このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS Finalと言う約束 "Gravity" 大阪 12.12.16 夜

<<   作成日時 : 2012/12/30 12:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

その瞬間を見逃したくない。
12月16日の夜は、15日の夜公演より、もう少し宙に近い席でした。
ひとりでの参加でした。周りは、関西マダムが多いようだし?
ツアーFinalを楽しもう。はしゃごう。
覚えるという事をしようとすると、オモイッキリは楽しめない。
見るのではなく感じたFinal LIVEの感想文、KinKi Con前にアップできなかったけど、てるひが覚えておきたい演出と光一さんの言葉を、箇条書きにしておこうと思います。
今さらすぎますが、良かったらぜひどーぞ。

会場は、ジンベイザメが泳いでいた海よりも暗く、
ペンライトの白い光が雪のようでした。
キレイなのは、感動や歓喜から生まれる光だからかな。
光ちゃんコールが始まると、なぜか胸が苦しくなってきました。
チケット取りにさえ参加しなかった、大阪の追加公演。
無茶を承知で、来てよかった。

光一さんの登場を盛り上げる、聞きなれた、未知なる世界へ誘う音楽。
セーターステージから、光一さんが登場してきた時のざわめきは、
黄色ではなかったけど(笑)今までで一番のボリュームだったような?
歓声って、空に吸い込まれるんですね。 なんかすごい。

光一さんの背中ってきれい。
パフォーマンスしてる時限定ね(*^^*)
オープニングの『Danger Zone』
メインに戻ってく背中に、羽根の名残を感じて、うっとり。
MCの最中の堂本きみまろさんと、同一人物って。。。

『Fallen Angel』のダンサーさんの、羽ばたくような振り付けは、
堕天使に魅いられた僕を嘲笑うかのようでもあり、哀れむようでもあって。
堕天使の大きな水色の羽根に抱かれる喜びを、感じずにはいられません。
その羽根の中に自ら飛び込んでいく、堕ちていくように階段を上る光一さんの背中に、釘付けでした。

ベタだなぁ〜と思った水色の羽根。
そのストレートさゆえ、易々ととらえられちゃったかな。
な〜んて。

飛んできた隕石?光の玉?が、人になっていく。
最後に、一際大きく、輝きの強いそれから姿を表すのは、光一さん。
『Bad Desire』過ちでいいと思う出会い。
何度も私の心に刻まれた、光一さんのパフォーマンスのすごさ、素晴らしさ。
ここでした!
登場した光一さんたちの映像に「Final」の文字。
「きた!」
思わず叫んでました。
隣の方、すいませんでした。うるさかったかも?

最後のキメ。俺を見ろ!な背中も好き。
背中で表現できる光一さんを、美しい背中を、しっかり心に焼き付けました。
正直、てるひのGravity Finalは、この3曲で終わった感じ?

ご挨拶のMCは、いつもより短かった気がします。

BPMのコーナーで一番印象に残ったのは『Slave of Love』
センターステージに光一さんが立つと、光のカケラたちがおりてきますよね。
手なづけられてる?操られてる?お行儀の良い光たちは、KDマークのカタチになったり、ばらばらになったり。
そして、この歌の時に、光たちは蝶のカタチになります。
上から蝶の羽根を見下ろしたのは、はじめてでしたが
今までで1番きれいで、それゆえ、哀しく羽ばたいていました。
ここ(現世)ではないどこかへ、連れて行かれそうでした。

BPMのコーナーが終わって、MCへ。
ひとりのお話が終わり、屋良くんと山本くんを呼ぼうとした光一さんに
会場から大きなブーイングが。
そうなの。屋良くんと山本くんに出てきてほしくない訳じゃなくて
光一さんのMCが終わってしまう=LIVEの終わりが近づく事への
「えぇ〜」だったのでした。
屋良くん、山本くんは、ものすごーく出ずらそう。
手をつないでの登場でした。
光一さんに「おまえら、ほんと良くにてるなぁ」と言われてましたね。

「明日の事など考えずに、思いっきりやります」
そんなふうに挨拶した屋良くんに、光一さんがツッコミました。
「明日は、衣装つけてのKinKiの通しリハだよね」と。
…。
屋良くんは、もちろん、リハを大切に思ってないわけじゃないンだよ。
今日は今日は全力で、明日は明日で、もちろん全力で頑張る。
そう言いたかったんだよ〜とフォロー入れてたけど
リハの話は、光一さんがふらなきゃ、わからなかった気がしますが(笑)

さっきの会場のブーイングを、屋良くんたちが誤解しないように
わざと屋良くんの言葉の揚げ足取り(笑)をした光一さんでした。
オーディエンスには毒舌でも、後輩にはやさしいらしい?

光一さんが発表があります!…と言い出して。
山本くんの母ちゃんが来てる話ではないはずだし
屋良くん、山本くんが、KinKiにもついてくれる話は今さらだし
〜と思ったら(今となっては、みなさん)ご存知のSHOCKの話でした。

屋良くんのライバル役復活に、
すいません…涙流しちゃったよ、あたしは。
山本くんの初参加に、しごく気満々の光一さんと屋良くん。

米花くんがまかされていた、フライングの時にフックをかける大切な役を
山本くんにだけはさせない…と光一さんが言うと。
滝沢くんにフックかけて、肩をとんとんってする役を、やってたと山本くん。
でも、フックかけるのは江田くんで、とんとんだけ山本くんだったみたいで。
「江田が、とんとんもすればイイんじゃないの?」…と光一さん。
山本くんにまかせると、フックかけないで、肩とんとんだけしそう…だと。

この話を聞いた時には、江田くんも、SHOCK出ちゃう?
…と思ったりもしたのですが、
発表されたSHOCKのキャストに、江田くんの名前はありませんでしたね。

MC明けの『Come closer』
かぶりものの上にかぶりもの。
横浜で、はじめてジャニーさんにほめられた話をしながら、
この話だけは「最悪だよ」と言われつつも、最後まで言い通した光一さん。
MCとパフォーマンスの格差に、CD聞いてた時には、ノーチェックだったのに
LIVEで聞くたびに好きの度合いが上がっていったのでした。

よろよろ階段を上り、スタンバイもよろよろ。
正座して、わたしたちにお礼(?)を言いながら頭を下げると
かぶりものの上のかぶりものが、ころんと落ちちゃって。
下のかぶりものが落ちなくて、良かったですよね、光一さん?(笑)

大好きな『SUPERSONIC』が、聞きたくないと思った事はハジメテで。
この歌が終わったら、あとはラストに向かって走りぬけるだけだから。
LIVEで聞いて、パフォーマンスが加わることで、てるひの中でも完成した
楽曲が続きます。
1番化けたともいえる『Deepness』
てるひの脳内LIVEに登場する率、No.1の曲になったほどです。

そうだ。MCで屋良くんが『Deepness』の振付を覚えて帰ってください
…って言ってたよね。
光一さんに「細かすぎるから、無理…」みたいにツッコマれてたけど。

ふだんはあまり、光一さんに声をかけたりはしないてるひですが
後半は、ほとんど無意識に、名前を呼んでましたね。
『LOVE CRIES』の夢の懸け橋も見下ろす席でしたから、
殿の御成りを待つお女中と言うよりは、見守るおかんのような
そんな気分になってたかも。

アンコールの『Bad Desire』は、もう騒ぐしかない…とはしゃぎ倒しました。
光たちの暴れっぷりも圧巻。

そして、完全形を見せると言った『Danger Zone 〜to the unknown world〜』
「最後のDanger Zone です」
この言葉に、見る力を奪われた感じでした。
最後の…うるうる。

MCの時でしたっけ。スタンバイした時でしたっけ…
『Danger Zone』が、最初はalbumに入る予定ではない曲であった事は、
光一さんは、いろんなところで話してくれていましたが
SHOCKに入れる歌を探していた時に見つけた曲だった…と話してくれました。
その話で、すとんと落ちた…って言うのかな。

この歌は、光一さんファン初心者であるてるひには、まさに未知なる世界で。
見た事がない光一さんの歌であり、ダンス…って感じがしたんですよね。
世界観は、少しだけDeep in your heartに通じるものがある気がするけど
ダンス自体は、全く違うでしょ?

ソロalbumから、SHOCKに使われた曲もあったし
この歌をSHOCKに持っていく…なんて事もあるのかな?
ない気はしますが(笑)

ソロコンに初めて(ですよね?)ついてくれた赤坂麻里さんが、
来年のSHOCKには出ない…と言ってるとの爆弾発言をした光一さん。
体力的にキツイ…と言ってるとか。
でも、サンチェさんが「絶対に出させる」と言っているとの話もしてました。
1000回を一緒に迎えたいよね、光一さんは、絶対に。

この日は、Finalだからか…大阪でははじめて(ですよね?)
ダブルアンコールにこたえてくれました。
『IN & OUT』
リズム感の悪いてるひは、翌日、首が痛くなるほどは振れませんでしたけど。
さすがに、もう1度の「光ちゃん!」コールには答えてくれる事はなく
後ろの席の方が「こんな終わり方、いやや〜」と言ってたのが印象的でした。

Final。始めたツアーは、終わりにきたから終わりにした。
最後にもう1度の登場がなかったのは、またの日の約束だと
わたしは思いました。

Finalを迎えたのだから、てるひの”Gravity”も終わりにしたかった。
思い出に変えるために書いた、今さら過ぎる感想文に
おつきあいくださって、どうもありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
Finalと言う約束 "Gravity" 大阪 12.12.16 夜 このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる