心を握る・・・スシ王子!指南の弐

「スシ王子!」指南の弐 宮古島編 電光石火のスシ対決?
このドラマは、2話一組の短編連作。宮古島→けしぇんぬま→勝浦→築地
それぞれの土地で修行し、悪(?)と対決しながら、自然流継承者となっていくのかな?
いわゆる…成長の物語、来たり去る。ファンタジーの典型ですよね。
修行のやり方も、かなりぶっ飛んでるし、そんなんで克服できるトラウマなのかい
。。。とツッコミどころも満載な指南の弐の感想を、ちょっとだけ書いときます。

おことわり(笑)
DVDのハードがフリーズしちゃって、指南の弐は1回見ただけで、書いています。
コネタは拾えていませんし、間違ってる箇所等もあるかと思います。
もちろん、ネタばれしてます。
それでもいいよ…と言う、心の広い方だけ、お読みになってくださいね。

宮古島。いつか行ってみたい場所のひとつになった自然がそのまま残る島。
美しい自然を破壊し、島全体をスシテーマパークと化すという無謀な計画と
その前哨戦で、宣伝活動でもあるSUSIフェスティバルが行われます。
フェスティバルのメインイベントのために、銀座の名店・一柳から、
電光石火の早握り職人、鮫島が派遣されてきます。
テーマパーク反対派のティダ寿司に、寿司を食べにきた鮫島。
マグロを食しただけで、親方の腕を見抜きます。
親方もまた、鮫島の腕の確かさに圧倒され、お勘定を忘れてしまうのでした。

司とウミは、フェスティバル会場に潜入しますが、正体がバレてしまいます。
マダイくんの着ぐるみ着ちゃう王子。。。
ちょっと仮面舞踏会入ってた?あやしい踊り、マダイ踊り(?)がかわいいかったし
捨てられていたマグロの着ぐるみ・マッキーくんの目を見て覚醒してしまう王子
本物のギョじゃなくても、覚醒しちゃうわけ???
で。大暴れしちゃった王子。。。なぞだ
親方に大目玉をくらい、師匠との思い出の家で、ふて寝する王子。
ありんこがお友だちの光一さんと違って、司くんは、なんて言うか・・・なぐさめてくれオーラは発してないンですよね。なんか男っぽいの。

リリー師匠と父・スシ男爵の幻が現れて、情けない司をいましめます。
ここ。もう1回、見たいよぉ(泣き言はおいといて)
相手(客)を良く見ろ。相手がなにを望んでいるのか…見極めろと。
一流の職人は、相手を見て、シャリのかたさや大きさ、ネタも変えるそうですね。

土地の権利をかけて、鮫島と寿司対決をしなければならなくなります。
親方は、司が真の自然流継承者であるか見極めるためにも
鮫島とのスシ対決の相手に、自分ではなく、司を指名します。
そして。始まった特訓と言うのが・・・豆腐、ゴマ、砂の早握り???
スシは早握りが命。体温が、ネタの鮮度を奪わないようにするためですね。
豆腐とゴマの早握りは、難なくこなします。
焼けた砂握りには苦戦しますが、さすがスシ王子!握っちゃうんだよね、砂

ウオノメ症候群克服の特訓・・・がね、これまた(笑)
動けないように縛られた司くんに、ウオノメを見せるって言うハチャメチャさ。
覚醒しないようにふんばる司くんは、何度も気絶しちゃって
水かけられて。。。中世の拷問?狼男裁判naノリでしたね。
なんか違わない?そんな荒っぽい事で克服でいるんだったら、
とっくにリリー師匠が、治してくれてる気がするけど??

SUSI対決に臨む覚悟を決めた司くんが、カッコよかったんだよね
「俺の相手は、鮫島じゃない」
お客さん。つまり、食べてくれる相手なんだって。うん、うん。
お客の欲するものを見極める。お客の心を握る。
心を読むよう、相手をじっくり見て、そのひとのために握ることで、
ウオノメ症候群を克服していくのかな?

SUSI対決の日がきました。
この日のジャッジメンは、ドイツ首相でした。
鮫島とは顔見知りの首相のジャッジって・・・完全にアウェーどころの騒ぎじゃない
司くんは、足を痛そうにしている首相の姿を見逃しませんでした。
痛風には、プリンタイは毒。。。食べさせてはいけない。

早握り対決に勝利した司くん。すごいんだよね、鮫島が、2.4秒で握ったのに対し
2.5秒で、2かんのスシを握っちゃうの。
「お客(審査員)は、一人じゃない。ふたりだろ」きゃーでした。
創作寿司対決は、普通の握りしかしたことがない司は完敗でした。
公式HPに載っていた「カッパの黒い腹巻」を出すのですが、相手にされず。。。
単に。ノリを二重にまいたカッパ巻きのことだったんだけどね。
ギョが見られないのは。スシ職人には致命的だよなぁ。。。魚が選べないんだもん

最後の対決。お客をじっくり観察していた司くん。ドイツ首相が、ウニを食べるのを
ためらっているのを見て、ひらめき、ネタを採りに海へ。
海ぶどうと島ラッキョの軍艦巻きを、首相に出すのでした。
ウニの食べすぎで、痛風を患った首相。
鮫島は、勝負にこだわりすぎて、今、目の前にいる客を見ていなかったのです。
この勝負、司くんの勝ち。

その後。またお約束の成敗?格闘シーンははずせないらしい。
ギョを見て、覚醒した司くんは、悪を蹴散らすわけですが・・・
覚醒してる時には、司くんは記憶をなくしているようで、なんかね悲しいんだよね。
敵に飛びかかるカッコウが好き。凶暴な狼男かドラキュラって感じで。
なんか…そんな人ではない役も似合いそうですよね?

記憶が戻った彼に、お母さんが生きてると告げられます。
しかも。宿敵・一柳の奥座敷で。
米寿司は、一柳に叩きのめされる運命?恨むなら父を恨めと言われ・・・
お母さんのサヨリさんは、ほんとうは、一柳の総長と結婚すべき人だった...とか?
でも。スシ男爵と恋に落ちて、司くんを産むんだけど、東京に連れ戻された?
なんか。家なき子2の春海(字、あってる?)とかぶってない?

自然流奥義の話をする時。いっつもあの岸壁の上に連れ出される司くん。
ツッコマれてたけど、親方、カッコつけたいの?
会社をくびになっちゃったウミちゃん。
王子のことが好きなのか・・・と思いきや、かわたろくんとラブラブみたいで。
王子、ほれっぽいらしいけど、女の子の心がわかってないって言うか。
ま。純粋って事ですよね?

10歳の頃のスシ王子が、港、港に憧れた女教師がいます(だっけ?)
。。。って言ってたのは、あながち嘘じゃないのかな。
なんか。港、港で、スシ王子名前は知られているみたいですからね。
次の修行と決戦の地は、けしぇんぬま。
オキナワのウミガメ。また見せてね。

この記事へのトラックバック