このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 寄り添うあなたに涙した CONTINUE Endless SHOCK 125/1495

<<   作成日時 : 2017/05/18 13:21   >>

トラックバック 0 / コメント 2

コウイチの夢は叶ったのか......
それはわからないけれど、幸せだったと思う。
なにかと引き換えに、コウイチはヤラの隣に戻ってきた。
自分の全てを伝えるために。
Endless SHOCK」Original Sound Track 2 の楽曲に寄り添いながらの観劇日記も、残り2公演分となりました。
まだ書くんかい……と、自分にツッコミ入れながらの感想文。
3月27日(月)ソワレ。独自の切り口で観劇するお友だちの今年の楽にご一緒させていただいた日の記憶を、残そうと思います。
コウイチは人魚姫と同じよね? そう......思いませんか?

この日のお席は、2階K列。舞台をしっかり見られるお席でした。
てるひは、光一さんファン初心者なので、ついガン見してしまいます。で、勝手に物語の裏側を、あーだ、こーだ話してしまううすっぺらいファンです。

SHOCKをショーとして楽しむと、センターはコウイチですよね。これは、見ればわかること。
SHOCKのストーリーを追いかけると、コウイチが主役とは言えない。カンパニーと捉えるか、ライバル役の物語として見るか。
タツミがヤラチームだった時は、ヤラに寄り添うタツミの視線に感動して、辰巳雄大ファンになったのでした。
コウイチチームになったタツミは、マツザキポジションだった時には、てるひ的に"あり"でした。でも、フクダなら似合う去年の立ち位置は、なんか違う気がしています。

今年の帝劇にはタツミはいませんでした。
でも、今年の帝劇SHOCKには、ヤラに寄り添う友人も、ヤラのダンスが好きな仲間もいました。ストーリーがより深まりましたよね。

「Dead or Alive」 生か死か。期限付きの生を手にするため、なにかを亡者たちにわたして、ヤラの隣に、カンパニーのセンターに戻ってきます。
戻ってきたコウイチは、あまりにもコウイチらしくないふざけようで、リカじゃないけど「ほんとうにコウイチなの?」と聞きたくなっちゃって。
おいてきたでしょ、コウイチらしさみたいなもの、魂の鎧とか、うまく言えませんが。。。
人魚姫だ。今年のSHOCKを見て、そう思ったのです。
アンデルセン童話の人魚姫は、助けた王子に、もう1度会いたくて、取引しますよね。美しい声と引き換えに、人間の足をもらい、王子のもとにやってくる。
コウイチも人魚姫も、1番大切なものはとられませんでした。
ショーに対する姿勢、純粋さ。生きる姿勢って言うのかな。

そんなあほーなこと考えてたから、コウイチが戻ってきた時のマツザキに目がいっていませんでした。
お友だちが、言ったのです。
「マツザキは、ほんものの刀を渡してしまったことを、悩みぬいたからこそ、あんなに崩れ落ちるようにホっとしたんだね。いいんだよ、そのくらいホっとしてもって思った」そんなニュアンスのことを言ったのです。
そうだとしたら「ちょっと死ぬかと思ったけどね」と笑わせようとするコウイチは、どうかしてますよね。ひどいヤツです。
コウイチに同調するかのようなフクダにも、首をかしげてしまいます。
そう......このシーン。リカとのやり取りも含め、好きじゃないんです。コウイチがあんただれ過ぎて。
探したいンだと思います、コウイチの変貌ぶりの理由を。理由を探し始めたら、コウイチは人魚姫と同じ......から抜け出せなくなり、今に至ります(苦笑)

もうひとつ、ずっと疑問に思い続けてきたことを、言ってみました。
オーナーもリカも、不安や不吉な未来を、なぜ口にするのか? 本人であるコウイチに「不安なの?」とぶつけるのか......と。
屋上で歌われる『ONE DAY』が好きになれないのも、ここ。
リカが思いっきり、自分の不安を歌うことで、不吉な影を引き寄せる。
オーナーの「周りが見えなくなったら、おしまいよ」もしかり。

そうしたら、お友だちは話してくれたのです。
「女性は、預言者だから」と、ギリシャ神話の、預言者カサンドラのことを。
誰からも預言を信じてもらえない預言者カサンドラ。
カサンドラは、生まれながらの預言者ではなく、カサンドラに恋をしたアポロンから、その力を与えられたンですよね。アポロンがコウイチで、リカにエンターティナーとしての背中を見せる事により、預言者たらしめたとしたら。
おもしろーい。

リカの不安は、コウイチにも、他の誰にも聞いてもらえませんでした。
♪ひとつになれば♪と歌う。つまりは、ひとつになっていないみんなの心は、オフでの千穐楽の夜を境に、どんどんすれ違っていき、魔が入りこむ隙間が広がっていきます。

預言者は、ふたりはいらなくないですか?
しかも、同じ預言をするのなら。。。
この話、blogに書いたンっだったかな。つぶやいたンだったかな。
リカを若きオーナーとすればいいンじゃないの?って話(笑)
美波里オーナーは、圧倒的な存在感と輝きを放つ存在ですが、現役のプレイヤーではないですし。植草くんが、リカのパパとなる以前は、アキヤマ、オオクラと、若きプレイングオーナーだったわけだし。
光一さんに、記憶にあんまりないって言われちゃった、オオクラオーナー。てるひは好きだったなぁ。

ヤラが失ったものは、計り知れないほど大きいですよね。
コウイチの最期のステージに立つことで、その現実を思い知り、それでも、自分を抱きしめ、進むことを誓う。
”その時が来た”コウイチをのぞくカンパニー全員が、白い衣装で舞台に立つエンディング。
コウイチも、ステージにいました。

『CONTINUE』
ヤラの、リカの、みんなの、続いていく夢に耳を傾け、寄り添おうとするコウイチ。
この演出に変わった年、鳥肌が立つほど感動しました。
お友だちは「光一さん、難しい事に挑戦したよね」と。
あー。光一さんファンは、そう思うよね、そりゃ、そうかと。
今年、あの時の感激を改めて思いながら『CONTINUE』を聞きました。

オーナーに寄り添うコウイチに気づいた時の、ヤラの嬉しそうな顔が好き。
コウイチは、自分に気がついたヤラに、うなずきます。
このやりとりが、めちゃ好き。
『Don't Look Back 〜戻れない日々』では、伝えられなかった思いが、しっかりと通じ合った瞬間です。

サントラには、好きな歌ばかり収録されていますが、もしも1曲......生で聞かせてくれると言うのなら、今のてるひは、迷うことなく『CONTINUE』を選びます。
お友だちと一緒に、できれば、お友だち全員と聞きたいです。
この歌は、SHOCKというカンパニーの物語の主題歌だから。

通算観劇126公演めは、恒例となった、お友だちストーキング観劇でした。サントラの中から1曲見せてもらうなら、この曲を選ぶ〜と書こうと思っています。
会報 SHOCK特集号が届く前には。。。
感想は、なんやかんやありすぎて、すっ飛んじゃいましたけど。

どーしても”女性は預言者である”というお友だちの話と、”コウイチが人魚姫に見えてしまった”ことを書き残したかっただけの、2か月も前の観劇感想文に、最後までおつきあいくださり、どうもありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます(・∀・)ノ
光一さんなミュージカルをやりたいという夢が叶った今 コウイチを演じる輝きが 歳と共に深く広くなっていますね
剛さんとミュージカルをやるのが夢と言ってた光一さん 剛さんは舞台はしたくないらしいですが 近い将来 二人ミュージカルを演じて欲しいですね(^-^)人(^-^)光一さんは音楽番組をやりたいとおっしゃってましたが KinKi Kidsの長寿音楽番組がスタートしますように(^-^)人(^-^) 私も 御二人がいるだけで笑顔になれます(^-^)人(^-^) てるひさんが KinKi Kidsに沢山 触れ合えますように(^-^)人(^-^)人(^-^)人
てるひさんが 益々 御幸せになられますように(^-^)人(^-^)人(^-^)
みらくる
2017/05/20 08:59
みらくるさん、こんばんは。
光一さんには申し訳ないのですが、2000年の初演を拝見した時には、1500回も上演される事になろうとは思ってもいませんでした。毎年毎年、SHOCKを進化させ続ける光一さんには、頭が下がります。
舞台で共演。。。剛くんが音楽の提供、衣装デザインとかしてくれたらいいな〜なんて思ったりしています。以前、剛くんも、光一さんをプロデュースしたいって言ってたし、実現したら嬉しいなって思います。
音楽番組は、ぜひとも一緒にやってほしいですよね。ブンブブーンのように、外に出て行くバラエティも、いろんなことに挑戦もできて楽しいケド、音楽は、ふたりの原点ですもんね。ふたりの作詞・作曲の歌も聞きたいですよね。未満都市、LOVELOVEの情報が流れた時には、贅沢すぎるって思ったけど、もっともっとと思ってしまうファンってほんとわがままですよね(笑)
てるひ
2017/05/24 22:47
寄り添うあなたに涙した CONTINUE Endless SHOCK 125/1495 このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる