誰が…ではなく絶対にNO!舞台「NO MAN'S LAND」

ひとはどの位、緊張に耐えられるのか…
少しでも油断したら、撃たれて、命を落としてしまうかもしれない。
反対に、自分の手を新しい血でぬらしてしまうかもしれない。
同じ言葉を話す、少し前まで、一緒に語らっていたひとのことを。
坂本昌行さん主演「NO MAN'S LAND」を観てきました。
映画化もされている作品ですし、ネタばれしていますが、良かったらぜひ。

スモークに砂煙。臨場感あふれる席での観劇でした。
坂本さんの舞台を拝見するのは、トニセンの「とんかつロック」以来かな
第1印象は、坂本さん兵士の体格してる…って思った。骨太なかんじ?
テレビなどでは、へたれな扱いをされてますが、ぜんぜん違います。

舞台は1993年、ボスニア・ヘルツェゴビナ(旧ユーゴスラビア)
この国には、クロアチア人、セルビア人、ムスリム人が共存していましたが
セルビア人は、この国からの独立を武力的に行おうとしていました。
ほんの少し前の話です。
でも。平和な日本に暮らしているわたしには、遠い話。情けない話ですけどね。
それだからこそ。観たいと思った作品でもありました。

NO MAN'S LAND 誰のものでもない土地。中間地帯の塹壕が物語の舞台。
チキ(坂本さん)とツェラは、突然の砲撃に合い、この塹壕に逃げ込みます。
会場が戦火に包まれる演出。てるひ、砲弾飛び交う中にいました。
敵が去り…静けさを取り戻した塹壕の中で、ツェラは倒れ、身動きもしない。
チキが様子を見に行った隙に、セルビア兵のニノがやってきて
死体だと思ったツェラの体の下に、地雷を仕掛けます。
ムスリム兵が、仲間の体を動かした途端、爆発するように。

戻ってきたチキは、ニノに発砲します。弾丸はニノの腹をかすめ
一気に空気が緊張します。きれそうな。音が聞こえてきそうな感じでした。
ニノは殺されてしまうのか…そんな緊張感を打ち破ったのはツェラ。
深手を負ってはいるものの、気を失っていただけだったのです。
身動きしようとするツェラを押しとどめるニノ。
寝返りでもうとうものなら、地雷が爆発してしまうのですから。
ここに。奇妙な三角関係が生まれます。
お互いに手出しできない。でも、いつ殺られるかもわからない状況で
3人は、ジョークを言い合うようにもなるんですよね。

チキとニノは、軍服を脱いで、シャツを白旗に見立ててふりますが
国連軍からの救助の手は、差し伸べられませんでした。
たばことサッカーの話から、お互いが、隣人として暮らしていた時代を思い
一緒に歌を歌ったり、笑いあったりするようにさえなる。
1990年のワールド杯。現日本代表監督オシム率いるユーゴ代表には
天才プレイヤーストイコビッチがいました。
あの時の事を語る3人に、思わずうなずいてしまったてるひでした。

一緒にサッカーをしていた時代もあった。チキの彼女はセルビア人だった。
でも。憎しみは消えない。
村を全滅させられたチキと、職業軍人のニノ・・・
チキの心を支配した、復讐という名の自分をも破滅させる武器。
生き延びたい。戦争が終わった後に土を耕したいという夢もある。
この二つの反する思いに揺れるチキ、そして、ニノ。
空気がどんどん緊迫していき、見てるわたしの肩もこっていきました。

そこへ。国連軍の女性兵士が、塹壕にやってきます。
平和維持の名のもと。彼らをそれぞれの軍に返すために。
和んだかに見えた3人の関係は、やはり手を握り合うことはできないのか
平和維持ってなんでしょう?命より重いものなんてないはずなのに。

1幕、ワンシーンの舞台劇でしたし、仕掛けられた地雷と女性兵士
そんな道具立てですから、舞台の結末は、思った通りのものでした。
なんとも納得のいかないものが、胸にしこる。
この怒りに似た疑問の数々。これこそが、この舞台が、
わたしたち日本人に投げたかったものだったのだと思いました。

誰が戦争を始めたか…そんな事が問題なんじゃない。
どうして戦争が勃発したかを考えるなら、2度と起こさない、起こらないよう
導かなきゃダメなのです。
絶対に絶対に絶対に戦争は起こしてはいけない。

世の中には、戦争の他にも、取り除かなければならない問題はたくさんあります。
でも。神が振るう災厄と違い、戦争は人がおこすものなんですよね。
人の心がおこすもの。だからこそ、食い止める術も人の心の中にあるはず。
舞台を見終った後。わたしの心は疑問でいっぱいで、苦しかった。
民族紛争や宗教の違いによる戦争。
わからないからと言って、目をそむけてはいけない。
なにもできないかもしれないけれど、しらん顔はしてはいけないんだ。

ほんとうに、息苦しい舞台でした。
起き上がる事ができないツェラが、煙草を吸いたいと言い
その煙草を、チキ、ニノと3人で回し吸いをする。
不思議な連帯感が生まれ、事態は好転するかと思わせる。
ジョークを飛ばし、笑い合う3人に、客席も笑ったりもしました。
屋外なのに、逃げることができない密室でのぎりぎりのやりとり。
役者さんの力がなければ、なんともしらけたものになってしまった事でしょう。

坂本さん。すごいです。演劇人だなぁって思った。
ミュージカルだけじゃなく、ストレートプレイでも、存在感ある演技をなさる。
また、坂本さんの演技を見たいな。そう思いました。

この記事へのトラックバック