いつも前を向いて 『一瞬の風になれ 2-ヨウイ-』

自分の能力の幅。最低から最高まで。その1番上が見えないのがいい。
中学まで打ち込んできたサッカーに限界を感じ、高校から陸上を始めた新二。
最初の夏を描いた、1-イチニツイテ-に続く第2巻。
天才MFの兄・健一と、天才スプリンターの連。
すぐ近い場所にいるふたりの天才は、新二にとっては、全く違う存在でした。
『一瞬の風になれ2-ヨウイ-』佐藤 多佳子 講談社 2006

2つ違いの兄・健一は、ジュビロ磐田への入団が決まり、
卒業式を待たずに、家を出る事になりました。
その兄から、スパイクを贈られます。
サッカーをやめてしまったけど、陸上に打ち込む新二を、兄が認めた…って事?

1年の頃から、なんとなく気になる存在だった谷口若菜から、メールをもらいます。
相談したい事がある…と。
若菜は、どちらかというとスポーツに向いているタイプではありません。
神奈川県では随一のスプリンター仙波に憧れ、中学で陸上を始めたんだって。
短距離を走っていた若菜は、中・長距離への転向を進められ、迷っていたのです。

若菜から相談を受けた時に、新二が言ったのが「可能性」という言葉でした。
Jリーガーの兄を持ち、自らも、高校のサッカー部のメンツより、
サッカーがうまいのに、どうして続けなかったのか。陸上に転向したのか
そう…若菜に聞かれた時に、この記事、冒頭の言葉を言ったのでした。
ワクワクできるのがいいンだって。
サッカーの限界が見え始めてた時に、陸上っていう未知の、
てっぺんもどん底も見えてないものに出逢った。うらやましい話でもありますね。
チャレンジしようと思う気持ちに、年齢制限ってないって思えた。

新二たちは二年生になって、後輩が入ってきました。
インターハイの予選。地区、県大会へと進みますが
ライバルの連は、100mで勝ち残り、新二の個人種目は県大会止まり。
4継(100m×4リレー)だけは、南関東大会への出場権を得ます。
でも。リレーを走っている最中に、エースの連が肉離れをおこしたのです。
リレーだけでも出たい。連は顧問に訴えました。
今年のリレメンで走りたい。ひとりで走るよりおもしろい…と。
リレーって、不思議な種目ですよね。1+1+1+1が
5や6以上になる事も、3以下になってしまうこともある。
アーティストで言うところのグループとソロ活動の違いみたいな感じでしょうか。

南関東大会では、連以外のメンバーが4継を走り、平凡なタイムで終わります。
3年生は引退して、新二が、新しいチームの部長を務めることになります。
部員の信頼が厚かった守谷前部長が、新二に言いました。
自分のできることを精一杯やるしかない。毎日、ベストを更新するように。

気になる存在の若菜と、兄・健一のサテライトの試合を見に行く事になります。
母を病気で亡くした、若菜の一家は、父と弟ともにサッカーファンで
神谷健一のことも、知っていたのです。
各駅停車で、磐田へ向かうふたり。なんとなーく、ほんわかムードで。
競技場では、母からは、カノジョだと誤解されちゃったりもして。
健ちゃんは、後半から出場して、大活躍をします。

健ちゃんのこと「すごい、すごい」とべた褒めする新二に、若菜は言いました。
神谷くんのほうがすごい。あんなに大きな才能のある人に届こうとしている。いつも前を向いて、上を見て、あきらめたりしない
若菜の言葉は、ささったな、てるひの心にも。前を向く…あきらめない。
そうだ。あきらめなければ、道は開けるんだよね?

新人戦。春高は、4継で南関東大会に進みます。
新二の両親も応援にかけつけたその日、健一は自動車事故を起こし
大怪我をしてしまいます。再起も危ぶまれる大怪我を。
大会の会場から、ジャージのまま病院にかけつけた新二に
「ジャージ姿で、なにしにきた」健一に「帰れ」とひどい言葉を投げつけられて
それ以来…新二は、部活に出られなくなってしまいます。

「事故に遭ったのが自分だったら良かった。健ちゃんじゃなくて」
その思いを、健ちゃんにまでぶつけてしまった新二。
ずるずると、走る事からも、陸上部からも、連からも逃げ続け・・・
駅伝の県大会の事も忘れ去っていました。
でも。谷口若菜に「見に来て欲しい」と言われ、部員たちからも誘われて
やっとこさ重い腰をあげ、部員としてではなく、私服で応援にかけつけます。
そして。駅伝メンバーに声援を送るのです。もちらん、若菜にも。

春高のテントに行く勇気が持てなくて、ふらふらしているところを、連に見つかってしまいます。
健ちゃんと同じ天才、でも、連は俺のエネルギーの源泉だ。健ちゃんの凄さは俺からやる気を奪った。連の凄さは俺の闘志をかきたてる。
連に自分を意識させたい。一人の選手として。
そう思って、走り続けてきた新二でした。そして。連もま。
「俺さ、おまえとかけっこしたくて、この部に入ったんだよ」
早く走るって。一瞬の風になるって。すげー気持ちいよな。。。

なぜだかわかりませんが、この連の言葉に涙がこぼれました。
新二と連。ふたりだけの温度って言うか。
自分を高められる相棒と出会えたふたり。うらやましいと思いました。
(すいません。自分の好きに引き寄せてる感もありますが)
夏の南関東大会。怪我をした連が、4継だけでも走りたいと言ったのは
新二とかけっこしたかったから…なんですね。
今、目の前の1本。この1本。俺らのレーンを走るだけ
そう。ずっと先の事じゃなくて、目の前のこの1本。目の前の事に全力を尽くす。
それが、その先につながっていくんですよね。

最終巻。新二と連がどこまで行くのか…すごく楽しみです。
1巻の感想は一瞬の風になれ 1イチニツイテにありますので、よかったら。。。
一瞬の風になれ 第二部

この記事へのトラックバック

  • 俺の走る道 『一瞬の風になれ 3-ドン-』

    Excerpt: イチニツイテで始まり、ヨーイで悩み、ドンで真実のスタートを切った新二。 陸上選手として、人として。これからいろいろな事を経験してくンだろーな。 青春をかけて打ち込める事に出逢えた新二と連。 意識.. Weblog: このまま・手をつないで、霧の向こうへ racked: 2007-09-22 23:35
  • 佐藤多佳子さん著 『一瞬の風になれ2 ヨウイ』を読んだよ!!

    Excerpt: 佐藤多佳子さん著 『一瞬の風になれ1 イチニツイテ』を読んだよ!!の続きになります。 前の巻のネタバレになる部分もありますし、 今回のレビューはいつもよりもネタバレ傾向にありますので、 未読の方.. Weblog: のんびり前進じたばた生活 racked: 2007-11-28 19:46