このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS あなたに「ありがとう」と言える自分と今にも「ありがとう」を。

<<   作成日時 : 2013/04/10 23:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

堂本剛さん 34歳のお誕生日おめでとうございます!
始まったばかりの1年に、どんな素敵が剛くんを待っているんだろう。
その素敵を食べて、もっとカッコよくなってく剛くんを見守れる。
ほんとうに幸せです。
生まれてきてくれて「ありがとう」
剛くんに言いたい。それだけのblogです。

2012年4月10日のblogを読み返してみたら
去年は、桜の開花が1週間ほど遅れた…と書いてありました。
今年は、ソメイヨシノは散ってしまって、
山桜が、春を歌い、剛くんのお誕生日をお祝いしています。

墜落する叫ぶ声…『ソメイヨシノ』に歌われたピンクの花びら。
山桜は、ソメイヨシノという品種の桜よりも、大きな声で叫んでる。
そんな気がしますが(笑)

剛くんは、わたしの中のくだらない前提を、いっぱい壊してくれました。
桜は好きになれない。
音痴のてるひに、音を楽しむなんてできない。。。
てるひは、ほとんどの時間を、作られた音のしない空間で過ごしています。
音楽を聞くと言う習慣もなかったんですよね。

音楽が好きか〜と聞かれたら、素直に「好き」とは言えないですね。
たぶん。てるひにとっては、なくてもイイもの。
それでも。剛くんが創り出す音楽は聞きたいって思う。
大好きなひとがやる事は、自分もしたいって思うんだよね。

そんなてるひが、楽曲やLIVEの感想文を書いちゃおうと言うのだから
笑っちゃいますよね。。。

去年に続き、今年も、お誕生日に携帯サイトの日記を更新してくれましたね。
更新、ありがとう!
わたしたちと会える日を、誰よりも思ってくれてる事がうれしくて。
自分自身に「ありがとう」を。てるひも言える人間でありたいな。

album『カバ』の先にあるものに期待しちゃう今日この頃(笑)ですが
album発売日に一夜限りの、カバLiveイベントが行われますね。
想いを伝えたい相手がいて、その相手と一緒に参加できるひと。
そんなひとたちを招待して、一夜限りのLiveは行われる…

応募さえできないな〜と脱力をしたのは、てるひだけでしょうか。
想いを伝えたい人は、もちろんいます。
でも、その人と一緒に参加するのは、無理。。。
てるひのような人、けっこういるのでは?
オリンピックだって、チケ取りだって…参加する事に意義があるのに(ふまん)

鳴き声が増えたカバたち。
全ての曲の視聴ができるようになるのは、いつ頃なのかな。
カバたちの名前だけが発表された時には、
『ANSWER』が誰の曲かわからなかったし
『PRIDE』という曲は、女性アーティストが歌ってた歌なのかと勘違いしてたり。
拓郎さんの『人生を語らず』と和田アキ子さんの『古い日記』は、
どんな曲なのかわからなったりもしました。

はじめてラジオで『カバ』の話をしてくれた時に、女性の歌があったらいいなぁ
そう思いました。
だから『古い日記』は、めっちゃ楽しみです。『LOVE LOVE LOVE』も。
もちろん新曲も、楽しみだし。

雨の歌って好きなんですよね。
『宇宙の雨はね二人で』とか、ほんと好き。
新しい雨の歌『雨恋-amagoi』には、どんな雨が、雨に焦がれ、雨を待つ剛くんが
表現されているんだろう。
4年前に作っていた楽曲…4年前って言うと、剛紫のころかな。

ソロデビュー曲の『街』のセルフカバも、すごく楽しみ。
23歳の頃には、剛くんにはひどく重く思えた楽曲でした。
変わろうともがき、変われなかった自分を愛し、
歌い続けることで、剛くんと一緒に深みと輝きを増してきた。
錚々たるカバたちの中でも、ひときわ輝く1曲なんじゃないかな。

ごちゃごちゃ書いてる間に、4月10日が終わってしまいそうです(笑)
だから。最後に一言だけ。。。
剛くんが歩く道に、幸せがいっぱい咲いていますように。
34歳のお誕生日に乾杯。

2013.4.10 書き手 てるひ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
あなたに「ありがとう」と言える自分と今にも「ありがとう」を。 このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる