このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 宝物だから...... 23階の笑い 17.5.6昼公演

<<   作成日時 : 2017/05/10 23:51   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

画像いっぱい笑って、心も身体も元気になりたい!
2回めの博品館劇場は、はじめての23階の笑い。
昨年12月の公演は、申込みさえできませんでした。
届いたチケットに驚愕しながら、辰巳くんに会いに出かけました(笑)
マックスが吹き出した水が、かかたかもしれない公演の感想文。
ネタバレを含みますが、良かったらぜひどうぞ。

東京公演は千穐楽を迎えましたが、名古屋、福岡、大阪に、笑いを届けるのですね、23階から。
5月6日マチネのお席は、申し訳ないことに最前列。
昭和チックな部屋に、レトロなTVや電話などが置かれた仕事部屋?なセットに、松崎くん演じるマックスのポスターが、でかでかと貼られていました。
開演。。。
辰巳くんの声が、どこかから響いてきました。
お隣の方は、ためらうことなく、左斜め(下手)後方を向きました。

去年の9月ぶりの辰巳くん!
か、かわいすぎる(笑)声もね。。。

辰巳くんは、客席通路を歩きながら、オーディエンスに質問を。
どこから来たのか〜の質問に「成田」とお答えになった方がいて「飛行機で、ですか?」とボケてました。成田→羽田便ってあった気もするけど。

「好きなバラエティは?」の質問をされた方は、すぐには答えられなかったのか、辰巳くんが望むものではなかったのかな? 何度も質問され「ゴゴスマ」ってお答えになったようですが、辰巳くんが勝手に言ったのかもしれません。現場が遠くて、よくわかりませんでした。
「ゴゴスマは情報番組ですけどね」だって。うん、知ってる(笑)

「嵐にしやがれ」って答えた方がいたのかな?
辰巳くん「今日から、ふぉ〜ゆ〜にしやがれ」と切り返してました。
つい......手をたたいてしまった、てるひでした。

下手通路を歩き、な、なんとA列センターブロックの前を通って、しかも、立ちどまったりも。。。やばい。脳内HDD崩壊の音がしたぞ? 会場を見渡してなにか話してたけど、おぼえてない(涙)
それから、上手側に設置された階段を上り、辰巳くんからルーカスへ。

ルーカスが立ったのは、バラエティ番組の脚本を書く作家たちの仕事場です。採用されたばかりで、作家見習いのルーカスは、もちろん一番乗り。
ルーカス視点で物語は進み、登場人物の紹介も、彼がしていました。

個性的な作家たち7人が、脚本、コントを書くのは、松崎くん演じるマックスがホストを務めるバラエティ番組でした。作家たちが自由すぎて、個性的過ぎて、コント書きはゼンゼン進みません。
放送作家さんって、こんなに必要なの?
多すぎて、まとまるものもまとまらない、カタチになっていかない。そこにあるのは、マックスへの愛って感じかな?

そんな個性的過ぎる作家集団をまとめるチーフのヴァルが福田くん。ロシア人で、見ためはカッコいいけど、英語が、めちゃくちゃなまってる。
越岡くんは、仕事よりも女好き?な役でした。

ふたり以上に個性的な作家が3人もいて(驚)
野心家だったり、天才肌だったり、病気(ネタ? 仮病?)を理由にいつも遅刻してくる作家も。
登場人物たちのやりとりが、コントよりおもしろいっていうか。
マックスが出社しても、コントは1行も書けてないていう。。。
マックスのスラックスが汚れて、その場で脱いでしまうんだけど。そーなの。マックス、トランクス姿で歩き回るの。それはそれは、きれいにひきしまった足でした。

マックスは、作家たちと番組を大切にするあまり、精神安定剤をお酒で飲んでる……という。。。
いらいらすると、壁をパンチするクセがあり、事務所の壁はぼこぼこ。
そんな制作チームに、局側から、90分番組の30分縮小を言い渡されます。作家をひとり、くびにしなくてはならないという危機に追い込まれるのでした。

辰巳くん......じゃなくて、ルーカスの左の薬指に指輪!
えぇー結婚してる役だったのね?

だれもくびにはしないとマックス。
この放送局にこだわらず、新天地(新しい放送局?)を目指そうってことになったんだったかな?
やーもうね。ストーリーはあってなきが如し?
ノリとコント、かけあいがおもしろくて、あちこちで、大笑い(クスクスじゃなくて)がおきてました。
てるひも、いっぱい笑いました。

アドリブコーナー? 毎回、お題が違うのかな
不倫してそうな芸能人(有名人だったかな?)の名前を言い合う〜では
ベッキーなんとかさんっていう答えと
かわ たにえのんって答え。
「あくまでも、不倫してそうな人の名前だからね」を繰り返してたけど。

ルーカスが結婚していることに驚いたくせに、子どもの話を持ち出したり。
ルーカスには、子どもはいないようですが(笑)
マックスは性格が破たんしているようにも、浮世離れしてるようにも見えますが
作家を大切に思い、作家たちから慕われ、愛されているひとでした。
製作費大幅削減、補うための持ち出しもいとわず、作家たちの誰もクビにしたくないともがくマックスは、松崎くんの当たり役かもしれませんね。

なにか言われたマックスが、口にふくんだ水を豪快に吹き出すシーンがあったんだけど、はねた水がかかった?〜と思うほど舞台が近かったです。
Show must go on. とか言ってたね、そう言えば(笑)
そんなマックスが出した結論は、現在の放送局にこだわらず、仲間みんなと仕事をするという事でした。

文章にしながら、思い出し笑いをしてしまうてるひでした。

本編が終わった後、ふぉ〜ゆ〜オンステージがありました。
作家たちが使っていた机を、太鼓のように打ち鳴らし、歌う。。。
メインボーカルは辰巳くん......というか、ほとんどオンステージ状態でしたね。

カーテンコール。
松崎くんが、ご挨拶で、かんじゃって、赤ちゃんことばのようになってしまったのですが、となりにいた辰巳くんが、すかさずフォローして、言い直してました。
そうだ。マックスは、かみまくるコメディアンでしたね。
誰よりもマックスを愛してる?作家を演じた、なだぎ武さんが「やさしいなぁ。自分なら、どつくね」とかなんとかツッコミを。
それに対して、辰巳くんが!
「(松崎くんは)ふぉ〜ゆ〜の宝物ですから」と。
泣きそうになりましたね。
松崎くんのふり幅の大きさを強く感じた舞台でもありました。

1度だけの観劇、しかも、舞台全体を広く見られないお席で、デレデレと辰巳くんばかり見ていたため、物語の流れを追えてないと思います。
いっぱい笑いました。免疫力アップしたね。
感想を書きながら、読み直しながら、笑いました。
そんなひとりよがりの感想文に、最後までおつきあいくださり、どうもありがとうございました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
かわいい

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわ(・∀・)ノ
辰巳さん達 ふぉーゆーの皆さんの舞台 笑いや感動ありで素敵な日でしたね(^-^)人(^-^)
KinKi Kidsのお二人は 特番や7月にKinKi Kidspartyがあるようですね(^-^)人(^-^)
てるひさんが 沢山の笑いや感動に溢れる毎日でありますように(^-^)人(^-^)日に日に体調が回復されますように(^-^)人(^-^)
みらくる
2017/05/11 14:58
みらくるさん、こんばんは。
いつもどうもありがとうございます。
はい。たくさん笑って、いっぱいデレデレした1日でした。
ふぉ〜ゆ〜は、MAD時代から、KinKiコンについてくれたり、SHOCKも出演してくれていて、いつの間にか応援するようになりました。
特番、楽しみですよね!全国のファンみんなで、同じ時間に盛り上がれそうですもんね。7月のパーティにも絶対行く気で、いろいろ準備しているあほーなてるひでした。
てるひ
2017/05/12 18:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
宝物だから...... 23階の笑い 17.5.6昼公演 このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる