追いかけて けしぇんぬま スシ王子との日々?

緊急特集 『スシ王子!を追え!in気仙沼』 その1」について
「スシ王子!」けしぇんぬま編。絶体絶命のスシ王子、づけのらんまから、
お母さんのことを聞けるでしょうか?
スシ王子の生まれ故郷、宮古島もけしぇんぬまも行った事がない場所ですが、
なぜだかなつかしい…けしぇんぬま。
それは。4月10日~20日まで、気仙沼で行われたロケを、お行儀良く見学した
お友だちがいたからです。
カノジョのレポは「スシ王子!を追え! in 気仙沼」として、メインキャスター?さんのBlogで、4夜連続、放送(記事にしてくださった)されました。
冒頭に、その1へのリンクを張っておきますので、ぜひ♪

てるひは、けしぇんぬま編のへぼへぼレポを書き上げてから
『スシ王子!を追え!in気仙沼』を読み直させてもらいました。
今さらながら…めちゃくちゃ臨場感あるレポに驚愕
なんだか…てるひまでけしぇんぬまにいて、タイヤを引きずって腰を鍛えていた王子にみとれたり、街中で王子に「罰ゲーム?」と聞いた子役さんを睨んだような
そんな錯覚に陥っちゃったのでした。

11日間にわたって行われたロケですが、天気、時間との戦いだったようですね。
24時間以上にわたって、撮影が続いたって話も、王子が披露してくれましたし。
しかも。初夏の日差しの宮古島から、まだ春浅いけしぇんぬまへ。
吐く息が白いとまずいから…と、氷を口にされての撮影もあったとか?

最近の連ドラは、撮って出しの作品も多いけど、スシ王子!は違いますよね
スシ王子!を追え! in 気仙沼」を読んでいると、お話しの進行通り
撮影が行われたのではない事がわかって、すっごくおもしろいです。
レポ2日め、建物の2階のガラス越しに、スシ王子のの背中が見えていた
そんな一文がありますが、これは、まぐろーとの対決の場面かな…とか
スシ王子が窓に向かって立つ、立ち位置だったら、ギャラリーが増えすぎて
困っただろうなぁ~とか勝手に想像して読むのも、楽しいです。

それから。雑誌や番宣(にもあったはず?)などで、建物の2階から飛び降りる
アクションシーンの話をしていましたよね。
次週予告編でも出ていた、あのシーンです。
目の前で見ていたお友だちやギャラリーの方々は、スシ王子は落ちないだろう
そう思ったそうです。その位の高さからの飛翔だったって事ですよね。
敵方のちんぴらさんより、スシ王子が1ばんキレイに落ちてたそうです。
そう。信じられない事、できっこないと思われる事をやってしまう男ですものね。
俺に不可能はない。有言実行ですね。

夜にもう1ど覚醒しちゃうだろう事を予想させるくだりもあります。
スシ王子に倒された人たちが、真冬のような海に落ちていった…そうですし。
覚醒時間は3分。じゃましたあなたが悪いのよね?
実は。てるひはSなので(本名が)スシ王子は、ぼこぼこにしちゃうより
ぼこぼこにされてるシーンが好きだったりします。
同士の方、いますよね?

そう言えば。づけのらんまに「職人魂は、謙虚さと愚直さとして宿る」
…って言われてたけど、謙虚、愚直の意味わかったかしら?
「教える事はなにもない」と、づけのらんまに冷たく突き放されたスシ王子。
そうそう。王子が冷たくされたりするシーンに、萌え~なの。
予告では、明るいお日さまの下で、いろいろな修行(?)に励むシーンが
流れていましたよね。
「特に、卓球の素振りは必見!!」とレポにあるのですが、確かにやってたよね。
唐手と卓球…どうつながってるんだろ。。。楽しみですよね。
自然流の指南書にあるんだろうか・・・
ほんとに、あの指南書の修行を全てなし終えたら、強くなれるんかな?

悩んだスシ王子が瞑想した(?)岩…の報告もあります。
もちろん。撮影したシーン全てを使ってるわけではないと思います。
それに。建物の中での撮影は見学できなかったそうですし(当たり前か…)
最初にレポを読ませていただいた時には、ばらばらだったシーンというピースが
半分、予告も見たからもっと…かな、つながってきて、
今、すっごくわくわくしています。

「スシ王子!」は、光一さん主演じゃなかったら、絶対に見なかったと思う。
それなのに。今では録画したDVDを何度も見直して、ぐだぐだなレポを書き、
それじゃたりなくて、ロケレポを読み直させてもらったら、
まだ読んでない方にも読んでほしくなっちゃって、こんなTB記事を書いたり。
はまっております、激しく。
スシ王子の覚醒は3分だけど、てるひの覚醒は永遠に?意味違うか…

この特集記事には、スシ王子のロケのレポートはもちろんですが
レポーターさんが、偶然目にした、スシ王子に覚醒(?)していない
王子の素敵な表情も、たくさん紹介されています。
このレポには習慣性がありますから(てるひは、あやしく何度も読ませてもらってます)気をつけて、お読みくださいね
さて…と。もう1ど、タイヤを引きずる王子、見ちゃおかな

この記事へのトラックバック