召し上がってくださってよかったです」
・・・とやさししく微笑んでくれました。
出発の時間です。でも…わたしより後で帰宅した方が、先に出発?
少しだけ長くお屋敷にいることができて、幸せでした。

雨はもうやんだようですね…お早いご帰宅をお待ちしております。
その言葉に送られて、お屋敷を後にしたのでした。
嘉島さん曰く。。。執事のお仕事は体力勝負なのだそうです。

4人席、おひとりさまを経験したので、次回はふたりでと思ったのですが
(誘うのがめちゃくちゃ苦手なため)夏の終わりに、またひとりで帰宅してきます。
うん。スープセットにチャレンジしたい気もする(笑)

この記事へのトラックバック