日々、進化し続けるチーム

フクアリこと、フクダ電子アリーナを黄色で染めよう!
宿敵浦和レッズを迎えてのJリーグ第11節。
あらゆるアゥエーのスタジアムをホームにしてしまうレッズサポーター。
ジェフユナイテッド千葉のサポーターは、礼儀正しいけれど、おとなしい。
真っ赤に染まったホームで、イレブンに試合をさせたくない
そんな思いから、サポーター中心に、盛り上がった合言葉でした。

今日も、わたしの牛若丸さまも先発出場です♪
前節の大分戦でも、先制点をあげて、ノリにのっていますし。
前半から、敵陣内を縦横無尽に走り回る羽生くん。
見失うことあったの(笑)

前半、圧倒的に攻めたジェフ千葉。
ゴールを揺らすものの、オフサイドだったりして、ノーゴール。
走って走って、走り回るのがジェフの・・・オシムサッカー。
個々の能力で比べたら、代表候補を多くかかえる浦和レッズの方が
数段上だと思います。
走って、スペースを作り、他の誰かが、できたスペースに走りこむ。
ルールさえよくわかっていないわたし(サッカードシロウト)が見ても、
ジェフのサッカーは、すごく楽しいのです。

今日のレッズは、どこかヘンでした。
こわくないのです。
わくわくしたけど、ハラハラはしなかった。
ゴール前に攻め込まれてドキリとする。崩される。
そんなシーンが、全くと言ってイイ程ありませんでした。

レッズの小野選手が、うまい足さばきでボールを奪ったりするシーンが
幾度か見られましたが、ボールがつながらない。
小野選手は、なんとなく接触プレイをさけてるようでした。
どこか悪いの?

うちの相方曰く「俺が代表監督なら、小野や稲本より阿部を選ぶ」
すいません。相方は、フクアリを黄色に染めていたひとりですから。
キャプテン阿部勇樹選手は、早い段階で、レッズの攻撃の芽をつみとり
攻撃へ転じる。さすがのプレイを見せてくれました。

前半を0点で押さえたことで、いける・・・と思ったのでしょうか
後半、レッズが先に動きました(選手交代)
後半の最初は、セカンドボールが拾えませんでしたね。
それでも、決定的チャンスを作られる事なく、そして。
その瞬間がきました。

クルプニコビッチからのパスを勇人が胸でとめて、巻ちゃんへ
頭ではなく、右足でゴール!きれいなゴールでした。
おめでとう、巻ちゃん!
その後も、ジェフの足は止まらず、守りに入る事もありませんでした。
そして。途中交代の中島選手が追加点をあげて、2-0としました。
浦和に浦和らしいサッカーをさせず、完勝!

画像ワールド杯中断前のリーグ戦は、土曜の日産スタジアムでのマリノス戦を残すのみとなりました。
その後、清水エスパルスとのナビスコ杯もあります。
澤登選手の背番号10を引き継いだ男を見たいかも・・・

勇人。足は大丈夫ですか?
羽入ちゃん、次節のマリノス戦も走り回って、攻撃の基点となって
ゴールを決めてくださいね。

試合後、ジェフィーと一緒にチーズ
(当分、プロフィール画像に使います)

この記事へのトラックバック