このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 精一杯。そして自分らしく在る KinKi会報no.64

<<   作成日時 : 2007/04/08 23:44   >>

トラックバック 0 / コメント 6

怖いよ。こんな気持ち、はじめてだ。ショーをやるのが怖いなんて
…じゃなくて。怖かったのは、オレンジの封筒を開けることでした。
笑われそうですが、DMの中に、オレンジの封筒が埋もれてるのを見つけた時は
胸がちくんとして、もう1度、埋めなおそうかとも思った。
SHOCK語りになってる事はわかってた。大好きなSHOCK。
大好きって言葉じゃ語れないほど好きなのに、
会報が届いたと書き込みを見つけると、真夜中でもポスト見に行っちゃうのに
今回の号だけは、全く待ち遠しくなかった。KinKi Kids会報no.64

オレンジの封筒をあけたら、うつむき加減の剛くんの横顔♪
「違う!」ジャンプしちゃった。うれしくて。予想を裏切ってくれて、ありがと。
表紙は、光一さんの麗しいお顔。右目が充血してるけど、すてき
戯言におつきあいいただく前に、書いておきますね。
てるひはKinKi Kidsファンです。活動の状況によって、どちらかに傾く事はあっても
ふたりが大好き。ふたり一緒が一番と思っています。
だから。今回の会報が、SHOCK一色じゃなくてうれしかった。。。

前回の会報が届いてから、1ヶ月たっていませんよね。
今年は10周年だから、伝えなきゃイケナイ事が多いから?
…とか、勝手にぬか喜びしております。
内容も、良かったですよね。
座長のEndless SHOCK語りは、興味深かったです。

座長の美しいお顔はずっと見ていたいけど、ぐっと我慢して(?)頁をあけると
てるひがフライングの中で、ベスト1と2にあげたいと思うほど好きな
リボンフライングとラダーフライング。
コウイチの全てをかけたショーを彩るフライングが、飛び込んできました。
そして、そこに見つけた「精一杯”在る”」というフレーズ。
相方さんが言ってる「自分らしく在る」と同じ意味ですよね?
すごい。。。すごすぎるよ。

「天に祈らないのだろうか、彼は…」インタビュアーが持ったという疑問に疑問。
祈る? なにを?無事を?成功を? このひとのmust go onじゃない。
天は精一杯在ったひとに、報いてくれる。それも必ずという訳ではない。
もちろん。精一杯祈ったなら、それがその時にすべき行為なら、
叶えられるかもしれないけど。

SHOCKを見ていると、つい忘れてしまいがちな事がある。
堂本光一というアクターが、コウイチという役を演じているってことを。
SHOCKという舞台の魔力でもあり、堂本光一の奥深さでもあるのかな。
会報のライターさんも言っていますが、去年で、Endless SHOCKは完成した。
てるひも、そう思っていました。今年は再演だって
でも、進化してた。
光一さんが、コウイチというキャラクターを突き放して見ていることに驚愕もした。
そうだよ。コウイチは光一さんじゃない(笑)

光一さんが、ポイントポイントの、コウイチを語っているのがとても興味深いです。
トウマの「好きなヤツが振り向いてくれない」振り向いてほしかったのは
リカじゃなく、コウイチ。
これ、すっごくわかった。たぶん、見てる人の多くが思ってたよね。
ジャパネスクの前のケンカで、コウイチが我を忘れ、暴走していた
でも。アキヤマは「コウイチは暴走なんかしていなかった」と言った。
ここのセリフに違和感を感じていたけど、コウイチもだったのか〜とか。

光一さんが作り上げたコウイチの心の動きを、SHOCKの記事で
勝手にあーだこーだ書いたけど、
光一さんが描いた事を、違うふうに解釈してたシーンもありました。
自分を擁護するわけじゃないけど、それでもいいんだと思った。
好きなように見て。なにか感じれば。

特に。トウマという人物像については。座長がん見体質だったせいもあり
わからずに見ていたんだなぁ〜と思い知りました。
トウマは人気や名声が欲しいんじゃなくて、コウイチに認めてもらいたいだけ
好きなヤツに振り向いてもらいたいだけ。そう思って、見てましたからね。

でもね。いいんだと思うんだ。それでも
どのシーンも、光一さんが語ったような見方、感じ方をしなくてもね。
作品って。発表された時には、解釈は見る側にゆだねられるものだもの。

第2幕すべてを、甦った死者が見せたショーとの解釈もできるのでは?
ライターさんの問いかけを、やんわり否定した光一さん。
てるひも、よく考えたよ。
コウイチは死んだのではなく、瀕死の状態で、楽屋に戻ってくる。
でも。生身のからだは病院にあるから、手は冷たいし、刺されても血は出ない。
最後のショーをやり遂げて、桜をつかみ、倒れる。
その時に、病院で蘇生する…その事実を知ってるのは観客だけ…とかね。

「カンパニーの続きって考えるよ」と光一さんは言っています。
コウイチぬきのカンパニーのその後は、上演される事はないでしょう。
だから。見る側も、コウイチは死んでないって思っても、
そのストーリーは上演されるわけでもないし、思うのは自由って事で。

いつからだったか…外国人ダンサーさんが、ひとりかけた事がありました。
街歩きのシーンで、コウイチが時刻を尋ねる警官が一人だったり。
ダンサーさんが肉離れして、舞台に立てなくなった時に
他のダンサーが代役をした話も興味深かったです。
まさに。しょーますとごーおん。
仲間のこと、誇らしげに話すとことか、光一さんらしくていいなぁって。

そして。光一さんに1番語ってほしい相方さんのはなし。
イチゴから笑顔が生まれてる?って不思議な注文にこたえて、
プレッシャーと本番に強い(?)剛くんが、一発で成功したというCM。
実は。オンエアはまだ見てないの…まだ見られますか?(ダメなファンだね)
斜め顔がね、素敵。ハイチュウになりたい
剛くんが、髪を直すしぐさって、すっごく好きです。
CM撮りってタイヘンなのね。非現実なシチュエーションだから余計にそうかな?
てるひも、赤のダースは、1日1箱ペースで食べてるかも。

千秋楽の日の特別カーテンコールの写真も、載せてくれてうれしかったな。
光一さんが、座長の顔から堂本光一に戻った瞬間が見られて、うれしいです。
やりとげた笑顔と、恐がってた胴上げもね。
この日。帝劇前まで行ったんだよね(若いな、気持ちだけは、自分・笑)
「またお会いしましょう」との約束をありがとう。
その日まで。てるひも〜must go on.とにかく気持ちだけでも。

シェークスピアの言葉
「天は、自ら行動しないものに救いの手を差し伸べない」
まさにその通りですよね。
やればできるハズは、行動しないひとの言い訳だもの。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
てるひと沙耶は同じくらい素敵。謙遜?自慢?なかなか面白い日記ですなぁ♪さて、会報。
今回は写真もよい出来でしたよね。満足!演じていることをつい忘れてしまいますね。堂本光一の物語としてみちゃう。違うんだよね。雑誌で読んだのですが座長は「どうすればお客様に伝わるかそれだけを考えて演じている」そうです。十分伝わってますよね?Gロケの方が「年々フライングの姿勢が美しくなる」と驚いていました。「リボンフライングは世界中でたった一人、彼しかやっていない」とも言ってました。
ハイチュウCMはね♪声にやられますよ。「いちごでしょ〜ん」と鼻にかかった甘い声。こんにゃろめ〜!ってしたくなります。でもね、もうすぐ終わっちゃうらしい。新シリーズはじまるそうです。
Rain
2007/04/09 20:02
今回の会報は興味深くて、とても嬉しい新しい発見をもたらしてくれました。
舞台では観ている私たちも受け止め方が違って当然だし、光ちゃんは押し付けることはしませんよね?
ストーリーの根幹がしっかりしていれば、観ているほうは混乱しないはず。
もちろん、「コウイチの死」をどう捉えればいいのか?「コウイチの暴走」とか、私も、しっかり見届けていたかったのだけど。
光ちゃんが、意味づけすることで様相は変わってしまうのですが、本人が仰ることで納得するという感じなのかなぁ?
ミュージカルという概念を超えたところにあるものだと思うのでテーマが「在る」とは奥が深いんだなぁと思いました。
うむ・・・色々、感じ入ることがある光ちゃんのインタビューでした。貴重だと。。。

剛くんの「ハイチュウ」は何度か遭遇してました。とっても可愛いですよ♪
SHINE
2007/04/09 22:44
こんばんは★
桜のところにも今日 届いておりました♪
年会費の振込用紙とともに^^;桜は7月に入会しました。偶然 kinkiのデビューの月で 嬉しいです☆4月でもよかったな(爆)
ハイチュウロケの剛くんは もうめっちゃめちゃ素敵で もうーーーあーーーーー!!!!て感じでした(崩壊)
うんうん♪つよたんの「イチゴでしょ〜ん♪」
携帯の着ボイスにしたいねー(笑)エンドレスに聞いてちゃいそう♪
愛戦士桜
2007/04/09 22:49
Rainさん、こんばんは。
なんだろね…沙耶の日記。飼い主の機嫌を取ってる(褒める?)らしいんだけど、自分を引き合いに出すなんて、どれだけ自分が好きなんだって感じですよね。飼い主に似たってことかしら?
「どうすれば伝わるか…」あれだけのショーを披露しておきながら(笑)ストーリーを大切にもする。観た人すべてに、なにかが残る、伝わる舞台だったと思います。
リボンフライング。真似できるなら、してみなさい…みたいに言ってましたよね。腕にものすごい負担がかかる。マネしたくてもできないだろうな。美しく飛ぶのって、難しいんでしょうね。
ヤバイです。いちごでしょ〜ん。見ないうちに終わられたら泣くかも。愛が足りないのかも?
てるひ
2007/04/11 00:51
SHINEさん、こんばんは。
今回の会報も、なんとも読み応えがありましたよね。知りたかった事にも答えてもらえた気もするし。
今年のSHOCKが、去年以上に胸に響いたのはどうしてなのか…なにを伝えたかったのかとか、自分になりに納得できたなぁって。
でも。矛盾があって、ツッコミどころ満載なのがSHOCK。そうも思ってますけどね。
会報は、雑誌などよりも、ファンに近くあってほしいから、今回も前回も、満足度高かったです。ずっとこう在ってほしいかも。
精一杯"在る"在り続けるなら、Endless SHOCKは進化し続けるって事ですね。限界なんてないんだ…を地で行く感じかな?
ハイチュウのCM。なんで遭遇できないんだろ?無音が好きだから仕方ないかな
てるひ
2007/04/11 01:18
愛戦士桜さん、こんばんは。
デビュー月に入会なさったンですね!素敵。
てるひは3月です。冬コンに行けなくて「FC入らなきゃ」って思い立ったのに、その年の春コンにも間に合わなかった涙の記憶が…
てるひって。リサーチ能力がないからかな。つよたんの「イチゴでしょ〜ん」もですが、十六茶のCMもあんまり見られないの。でも。ぱかぱかは、ENDLI☆TVの間にはさまってたの♪うれしーかったな。
ハイチュウいちご。真夜中に食べる危険なてるひでした。おいしーね、これ。会報の写真を見て、あまーい気分になっちゃったけど、これ以上、重くならないように注意だわ。
てるひ
2007/04/11 01:27
精一杯。そして自分らしく在る KinKi会報no.64 このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる