このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 9年めも3組、ふたりのいる霧の向こうへ

<<   作成日時 : 2013/05/01 23:51   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昨日、4月30日、SHOCK博多座が千穐楽を迎えたと思ったら
今朝…futariのCMの話題が飛び込んできましたね。
あ。今、流れた(笑)
ロープレ?リアルタイムバトル…
KinKiさんたちとバトルできるなら、参戦したい気もしますが。
いきなりfutariの活動が始まった5月1日は、てるひが霧の中blogを始めた
記念日(?)なので、この8年を振り返ってみようかな〜と。

2005年5月1日。正確には4月30日、5月1日と続けて舞台を見に行き
感想を残したい…と言う勢いで、blog始めちゃいました。
見に行った舞台は「コトブキ!」
その頃、ハマっていたライダー出身の村上幸平さんが出演なさっていました。

去年の5.1を振り返るblogでは、村上さんは引退した〜と綴っていますが
引退をやめたのか、復帰なさったのか…今もお仕事をされていますよね。

村上さんを追いかけたのは、1年くらいかな。
ほんとうに花火のように、めっちゃくちゃ燃え上がり、ぱっと消えた恋でしたね。

2005年と言えば、SHOCKがEndlessへと進化した年でした。
ライバルは、亮くん、翼くんの月替わりで、リカもWキャストでした。
2004年のSHOCKは、もうこれ以上の進化は望めないのでは…と思う
すばらしい舞台でした。
大幅にストーリー変更が行われた2005年のSHOCK。
あの頃は、EndlessもSHOCKのサブタイトルで、このストーリーも1年だけのものなのかと思っていました。

1幕の終わりで主役が死んでしまう…と言う、これ以上はないだろうという
ショッキングな飛び道具(この言葉、嫌い)を光一さんは使いました。
主役の死で物語を動かす。
なんともめちゃくちゃな〜と、当時のわたしは思っていました。
大きなポイントとなる出来事を置いてはいましたが、物語が流れていなくて
???と思う事がたくさんあった2005年のSHOCK。
「去年のSHOCKの方が良かった」
そう…てるひは思っていました。

今思い返すと、2005年は、きちんとSHOCKを観てなかった年でもありました。
せっかくの観劇の機会なのに、あろうことか…帝劇の椅子に座って、SHOCKカンパニーを見ているのに、心ここにあらずで、村上さんのこと考えてた。
きちんと舞台を見てなかったから、去年のSHOCKの方がおもしろかった…と
思ってたのかもしれないよね。
あまりにももったいない話で、2005年の自分を殴りたい気もする。

でも…あの時、村上さんの事を好きにならなければ、
blogを始めようとは思わなかっただろうし、
書いていなかったら、KinKiファンの輪も広がることはなかったかもしれない。
そしたら、今は図書委員してなかったかもしれないなぁ。。。

図書委員…
いつかの年の光一さんのお誕生日のMCで、カウコンの話をしてくれて。
うちわを見てると、それぞれのグループに色、特徴がある。
紫の服着てたコが持ってたのは、田中聖くんのうちわ持ってた。
KinKiファンには、いないタイプだよね〜って話の流れから、
「KinKiファンは図書委員みたいなタイプが多い(だっけ?)」
そんなふうに、剛くんが言ったんだよね。
そこから、ファンが自分たちのこと「図書委員」って言うようになったの?

てるひは、エセ文学少女だったけど、
20代前半の頃は、田中聖くんファンがしてた(ような?)スタイルで
踊りに行ったりしてたから、
その頃に、futariと会ってたら「可愛い!」と思う事もハマる事もなかった
…かもしれません。

開設当初は、ヲタblogではなかったこのblogですが
2006年のSHOCKとえんどりけりの事は、しつこいくらいに書いたね。
SHOCKに関しては、コウイチの死を理解したかったし。
2年めのEndlessは、ストーリーが整備されて、わかりやすくなりましたよね。

当時、惚れっぽいけど、恋してる間は浮気ができない性質だったので
SHOCKが終わるまでは、みなとみらいのケリーのTankへは行きませんでした。
季節ごとに、応援する対象が変わると言う贅沢を満喫してたと思います。

2007年は、デビュー10周年の年でしたよね。
でも。デビュー日の翌日に1日限りのイベントがあっただけでした。
メモリアルイヤーなのに、ソロ活動に、わーきゃーした1年だったよなぁ。

そして。2008年。SHOCKに関しては、屋良くんがはじめてライバル役を務め
オーナーに大倉くんを迎えて。
待ってました、これが見たかった!…と思った年でした。

剛くんのソロ活動は、ケリーからEndlixに。
それ以降も、紫だったり、シャーマニッポンが続くかと思えば、今年はカバだし
その年ごとのテーマでCDをリリースして、ライブして。

音痴のてるひは、剛くんが音楽をするって言うから聞くだけなんだよね。
大好きなひとがする事だから、わけわからなくてもついていきたい。
その思いで、今まで、剛くんのことは応援してきたかな。

光一さんへの思いとは、ちょっと違うんだよね。
光一さんは、てるひが見たいと思うものを見せてくれるひと。
SHOCKもそうだし、ソロライブもそう。
てるひは、ダメ耳なので、聞くよりも見たいのだ。

blogを始めてから、KinKi Kidsが全国ツアーしてくれたのは1回しかなくて。
2008年、8年ぶりのことでした。
あれから5年…今年もfutariで動くのは、冬だけなのかな?
そう思わざるを得ない自分が悲しかったり。

そうそう。グリーの「神獄のヴァルハラゲート」のCMをfutariがする事になって
さっきも流れてるのを見かけたけど、カッコいいですね。
ちょっと獣王星を思い出しちゃったけど。
CMキャラクターするなら、主題歌とか…歌ったりしないのかな?
楽曲のタイアップはないの?

でも。その前に、カバだよね。
今週も、Mステに出てくれるし、NHKのSONGSにまで!
お茶の間ファンだから、TVに出てくれるのは嬉しいですよね。

カバと遊んでる間に、9月のSHOCKの申込みが来そうだし。
図書委員って忙しいよね、嬉しいけど。

blogの8年間を振り返るつもりが、よくわからん話になっちゃいましたね。
ここで書き始める前、全国ツアーがないのが当たり前だった頃
特に、2001〜2003年頃は、futariのLIVEに行っても楽しくなくて
惰性でファンしてた気がします。

光一さんんもソロコンをするようになり、剛くんがE☆Eを始めた頃から
futariのLIVEも楽しくなってたんだよなぁ。
10周年の頃までは、futariが”s”である限りずっとファン〜と思ってたけど
今はどうかな…
光一さんじゃないけど、そんな先の事はわからないって気持ちかな。

「立ち止まれっていうんですか!?」
今年のSHOCKのコウイチのセリフですが、実は好きです。
(そんな話は別記事にできたら…)
立ち止まってみるのもイイんじゃない?
大好きでいる事に疲れたら、休むのもいいんじゃない?
9年めの霧の向こうへ…も、そんなスタンスで続けていきたいな
〜と思っています。

最後に。こんなblogを見つけてくださって、お立ち寄りくださったみなさま
お声かけくださったみなさま、
8年間、ほんとうにどうもありがとうございました。

2013.5.1 書き手 てるひ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
9年めも3組、ふたりのいる霧の向こうへ このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる