このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 無限という有限を思う『無限の住人』初日舞台挨拶付き上映

<<   作成日時 : 2017/04/30 19:09   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

画像黒っぽい丈の長めのスーツに、黒地に赤のシャツ。
木村拓哉くんがまとうシャツの赤は、治りかけてる傷にも見えた。
4月29日(土)13:00、丸の内ピカデリー1で行われた『無限の住人』初日舞台挨拶付き上映を観てきました。
木村くんの声を好きだと思った......
映画本編の感想も少しだけ交えながら、木村くん中心に舞台の感想を残そうと思います。

この日のお席は、シアターのほぼ真ん中あたりでした。
登壇予定者は木村くんを含め、8人。
司会の方が舞台に上がり、話を始めると、上手サイドブロックから、黄色の歓声が上がりました。
うん。黄色だったから、福士蒼汰くんファンでしょう(勝手に決めつけ)

下手側、最前方入口から、主演の木村くんを先頭に、出演者と三池監督が舞台に上がりました。
木村くんは、少し丈の長めのダークなスーツで、前髪をあげて(最近の髪型?)いました。
シャツが黒地に、赤の斜めのシャツで、カッコよかったけど、
鮮やかな赤が、万次が受けた刀傷に見えてしまいました。
木村くん大好き!な母は、前髪をおろしている方が好きそうです......

赤のドレスが可憐な杉崎花ちゃんと、黒で決めてる戸田恵梨香さん。
スタイルいいね〜恵梨香ちゃん。
槇絵の衣装を着こなせる女優さんも、なかなかいないよねー
最強の剣客であるからこその弱さともろさ、儚さ。素敵でした。

花ちゃんは二役演じてたのね(予習してない・笑)
万次の妹まちの、有限を生きてるのに、心は無限の住人であった表情、すごかったね。。。

舞台挨拶ですが......
木村くんからは、今日(4/29)を持って『無限の住人』は、自分たちの手から離れ、みなさんのものとなりました。そんなニュアンスの挨拶をされていました。
どんな作品でもそうですが、感想も評価も、見る側(読む側)にゆだねられるべきもの〜ですよね。
木村くんは、公開された今日からは、出演者は、この作品を語るべきじゃないと言いたかったのかな〜と。

天津影久を演じる福士蒼汰くんの、顔の小ささにびっくり。
背は高いし、均整取れすぎてるよね。
ご挨拶の時に、木村くんのこと”座長”って呼んでたのが印象的でした。
さわやかなのに、血が似合う。不思議な俳優さん。

満島真之助さんは、楽しい方でしたね。
座長の立ち位置につこうとしたり。
「今のシンノスケです」とご挨拶したけど、意味がわからず笑えませんでした。

市川海老蔵さんが「海老蔵の前は新之助だった」と言ってくださったので、わかりましたが、歌舞伎をよく知らないオーディエンスには、満島さんのボケは通じないよーと思ってしまいました。

海老蔵さんは、初日の今日が、舞台挨拶初登場だそうですね。
東京駅で、木村くんにばったり会ってしまったから
「海老蔵、海老蔵」と呼びかけらたから、登壇することになったンだとか。。。
後ろから(こんな風に)呼ばれたら、ビビる(だったかな?)よね〜と。

なんで、木村くん、海老蔵さんのこと呼び捨て?〜と思ってしまったのですが、てるひが応援している木村くんの後輩にあたる剛くんにとって、海老蔵さんは、同じ堀越の先輩なので、先輩、年上ってイメージが強かったんですよね(笑)

京都での撮影中、海老蔵さんは他のお仕事もあったので、早朝などの時間帯が多かったそうで。
木村くんから「はい」と渡されたものを、足にはさんで?衣装に入れて?演技したそうですが、渡されたものは缶コーヒーだったそうです。カイロじゃないのね。
海老蔵さんと話す時の木村くん、ちょっとがら悪い系?
この口調で、背後から「海老蔵」なんて呼ばれたら、うん。。。

キャラの中で1番こわいと思ったのが、市原隼人さん演じる、しらでした。
こわいというか、クレイジーと言うのかな。
目の前にいる市原隼人さんのたたずまいは、静かなのに。

ライブビューイングに参加する方からの質問ふたつに、出演者が答えました。
「不死身なのは誰か?」
ここは座長と答えちゃったら、つまらないよね(笑)
答えてた人いたけど。

ふたつめの質問に母は悲鳴を上げていました。
GWにひっかけて、「無限の休日」がもらえたら、何をするか?
このタイミングで、それ聞いちゃう? あかんでしょと思ったよ、てるひも。

木村くんも質問に答える前に「失業ってことですか?」と聞き返してたけど。
答えとしては、国内外の行った事がない所に行く〜という普通なものでした。
質問の字ズラ的には、ウケを狙った感が強いケド、登壇者から引き出される答えは、男性陣は、木村くんと似たり寄ったりのものが多かったかな。

花ちゃんの「ずっと眠る(寝る)」には、息してるんだよね〜とのツッコミが入ってましたね。

笑ってしまったのは、戸田恵梨香ちゃん。
木村くんちか、海老蔵さんちに居候する〜だそうで。
休日は無限でも、お金の方は無限ではないってことでの答えらしいけど。

休日のふりして稼ぐ〜って言ったのは誰だっけ。忘れちゃいました(苦笑)

一旦、全員が舞台からはけて、もう1度登壇し、写真撮影もありました。
最初は、主役抜きで。おとなの事情ですかね?
その時、木村くんは、下手サイド前方に立っていたので、近くのお席だった方は、舞台じゃなくて、木村くんを見ていたことでしょう(笑)

写真撮影が終わると、みなさん、下手側通路を通って退出していきました。
舞台も思いのほか近く、肉眼で、木村くんのお顔が見えましたが、通路を歩いて来てくれた時には、ほんとうに近くで、お顔を拝むことができました。

30分の予定の舞台挨拶は、もう少し長かった気がしますが、本編へ。
ぶった斬りエンタティメントと銘打った映画「無限の住人」
有限の時を生きるひとも、ぶった斬りたいこと、いろいろあると思います。
てるひもあるよ。もちろん、ある。
心に積もった、いらんもんをぶった斬りながら、生きてくのが有限の住人。ぶった斬らなきゃ、新しいものをつかめないから。

槇絵が悩み、りんに突きつけていた問いでもあった「善と悪」
自分にとっての善が、相手にとっては悪であるということ。
仇討ちは、まさにそうですよね。
りんが、父と母の仇討ちをする事は、りんにとっては善ですが、される側にとっては、もちろん悪。
でも、有限の住人は、自分にとって善か悪かを見極めて、突き進むしかないのですよね。

今、てるひが、あーだこーだ考えていることも、そーゆーこと。
自分にとって、なにが正しく、なにが正しくないのか。
てるひが善だ、正しいこ事だと決めたことを、その道の専門家から「それは正しくない。悪だから」と、ぶった斬られるのは、いかがなものかと思ってます。
その答えを導き出すためのなにかが、映画「無限の住人」にはあった。
そんな気がしています。

画像もしもう1度、映画を見る機会があれば、感想も書くかもしれません。
福士蒼汰くん演じる天津に感じた違和感とか
人斬り集団のクレージーさとか
生きる意味とか。
300人斬り後の万次とりんに見てしまった既視感とか。

舞台挨拶の感想を書いてみただけの日記に、最後までおつきあいくださり、どうもありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
舞台挨拶付きの初日に参加されただなんて、なんて羨ましい!!今まで一度も自ら当てて参加できたことがないので、ほんとうに羨ましいです。つくづくわたしって…運なさすぎかも?です。ww

2017/05/01 00:53
杏さん、こんばんは。
『無限の住人』の初日にあわせて泊りに来てくれた、母親孝行できたし、ほんとよかったです。寒かった名古屋D以来の木村くんですから。
ライブビューイングの回を狙ったからでしょうか。母からは「7月の本命さんも当たるとイイね」と言われましたが、そうそううまくはいかないですよね。
そんな事、ゼッタイないですよー。座長公演は、いつも希望通り取れれっしゃるし。
てるひ
2017/05/02 21:38
観て来ましたよ〜。杉崎花ちゃんの瞳の美しさに唖然(笑)
海老蔵さん演じる永空とのシーンに涙してしまいました。
永空の最期の友人(と、いってよいのかわからないけど)が万次で良かったなと思いました。福士くんは役不足かな。
大きな画面で観てやはり俳優さんは横顔が美しくなければいけないなーと思いました。うちの相方さんはすごく面白かったと言ってましたよ〜。
ちょいちょいSHOCKっぽい場面とかセリフあったよね(笑)「この死にぞこないがー」「邪魔だ!どけ!」とかどんだけ斬られても立ち上がったり、最後は銃が出てきちゃうとことかさ(笑)
Rain
2017/05/05 09:27
Rainさん、こんばんは。
無限を生きる万次と、残された時間が限られているコウイチ。映画を見ながら、SHOCKを思い出しちゃって、何度も声を上げそうになりました。上げてたかも?
槇絵との対決シーン、刀を連結して長刀にした万次に「ウチ」って思ったし。そうそう!死にぞこないが!に笑い、銃弾の前に躍り出る槇絵に「タツミ?」と脳内変換がおこったりも(笑)
相方さんが面白いと言ってくださったのは、嬉しいかも。男性、原作ファンがどう見るか〜は、すごく興味がありましたから。
永空は、美しいですよね。生きながら即身仏になっていってるような? 万次は、まちを失い、りんとも別れたらどうなってしまうのか……知りたいって思いました。
ここに書いちゃおう。ラストのふたりを見て、獣王星のラストのトールとティズを思い出しちゃったの。実写映画化、してくれないかな。
てるひ
2017/05/05 23:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
無限という有限を思う『無限の住人』初日舞台挨拶付き上映 このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる