このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS ONE DAY聞きながら、星に願いを Endless SHOCK 123/1467

<<   作成日時 : 2017/04/22 21:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

なぜ本人を目の前に、不安を口にしてしまうのだろう。
どうして否定的な言い方をしてしまうのだろう。
その直後、流れ星に願い事をすることへの違和感。
ずっとリカという存在に疑問を持ち、自分なりの答えを探しながら、SHOCKを見てきました。
観劇から1カ月半以上たっちゃったけど、帝劇で初体験したマチソワ観劇の日に感じたこと、Original Sound Track2を聞きながら、書こうと思います。

今年現在、てるひが思う最高なライバル役は屋良くんですが、
錦戸亮くんも好きでした。悪魔の子だった亮ちゃんが、ライバル役で登場した時には、そうきたか〜って思いましたね。

この日、マチソワご一緒してくださったお友だちは、リョウは徹底的に「ヤなやつ」で、イイと思ったって言ってて。そっか......そう言う見方もあるか〜と。
てるひは、リョウは、あまったれと言うか、一緒に踊り続けられなくなる事への不安を、1番感じたライバル役でした。
「止まったヤツは、切り捨てられるんだろ?」
このセリフが、リョウは、良く似合ってた。
ライバルじゃなくて、この記事ではリカの話をしようと思ってたのでした(苦笑)

マチネは、二階席D列。座長降臨が近くて緊張のお席でした。
フライングを見下ろせる、素敵なお席。
光一さんが、関ジャムでお話しになっていた、コウイチ最期のショーの3つのフライングに関しては、大きくうなずきました。
でも、オープニングの華やかで、オーソドックスなフライングに関しては、ソワレで、違う印象を持ったので、次のblogに書きたいと思います。

二階席で好きなことのひとつ。コウイチが、屋上に上っていくのを、双眼鏡で見守る(がん見)すること。
屋上セットがせり上がるので、星空がコウイチに近づいてくる。
コウイチに星が降ってくるように見えるンですよね。
祝福されている(何に?)コウイチを、闇も黙っていない。そんなシーン。

ショーが終わると、座長からただのコウイチに戻るために屋上へ
コウイチのアフターショーの年中行事を、なぜリカは知らない???
この時点で、リカの思いは「そのくらいのもん」って思いますよね。
しかも、ひたっている(たそがれている?)コウイチに♪少しずつ離れそうな背中♪なんて、自分の不安を思いっきりぶつけちゃう。
そんな不吉な言葉を吐き出すなんて、ゆるせません(笑)

星が流れると、リカは、星に何事かを願います。
自分の不安をコウイチにぶつけた後、なにを願うのでしょう。
勝手だなぁ〜
でも、てるひも必ず願います。
「来年もまた、コウイチに会えますように」と。

大好きな「ONE DAY」
だけど、屋上で歌われるこの歌は好きじゃない。
リカは、コウイチになんとなく心が寄り添っているふうにも見えますけど
ヤラ、フクダ、マツザキは、ひとつになっていない。。。
フクダ、マツザキにとってのコウイチって、なんだろう?
ヤラのように、隣は狙わないの? 仲間ではないの?
ずっととけない謎でもあります。

サントラ2では、神田沙也加ちゃんが歌っています。
歴代リカの中で、少し路線が違うリカでした。1番、可憐でした。
リカは、ライバル役と、コウイチの隣を奪い合う存在だと思うのですが、サーヤは、違ってた気がします。
この年のライバルは、ウチでした。ウチもまた、コウイチと踊る事に固執する感は薄いので、サーヤとウチで良かったかもしれません。

神田沙也加ちゃんがリカだった2012年は、屋上で歌ったのは、米花くん、町田くんでした。このふたりは「俺たち、(コウイチの幼なじみで)仲間」と感じることができました。
2012年の出演者で、音入れしていたら、違った「ONE DAY」となっていたかもしれません。。。

フライングの時、コウイチに背中を任されているフクダが、
シェークスピアを知らないって、おかしくないですか? ネタ?
オーナーを残し、屋上を立ち去ろうとするコウイチが
「フクダにハムレットやリチャード三世をレクチャーする」と言うけど、
できたのでしょうか?(笑)

街歩きシーンで、いつもわらっちゃうのが
新聞にコウイチの写真が載っていて、リカ中心に盛り上がるシーン。
何年間のコウイチって感じの写真なんですよね。
フクダが、オーディエンス(わたしたち)にコウイチの写真が載った新聞を見せるのは、アドリブなんですね。なんて声をかけてるンだろう???

いつもわらっちゃう2。
盛り上がる仲間たちから離れ、ベンチで新聞に目を通すコウイチ。彼の横に腰かけようとしたマツザキを、リカが付き飛ばし、ぴったりコウイチにくっついて坐りますよね。
コウイチは、ベンチぎりぎりに追いやられて、不安定な下半身(笑)を気にするとこが、おもしろすぎません?
マツザキは突き飛ばせたリカだけど、コシオカにはできるかな?
(梅芸、博多座の出演者は発表になっていませんけど)

準備が整っていないのに、大劇場へ。
オンの先に何が見えるのか〜このコウイチの言葉は、理解に苦しみます。
オンに行くことがゴールかのようなヤラにも、不安を覚えますよね。
すれ違い、ひとつになれないまま「俺たちのためになるなら、行こう思います」で、いいの?コウイチ。
そんなコウイチに「周りが見えなくなったら、おしまいよ」と、不吉な言葉を投げつける美波里オーナー。昨夜のリカに続き、親子で、不吉な言葉を言ってしまうんですよね。
なんだろうなぁ。。。

「ONE DAY-reprise-」は、すごく好きです。
おだやかなコウイチの決意の歌声に、思いに、リカがすんなりと、続いて、ウチが、タツミもコシオカも......どんどんひとつになっていくのが、短いながらも感じることができて、良かったです。

マチネのお席は、ラダーフライングで、コウイチ降臨を待つには、ほんとうにベストポジションでした。
ラダーは天国への梯子。
残ることになるヤラ、リカ、フクダ、マツザキたちカンパニー全員に、走り続ける背中を見せる場面でもあります。
1度めは、優雅に(見えるように)飛ぶ。
太鼓をたたき続けるのは、コウイチの鼓動の代わり。

2度めのフライングでは、4本の梯子から天女が降りてきます。
去年まで、天女もカンパニーの仲間たちだと思って見ていました。
でも、今年は......コウイチにだけ見えている、お迎えにきた存在なのでは?
そんなふうに見てしまいました。
コウイチは、天女たちの手を振り切って、地上に帰る。
まだショーは終わりではないから。

マチネの幕が下りた瞬間でした。
お友だちが「やっぱり、光一さん、好きだわ」と言ったのは。
もう嬉しくて(笑)
確かに、光一さんファンとご一緒させていただくのは、緊張しますよ?
でも、嬉しかった。。。てるひにはない視点を持ち、観方をするお友だちとの観劇は楽しく、刺激的ですから。
この日のソワレ、お友だちの楽日、もう一人のお友だちを追っかけてSHOCKの感想は、下書きがないけど、サントラのいずれかの曲と組み合わせて、アップできたら〜と思います。

最後までおつきあいくださり、どうもありがとうござました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわ(・∀・)ノ
光一さんのshockが11年ぶりに発売されて 一位になってますね!!沙也加さんのりかちゃんは好評ですね(o⌒∇⌒o)
光一さんのミュージカルから沢山の事を吸収出来たら素敵ですね(~▽~@)♪♪♪
光一さん 剛さんとミュージカルに出るのが夢と言ってた事があるので 剛さんが舞台は出たくないと言ってますが諦めずいつか実現して欲しいですね(^-^)人(^-^)
みらくる
2017/04/23 13:27
みらくるさん、こんにちは。
もちろんわたしもですが、みなさん、サントラ2の発売を待ち焦がれていましたからね。「ONE DAY」は、神田沙也加ちゃんが最初に歌ったリカなので、堂本兄弟でも歌ってくれましたし、サーヤリカの歌という印象が強いです。
今年のリカも、公演を重ねるごとに自分のものにしていって、すごいなーって思いましたよ。
光一さんと剛くんのミュージカル、実現したらすごいですね。剛くんが楽曲と衣装デザインをするってパターンでもいいかな〜って思ったり。
やっぱり……ふたりなら、どんな活動も嬉しいですよね!
てるひ
2017/04/24 11:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ONE DAY聞きながら、星に願いを Endless SHOCK 123/1467 このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる