このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS ぼく(たち)の失敗たち ドセタキセル1クールめ

<<   作成日時 : 2017/04/20 23:22   >>

トラックバック 0 / コメント 2

出会えたのは奇跡。
森田童子というアーティストにも、ふたりにも。
......と言っても、音楽の話でもヲタ話でもありません。
見ることがライフワークの舞台の千穐楽の日、点滴薬が変わりました。
前半のお薬の体調変化が、予想外にカルカッタため、油断した?
投与日の失敗、続くケアの失敗中心の体調の話になります。

3月31日。てるひにとっては、特別な日です。
3.11の翌年は、千穐楽が4月で、お友だちのお誕生日にも観劇できました。
てるひが最近ファンなのかな、やっぱり?〜と思った(笑)エンターティナーが、座長の役目を終えて、ホームへと戻る日です。
あ、ヲタの話じゃないですよ?
千穐楽公演を、外来の点滴治療室のシートで迎えたのですが
その日、たくさんの失敗をしてしまいました。

点滴投与中は、副作用予防のために、いろいろなことをしています。
1.口内炎を軽くするため、氷をなめる。
今回から、レモン水を凍らして、持っていくことにしたのですが、
前日(3/30)の観劇後、夜になってから、氷を作り始めたので、朝、まだ凍ってなかった。。。

2.保冷材で手足を冷やす。
病院によっては、手足、外国には、頭を冷やすグッズも常備してる病院があるそうですが、てるひがお世話になってる病院にはないので、持参してます。
手用にはペットボトルホルダー。足用には、保冷袋から簡単手作りしたものに保冷材を入れて、冷やす。

ドセタキセルは、手足が乾燥したり、しびれが出やすいそうなので、念入りに......と思ったけど、特に足は、副作用止めのお薬から冷やし始めたため、途中で、保冷材がとけてしまいました。
しかも、体が冷えすぎて、氷がなめられなくなりました。
使い捨てカイロ、持ってたのに(涙)使えよ、じぶん。。。

ドセタキセル点滴中に、じんましんやアナフィラキーショックを起こす事もあるそうで、最初は、ゆっくりお薬を落としていきます。
ゆっくりの時も、通常速度となった時も、異常はありませんでした。
とりあえず、ホッです。

当日から、歯磨きとうがいは、手をぬかず頑張りました(笑)
そのおかげか、口の中がざらざらしたり、ご飯がおいしく感じない日もありましたが、口内炎に悩まされる事はありませんでした。

投与2日め、3日めは、デカドロンを飲んでいるので、元気でした。
いつも通り、お散歩や、3日めの日曜には、相方と外食も。
疲れやすく、3日めの午後にはへとへと状態でしたが、これなら、次回投与3日めの勉強会にも行けそう......かな?

3日め、ほっぺがまっ赤に。
なんとなくひりひり? このまま色素沈着しないことを願うゾ。

5日め以降は、うとうとしていることが多くなりました。
日記には「疲れた」連発。
なんとなく腰が痛いような、関節もぴりぴりするような?
でも、倦怠感とかかとの乾燥による痛みに比べたら、気のせいレベルかと。

6日め、朝、両方のかかとが痛すぎて、しっかり立てませんでした。
かかとが真っ白。乾燥しすぎて、痛みが出る経験は、今までも冬にはよくあったことなので、あまり気にせず、処方されていた保湿剤をぬりました。
もともと手足の乾燥は激しい方だったので、あまくみてました(反省)

この日から、午後になると、37度を超える微熱が出るように。
37度では微熱とは言わないのかな。健康な方の平熱?
しかも、朝と夜には36度台以下に下がりました。

8日め、かかとが赤くはれて、ほとんどの靴がはけなくなりました。

9日め(土曜)は、大好きな辰巳くん出演の舞台に行く気マンマンでしたが
はける靴がなく(かかとを踏んではいてた)、しかも雨。
相方ストップがかかり、ふて寝(涙)
投与の前から、予防もかね、きちんと保湿をしておかなかったせいですね。
勘違いから、保湿剤の処方が少なめだったため、けちけち使ってたせい?

10日め 熱が38度を超えてしまいました。
抗生剤を飲んで、様子を見れば良かったのですが、相方が病院に電話!
なんと乳腺の先生がいらっしゃらない時間帯で、当直の他科の先生から、来院するように言われ......

血液検査の結果、白血球が900、好中球が200だったため、増やすお薬を2日続けて打つことになりました。
注射する時は、二の腕がぷにってて良かったって思います。
笑っていれば、痛みは感じませんから。
でも? 血液中に菌はほとんどなかったと看護師さんがおっしゃってました。
感染じゃなかったのね。
発熱に関しては、理由も含め、明日、2回め投与前の診察で、たまちゃん先生に聞こうと思います。
うたた寝がいけなかったのかなぁ。

微熱が出た時、味覚にも障害が出て、食欲がなく、体重が減りました。
あまり戻ってないです(涙)
1クールめ、1番つらかったのは、足の裏の乾燥ですかね。
歩行困難に陥りましたから。

保湿剤を追加で処方してもらえたのは良かったです。
熱が出なくても、してもらうつもりでしたけど。
ぼくたち(相方とてるひ)の失敗がなければ、倦怠感と(感染症ではなかった謎の)発熱をのぞけば、副作用は、軽い方だったと思います。

白血球が下がりやすい性質なのかな。それは困りもの。
相方は「(白血球を増やすため、予防的に使用する)ジーラスタを打ってもらえ」と言うけれど、たまちゃん先生の指示に従おうと思います。

最後までおつきあいくださり、どうもありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ(・∀・)ノ☆ KinKi Kidsのお二人のブンブブーンの落語の会面白かったです(^-^)人(^-^) 落語は笑い 笑いは免疫力を付けるので良いそうですね!!治療法について同じ病気でも人それぞれだと思います てるひさんに最も合った治療法で治療効果が十分に現れますように心より御祈り申し上げます
みらくる
2017/04/21 23:34
みらくるさん、こんにちは。
落語の回、ご覧になったのですね〜おふたりが登場した会場は、家からわりと近いので、機会があれば、落語も聞きに行きたいな〜と思いました。おふたりがソロ活動を始めてからは、ほぼジャニ一色なので(笑)
笑って、楽しんで、免疫力アップが大切ですよね。
ほんとうに治療はいろいろあって、誰かと比べられないと、話すたびに思います。。。
ありがとうございます。自分が選んだ治療が、絶対に効果があると信じ、がんばりますね。
てるひ
2017/04/24 11:42
ぼく(たち)の失敗たち ドセタキセル1クールめ このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる