自分がされたら嫌なことを

自分が他人にされたら嫌な事、いっぱいある。
無意識のうちに、自分が嫌だと思う事、他人にしてしまってる。
たぶん。たくさん、してしまってる。
でも。サッカーでは、自分がされたら嫌だと思う事、いっぱいした方が勝ち。
走りながら、嫌がられるプレイを考え、スペースを探して走りこむ。
オシムジャパン、ハジメテの公式戦。アジアカップ予選。対イエメン。

勝ち点3をもぎ取る事が最低条件だった、イエメン戦。於 新潟ビックスワン
大方の予想を裏切らない布陣でのスターティングでした。
たつまきFW(笑)みんな、よく考えますよね~
ま、まんまですけどね。
このべたべたなネーミング、どこぞの事務所のグループ名のよう。

今日の試合のステーティングメンバーを見て、思いました。
「前半は、点が入らなければイイな」
日本はホームですから、先制点を取れば、大量得点もあり得るけれど
試合がそう流れたなら、羽生選手の出場機会はのぞめない
そんな気がしたからでした。

前半。のんびりサッカーをやっているような感じがしました。
本気でプレスかけてないような?
オシム監督が言う「危険をおかす」プレイも、
自分が誰かにされたら嫌なプレイも、あまり見られなかった・・・

シュートがバーに嫌われたり、キーパーの正面をついたりしましたね。
もう少しだけど、1点が遠かった。
わが相方殿は、ジェフ千葉ファンですから、
前半から、控えに回ったふたりの選手の交代出場を叫んでいました。

そして、後半のあたま。その時はきました。
牛若丸がビックスワンのピッチに降り立ったのです。
攻撃的MFの羽生選手は、持ち前の運動量で、常に前を目指しました。
TVにかじりついて見ていたのですが、あっちゅう間にフレームアウト。
スペースをこじ開けるように走る。
先制点につながるコーナーキックをもぎとったのも、羽生選手でした。
アレックスのコーナーを、走り込んできた阿部選手が頭であわせた。
きれいなゴール。
阿部ちゃんのA代表初ゴールでした。おめでと。
美しいシュートを撃つ男は、ヘッドも強い(笑)

羽生くんに続いて、ジェフの侍・佐藤勇人選手も、代表デビュー!
サッカー続けていて(笑)良かったね、ユウト。
弟の寿人選手も投入され、めでたく、何年ぶりかで一緒のチーム、
しかも日本代表で、サッカーができたふたり。

2点めは寿人選手でした。すごいって思った。
センタリングに合わせられず体勢を崩したものの、キーパーがはじいた
ボールに反応し、シュート!
ひじうちされて、目の下が黒くはれていたのは痛々しかったけど。
あきらめずゴールに向かい続ける姿勢と、謙虚な気持ちを持つ点取り屋です。

2対0の結果に、オシム監督は不満だったようですね。
確かに。シュートはずしすぎですよね。FKとCKもけっこうあったのに
得点につながっていないし、オシムが目指すワンタッチプレイはできてなかった。
またまた名言も飛び出しました「各駅停車」

先週の親善試合で「90分走れない選手がいた」
そう言われてしまったので、走る事を惜しんでいたようにも見えました。
エレガントとは共存が難しい効率性。
国際試合に臨むのに、いつも足りない時間。
そんなものと戦いながら、9月の中東遠征は、かなり苦しいものになりそうですね。

今夜は、羽生くんとユウトが揃って初キャップ。
それだけでうれしいてるひなのでした。
おめでと。
代表定着をめざして、走り続ける彼らを見守りたい・・・です。

この記事へのトラックバック