若はもういない・・・のね

はじめて、塩谷瞬さんのことを「俳優・塩谷瞬」と認識したのは
世界ウルルン滞在記だった。
たくさんの奥さんを持つ人の息子になりに行った。。。
そんな内容だったハズ。

ハリンジャーは、数回、見た。
でも。ハリケンレッドの中の人の事は、ほとんど記憶にない。
ウルルンを見ようと思ったのも、舞台「コトブキ!」に
村上さんの義弟役(しかも、オカマ)でご出演が決まっていたからでした。
この舞台は、体調不良のために降板なさり、
お芝居を拝見する事はできませんでした。

そして。去年、ハマリにはまったドラマ「デザイナー」にご出演。
サイボーグと本人(朱鷺)が言うところの鎧をまっとた、こねこ・若に
夢中になったのでした。
若は、見かけは王子そのものでした。
冷酷な経営者の顔の下に隠された、捨てられたこねこの顔。
心細げに「あみ・・・」とつぶやく若の声が、今も耳から離れません。

現在。塩谷瞬さんは、TBSのドラマ「白夜行」にご出演なさっています。
別人28号でした(笑)
髪をかなり短くなさり、色も黒。
短髪のせいかもしれませんが、少しふっくらなさったようです。
くるんとした瞳とえくぼ。
でも。それは、こねこでも、王子でも、サイボーグでもない。
今の時代(現在よりは、7年程前の設定)の大学生としては
少し時代遅れのにおいのする、お調子者の高宮という青年のものでした。

その白夜行ですが・・・
先週の放送を見て、かなりひきました。
もう見るのはよそう・・・かと。
高校生になった、主人公リョウ(山田孝之さん)と雪穂は、再会をはたしますが
親を殺した罪を隠すために、嘘をかさね、新たな罪を重ねる事になります。

リョウは、母の元愛人の松浦に強要されて、お姉さま相手に
売春のような事もしていました。
その仲間が、人妻と会っている時、女性が突然死。
暴力団関係者の夫に、妻が会っていたのは、仲間の少年以外の誰かである。
そう思わせるために、リョウは、死体と関係を持ちます。
これ。わたしの許せる範囲を超えていました。

でも。第4話は、しおしゅんが登場するから・・・と
相当覚悟をして見ましたが、リョウは、キャッシュカードの偽造などの
新しい犯罪に手を染めていました・・・
わたし。小心者なのよ。しかも、夢見る乙女で(爆)
ついつい・・・物語に感情移入をしてしまうんですよね。
ドラマ見ても、ショック見ても、疲れ果てるの。

第4話のリョウの言葉で、すごく共感できるものがありました。
「傷つけてやりたいと思った。守ってやりたいと思ったのと同じ強さで」
確か・・・こんなことばだったと思う。
雪穂が、自分以外の人に惹かれているのを目の当たりにして
リョウは大きなショックを受け、極悪非道な道を進む事になるんですよね
悲しいを通り越して、ひどい。

塩谷さんが演じる高宮誠は、雪穂の結婚相手。
まだまだ出てきますよね? 
絶望して死ぬ見るか、見るのを我慢するか・・・それが問題だ。

この記事へのトラックバック