カッコ悪いがカッコイイ? スシ王子!指南の壱

ふつーにカッコ悪いですよね?オキナワのウミガメ…とか
防波堤(?)で、からまれたウミちゃんを助けようとして、助けられちゃうし。
白い肌とさらさらヘアはカッコ悪い…男はパンチと床屋さんに行ったりして
どー見ても、カッコイイとは言い難い
それなのに。カッコよく見えちゃうのは、てるひの目がどーかしてる?
。。。と言うわけで。ナイトドラマ「スシ王子!」第1話の感想をちょっとだけ
れびゅーじゃありませんが、ネタばれしてますが、よかったら。。。

天然で純粋な青年 米寿司くん。
パンチパーマをかけちゃって、ご機嫌で、道場破り???
賞金10万円のかかった試合だったはずだけど、ぼこぼこにされちゃうンだよね
パンチパーマも気合いを入れた瞬間、ほどけちゃうほどのさらさらヘア。
宮古島の男としては、パンチかけられないし、醜いあひるのコなんだって。
なんじゃそりゃ?意味不明な言葉、連発なんだよね。
王子、人生初パンチも、なかなか似合ってて。短髪もイケてるし
戦争映画とかのオファーもきちゃう?などと思っちゃいました。

なんにも考えずに楽しめる、おばかドラマ?
そー言われても、いろんなこと考えちゃうんだけど(笑)
明日、食べるものもなくて、唐手の試合して、賞金稼ぎしようとしてるのに
パンチパーマかけるお金は、どーしてあったの?
いや…こーゆーこと、考えちゃいかんのでしょうね。

美しい宮古島に、スシのテーマパークを作るという住民を無視した計画があり
反対派の店などに、開発者の手下たち(司が試合を挑んだ道場の輩?)が
嫌がらせをしていて…
テーマパーク建設の一環として、SUSHIフェスティバルというイベントが行われ
ドイツの首相もお招きしちゃうらしいのですが
…ドイツってドイツ村の社長の間違いじゃない?…とツッコミたくなっちゃうけど?

リリー師匠の弟子で、自然流沖縄唐手免許皆伝の海月も
テーマパーク計画反対派でした。
自分の寿命を悟った師匠は、司のことを海月にまかせたいと思っていたため
司も、この争いにまきこまれていくわけですね。
海月は、ティダ寿司の大将で、握った気を飛ばすというすごい技の持ち主。
この技が自然流奥義らしいんだけど・・・

司は、父と祖父を海の事故で亡くすまでは、天才寿司少年で。
スシ王子と呼ばれていましたが、今となっては、この愛称「スシ王子」は
スシを捨てた彼への哀れみとも、蔑みともとれるあだ名に成り果てていました。
司は、どうして寿司を捨てたのか…
巨大カジキに、父と祖父を串刺しにされて殺され、そのカジキと目が合った事が
トラウマとなってしまったンだって。それが、ウオノメ症候群

10歳の司が、お客にイイカッコをしようと、箸を置いたお客に
中トロをサービスしたことを、きつくしかります。
カッコつけるために、マグロの命を使うとは何事か…と。
人間は、他者の命を食らって生きなければなりません。
だからこそ。お腹を満たす分だけしか、殺生してはならない。
父・スシ男爵は、本物のスシ職人だったようですね。

リゾート化推進派との抗争に巻き込まれた司は、戦いを余儀なくされます。
多勢に無勢?ぼこぼこにやられちゃうンだけど
そこに尾頭付きの魚が投げ込まれ、目を見た司は覚醒します。
ウオノメ症候群。魚の目を見ると覚醒し、とんでもない力を発揮しちゃう病気
あっちゅう間に相手をちぎっては投げ、なぎ倒し、ぼこぼこにしちゃう。
破壊尽くさなきゃいられない体質に変わっちゃう?
超人的なジャンプを見せたり、狂気をまとった姿にうっとりする自分が怖かったかも

司くんは、かけつけた警察につかまっちゃって。
犬小屋みたいなちっちゃな檻に、3日間も入れられちゃう。
捨てられた子犬みたいな感じで、頭なでたくなるよーな?
隣の檻につかまってた男に「お前、アメリカに行く」とか言われてるし
えぇ~こりゃ・・・オンエア前に映画の話をしちゃう訳だ(笑)
今までも、魚の目を見て覚醒した司は、小学校をぶっつぶし、島を沈め…
えぇ~なバカ力を発揮してきたらしい?
なんじゃそれ・・・
ジキルとハイドだ。ベムベラベロ(妖怪人間?)だと嘆くんだけど
この司ってひと、まじ天然?意味わかって、話してんだろか・・・

「お前なんか 握ってやる!!」
覚醒完了した時に言うんだけど、これ、魚に対して言ってるんですよね。
握ってやるならイイんだけど、足で踏みつけにして、ぼこぼこにしるの。
このスシ王子の姿を見たら、スシ男爵は嘆くよね。
やっぱり。ウオノメ症候群は治さなきゃ、人としても、スシ職人としても
自然流唐手の継承者としても、やっていけない。。。

それなのに。リリー師匠は、どうして覚醒させたりしたんだろなぁ(ぎもん)
ウオノメ症候群を克服しなければ、司に明日はありません。
乗り越えさせるためにも、覚醒させたんだろか・・・
覚醒した時の司の乱闘(?)シーンは、すさまじいと言うか。
めちゃくちゃなんだけど、うっとりするって言うか。

寿司を捨てた司でしたが、海月に、自然流の技を見せつけられて
自然流の極意は、握りにあり・・・と、海月に弟子入りすることになります。
で。来週はあやしげなドイツ村(笑)で、寿司対決しちゃうンですよね?
ひとり…砂を握る司くんの表情がね、背負ってるものの重さが滲んでて
ぎゅっとしてあげたくなっちゃうの。
でも。封印していたマイ包丁を研ぎながら、あやしい歌を歌ってるし
このアンバランスな感じが、いいですよね。

天然ゆえに、わけわからん発言ちゃう司くん。
ぼこぼこにされて、顔に傷つくってる王子を見るのが至上の喜び?
・・・わたしってあぶない?美しい顔に傷・・・残酷なほど、きれいなんだもの
あぁ・・・やっつけるより、やられる姿が見たいなんて。

スシ王子!は、光一さん主演じゃなければ、見ない種類のドラマだと思う。
作家 篠田節子氏と出会わせてくれたのもカレだったし
てるひを、新しい世界へ誘ってくれる光一さん。
来週も楽しみにしてますから~

この記事へのトラックバック