このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS ”s”を見失いかけた2015年を懺悔する。

<<   作成日時 : 2015/12/31 23:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2015年が終わろうとしています。
ほとんどblogをできなかった2015年ですが
ヲタごとを振り返る懺悔記事だけは書き続けたく。。。
今年を一言で言うと、KinKi Kids の”s”を見失いかけた年でした。
言い換えると、光一さんのソロは楽しみつくした年でした。

2015年も、東京ドームで、お友だちと1年を始めることができました。
「さぶろうハッピーバースディ」です。
ステージに近いお席で、出演者かスタッフさんになったように錯覚する
とてもおもしろいお席からの「おめでとう!」でした。
誕生会じゃないですけどね(笑)

2月〜3月は、Endless SHOCK 2015
milleniumからかぞえて15周年のSHOCKも、ライバル役は屋良くん。
でも、タツミがいなくて(涙)
ふぉ〜ゆ〜からは、福田くん、越岡くんが出演。
新しいJr.が3人出演するという新しいカンパニーでしたね。
3月には、観劇回数100公演めを迎えました。

4月は、ジャニーズ銀座 ふぉ〜ゆ〜公演に参加しました。
たっつん演じるドラゴンスネークさんに笑いました。
いわゆるライブなんだよね?

5月は、東京ドームでKAT-TUNのライブに参加させてもらいました。
quater4人らしさを強く感じたライブでした。
昨年夏から、亀梨くんが気になってしかたがなく。。。
亀梨くんソロのあでやかさにくぎ付けでした。
2日限りなんてもったいない、すごく良いライブでしたね。

まったりの6月。
今年の夏が、あんなにアツクなるなって、思いもしませんでした。

7月、8月は、光一さんソロコン”spiral”
行けそうな公演が横浜しかなく、真夏の横アリに3日間、通いつめました。
それが、なんと(笑)名古屋の昼夜のチケットが交換で手に入り
行っちゃいました(笑)
久しぶりに名古屋のお友だちにも会えたし。良い夏でした。

8月には、2つの舞台も見ました。
京本大我くん出演のエリザベート。
初々しく、美しい大我くんを虜にする黄泉の帝王トートに
心をわしづかみされました。

もうひとつは、亀梨くん主演音楽劇”青い種子は太陽のなかにある”
寺山修司作の本を、同じ年生まれの蜷川さんが演出、
音楽監督は松任谷正隆さんでした。

戦後18年後のスラム街が舞台でした。
ステージが斜めなんですよ。奥が高く、手前が低い。
宇宙人のようなオブジェが配されていました。

自分に嘘が付けない、青年の正義感が、大切な恋人の命を奪う。
理不尽なことがまかり通ってしまう時代だったのでしょうか。
すごい良かったです、この舞台。

今年は剛くんのライブTUが全滅してしまったので、
はじめて平安神宮のライブに参加しました。
なんで今まで参加しなかったんだろう?
夜空を切り裂くレーザーも、漂うシャボン玉も、なにそれ、すごすぎて。
忘れられないライブとなりました。

9月は梅田芸術劇場、10月は博多座でのEndless SHOCK観劇。
帝劇のSHOCKに大好きなタツミがいなかったので
タツミに会いたくて、遠征をしました。

タツミの役は、去年とは違っていました。
カンパニーのまとめ役。
コウイチのフライングの時、背中にフックをかける役も担います。
でもね? てるひは、シェークスピア劇で、コウイチに日本刀をわたすタツミが大好きなのです。来年はどうなるんだろう?今から楽しみです。

9月、DREAM BOYS 玉森くん主演のドリボを見ました。
前楽の、しかも記念すべき500公演を観劇させていただきました。
誘ってくださったお友だち、ありがとうございます!

てるひにとっては癒し系の玉森くんが、
「おれが全てを引き受けてやる」と奈落へ消える演出は、
ものすごくカッコよかったです。
弟にも嫌われ、だれも頼れず、全てを引き受ける。
ほれてしまいそうでした。

滝沢くん、亀梨くんに続き、玉森くん主演のドリボも見られるなんて!
感激でした。

10月はじめ。チケットを譲っていただき、TU Finalに参加できました。
剛くんの歌が好きなだけで、FUNKってよくわからないけど
大所帯のFUNKに、なんか泣けてしまいました。
来年は、小さな箱で、FUNKできます♪

大人の社会科見学にも参加できました。
バンドメンバーさんたちとのトークショーでした。

11月は、 上田竜也くん出演の舞台”青い瞳”
主演の中村獅童さんが、戦争から帰還した男の役だったので
太平洋戦争直後の物語かと思いきや、そうではなく。
現在とも未来ともとれる時代の戦争に、大切な時間や人や命まで
弄ばれた人たちの物語でした。

誰かの記憶だったのかもしれないし、もう1度見たかったかな。

12月は、ふぉ〜ゆ〜主演舞台”REPAIR”
たっつんが、元暴走族の役で、声張り上げてるからか、声がかれてた。
4人も、彼らとかかわる人たちも、自分の人生をリペア。
やめるンじゃなくて、修正して、もう1度、自分らしく始める。

松崎くんが、カッコよかった。精かんな感じで。
おもしろかったです。

そして、12月20日は、京セラドームでの乙コンでした。
albumを出さずに行われたコンサート。
はじめてのビスタ席!
かんたんな感想を書きたいところですが、時間あるかな。

東京ドームでお友だちと始めることができた2015年を
京セラドームで、西に住むお友だちと終わりにすることができました。
どうもありがとうございました!

今年は、SHOCKでいろんなことがありました。
あってはならない事故で、止まってしまったSHOCKが、
また動き出した日に観劇できたこと。3月20日のことでした。

梅芸では、わたしが観劇した日の朝に、前田美波里さんが骨折。
SHOCKを降板することになりました。
来年、前田美波里さんは、SHOCKに戻っていらっしゃいます。

こんな感じの、てるひの2015年の数式。
今年も(笑)1番たくさん足を運んだ場所は、帝国劇場でした。
KinKi Kids = 2
KinKi+剛くんソロ=光一さんソロライブ
KAT-TUN(ライブと舞台)=ふぉ〜ゆ〜(ライブと舞台)+1=ドリボ+2
KinKi+剛ソロ+KAT-TUN+ドリボ+ふぉ〜ゆ〜<Endless SHOCK

最後に”今のベスト3を選ぶなら、この歌だ!”を、今年も残しますね。
3曲は順不同で、発売順です。
futariが作った曲以外から選んでいます。

1 Misty
2 スワンソング(少し前から、不動のベスト3)
3 Want You

ジャニーズカウントダウンで、見たいペアには
堂本剛くんと亀梨和也くんを投票しました。
う……ん。ベスト5に入っている気がしない。

霧の中で細々と書いているblogに、お立ち寄りいただいたみなさま、
ほんとうにありがとうございました。
来年も、みなさまにとって、素敵な1年となりますように。

2015年12月31日 書き手 てるひ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

”s”を見失いかけた2015年を懺悔する。 このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる