掴んだ瞬間、幻じゃなくなった KinKi会報 no.8

今年10周年を迎えるKinKi Kidsの2つめの月が始まりました。
幻の…とか伝説のライブとか、ファンって使いたがりますよね?
たとえば。2000年の夏コン・横浜スタジアムの中日とか。
「あの日があったから、今の自分がいる」という人もいる。
先日。てるひにとって幻だったモノをひとつ、手に入れてしまいました。
KinKi Kids 会報 no.8 発行年 9708

2000年は、最後(…って言いたくないけど)に夏のツアーがあった年です。
最後の3daysが、横浜スタジアムで行われました。
雨の多い季節に、野外でのコンサート。
オーラスの日は、雨も上がって、とても気持ちの良いライブでした。
てるひは、そのオーラスと初日に参加だったので
中日は話にきくだけの、まさに伝説のライブでした。

あの日は、彼女にとって、初KinKiコンだったそうです。
大雨の中。中止が決まっても、お互いのソロ曲は披露しくてくれて
光一さん、剛くんがお客さんを見送ってくれた…と聞きました。
全部見られなかったから、余計にもっと見たい、また見たいと思った。
その人は言いました。
そうかもしれない。愛しすぎたら、燃えつきちゃうかもしれないね。
行きたい衝動に身を任せすぎるのも良くないのかも?
最近の自分を振り返って、ちょっと反省してみたりして。

あの…話に聞くだけだったライブは、媒体に収められた時に
伝説でなくなった気がします。

てるひにとってのもう一つの幻(伝説)がKinKi Kids会報 no.8でした。
FCに入会したのが、1998年の2月で、最初に届いた会報は、no.11。
「FCに入らなきゃ、コンサートに行けないんだ」
入会を決意(おおげさ)させた宝塚での冬コンの記事がのっていました。
あの頃は、なんとなく好き。ライブには行きたい程度のゆる~いファンで
あ、今もですけどね(笑)
会報のバックno.を集めたい…と思ったのは、FCが麻布にあった頃だから
たぶん。2003年くらいかなぁ(うるおぼえ)
その時に、売り切れだった、no.1,4,5,8以外をおとな買いしました(笑)

その頃、ファンの間で「幻のナンバーエイト」と言われていました。
no.1が手に入りにくいのはわかるけど、8番ね…
思いは募るばかりなり・・・でしたが、先日のSHOCKの帰りにアイドル誌専門(?)の
古書店で、あっさり見つけちゃったのです。
Mさん、ありがと! no.1も彼女が大阪で見つけてくれたっけ…
今年もSHOCKに同行させてもらったし、お世話になりっぱなし。いつもありがと。
福岡、行こうね~ 全国ツアーがあると決めつけてるわたしたち。
絶対に読まないだろうから(めんどくさいって言ってたし)お礼を書いとこ。

光ちゃんは「艶姿!ナニワの光三郎七変化」の撮影の模様。
前髪をピンクのクリップでとめてて、かわいいし。旅役者の役で女形もあって
このドラマは、残念ながら見逃しちゃいましたが
ここが、光一さんの舞台への原点なのかな・・・と思ったりしました。
「MASK」では女形やってたもんね。
その話は、またいつか・・・

剛くんは、映画「金田一少年の事件簿」の撮影のはなし。
デビュー日には、真夏の上海にいた剛くん。
ローラーブレードで町を切り裂く(笑)シーンの撮影をしてたそうで。
上半身裸のショットにキャーですよ。
もみあげを気にしてるはじめちゃん。うん、なつかしいですね。
うん。手に入れられて良かった!
ちょうどデビュー日前後の記事がのってる号だから、売り切れちゃって
「幻」の冠がついたのかもね。

ちっちゃいことだけど、またひとつ。夢幻を現実にした。
会報コンプリートまで、あと1冊!残りは no.5。
10周年の今年のうちにそろえられたら、いいな。。。
ジャニショ全国制覇とともに、今年の目標にしておこう(笑)

横浜スタジアムのコンサートは、こんなふうに書いちゃったけど
KinKiさん、スタッフのみなさん、参加した方々は、たいへんだったと思います。
でも。わたしの知り合いは、みんな「参加できて、良かった」
そう言っているので、こんなかたちで書かせていただきました。

この記事へのトラックバック