このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 寄り添う光に嫉妬しそうになった "Gravity"大阪 12.12.15 昼・夜@

<<   作成日時 : 2012/12/18 22:07   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

「光一さんの大阪コン。15日の昼公演、ご一緒しませんか」
お友だちに誘われて、お友だちに会いたくて(光ちゃん、ごめん)
真冬の大阪に1公演、日帰りで参加のつもりが、
気づけば、15日の昼夜、16日の夜にも参加しちゃったてるひでした。
10月25日の名古屋から1ヶ月半以上がたっていて、
初ライブのような気持ちで楽しんだ15日の事から、話そうかと思います。
ただ…記憶がまざって、16日の話もしてしまうかも。。。
そんないい加減、かつ、中途半端な日記ですが、良かったらぜひ。

15日は2つのGravityでの初体験をしました。
1つめは、はじめての銀テープ自力ゲット(笑)
昼公演は、アリーナC。センターステージが近くて、
屋良くん、山本くんの登場を確認したくても、
つい(いつか怒られるだろ、わたし)光一さんから目が離せなくなる席で。

センターステージがせり上がってきたら、緊張で気持ち悪くなってきた。
Danger Zone のジャケットの赤が目に痛かったです。
あんなに赤なのね(笑)

開演前は青だった、メインステージの照明も赤に変わり、
センターステージに立つ光一さんに、赤い光が降り注ぎ、
光が集まって光一さんが完成する。

1曲めのDanger Zone。光一さんが「財産になった」と言うほどの楽曲。
光一さんたちが踊ると「変なおじさん」っぽくなっちゃう振り付けも
トラヴィスが踊ると、めちゃくちゃカッコいいそうですが…
躍動こそが最大の演出。とりあえず、俺を見ろ。俺が出すものを見ろ。
力強くて、激しいダンスを1曲めに持ってくることで
あっという間に、わたしたちを非現実、夢の世界へと連れて行ってくれる。

野生的でもあり、早く激しい動きゆえに無機質にも感じるダンス。
好きなひととそうじゃない人が分かれる気がするな〜と思ったりもしました。
ちょっとエグザイルっぽいって思っちゃうのは、わたしだけ?

2曲めのFallen Angelは、未知なる世界の続きにはぴったりな歌ですよね。
横浜公演で、あの大きな翼を見逃したてるひですが
15日のLIVEの友・Aちゃん、打上げ(笑)に一緒してくれたMちゃん。
光一さん大好き!なふたりとも、翼に気づいてなかったって言ってて。
ちょっとだけてるひも光一さんファン?…と思っちゃったのです(イミフ)

堕天使の翼を黒だと思い込んでたてるひには、水色は衝撃だったけど
悪魔に魅入られた男には、綺麗な色の翼に見えると思えば、
楽しくなってきて、そして、少しこの歌が色あせて見えたのでした。

はばたくような振付は好き。
てるひは、激しくしゃかりきに踊るダンスより、やわらかな踊りが好き。

センターステージ上の光一さんは、光のドットを従えてるって言うか
操っていますよね。手なずけてるって言うの?
でも、メインステージに戻ると、光の帯、レーザー光線が
意思を持って暴れる様に、いつも見惚れちゃいます。
Bad Desireの、特にアンコールの時の光の氾濫が好き。

Bad Desireは、最初、横浜で聞いた時には、
Danger Zoneと肩を並べる扱いに、???って思ったのですが
ダンスも演出も”Gravity”にグレートアップしてる…と勝手に解釈してからは
2度でもたりない、すぐにもほしくなる、誘惑の曲になりました。

OPメドレーで、この日、1番、印象に残ったのは『Lost World』
Aちゃんも、この歌が好きだと言ってました。
でも、LIVEの演出より、albumの方が好きなんだって。
横浜と名古屋にご一緒してくださったお友だちも、好きって言ってたし。

LIVEが始まる前は、ノーチェックだった曲でした。
女子だけと魅せる光一さん。彩どりのミニワンピに金髪ボブのダンサーさんは
奇抜な印象があるけど、実は、アンドロイドのように心も違いさえ感じられない。
代わる代わる近づく肌に、個性を感じられなくて。
光一さんの戸惑い、もうNOが楽しい演出になってて、おもしろいですよね。

メインへ戻りながら、無機質な世界から野生に帰っていく光一さんの背中が
たくましくて、きれいで、泣きそうになる。
『Deep in your heart』の始まり。
屋良くん、山本くんが、命を吹き返したように立ち上がるとドキドキしてくる。

Danger Zoneからの6曲に、光一さんが感じたGravityが、コンパクトに並んでいる。
横浜公演の時にいつも言っていた「KinKiの5公演分」疲れる発言も
わかる気がしてきちゃうてるひの目は、かなりいかれてる?
大阪では「KinKiは立ってりゃイイんでしょ」と言ったかと思えば
今年の冬コンは、KinKiにしては踊ってる…そうで。
錦織さんみたいな動きの、はじめての振付師さんの振付だそうですね。
期待していいのかよくわからん話でしたが。。。

OPのご挨拶のMCでは、最後の最後の追加公演で、
中止になってしまった神戸公演に参加する予定だった方々が
今日もいらっしゃってる…って言ってたけど、
16日じゃなくて、15日への振替もできたの?
光一さんは、そう聞いてる…と言ってたけど。

昼公演は追加の追加なんですね。嬉しいですって言ってましたよね。
でも、2公演2日はキツイって言ってたね(笑)

OPからの6曲で「水を飲ませてください」と言ってるくらい踊り倒してるのに
MCのない歌とパフォーマンスだけのコンサートにしたい…と言う光一さん。
会場からはブーイング。
わたしたちを非現実の世界に誘うパフォーマンスと
現実に引き戻すだけじゃなく、突き話し、突き落とすMC。
この絶妙なアンバランスが光一さんの魅力なのにね。

非現実。てるひが、LIVEやステージに求めるのは、まさにそれ。
光一さんの作り出す世界が大好きなのです。

ジャニーズワールドを見に行って、ちょっと出た話をしてくれました。
SHOCKのセットを使ってた話とか。
真っ暗なところで衣装をつけ、客席を通って、ステージに上がったそうですが
そうそうあの衣装で、あの演出よね(笑)
客席からイイ匂いがしたって。若いひとのにおい?
ステージ上も若い匂いがした…とか言ってたけど。

で。この日の大阪城ホールは、高島屋の地下のにおいだって。
高島屋なら、いいですよね(笑)

山田亮介くんが『愛のかたまり』をカバーする話もしていて
光一さんは、うれしいって言ってました。
聞いてみたい気もしますが、下手だったらイヤだなぁ〜と
良い匂いのお嬢さん方ににらまれそうな事を、思っちゃったてるひでした。

15日の昼も夜も『IN & OUT』が好きだと言う方が多いけど…と言ってたね。
横浜でも名古屋でも言ってたっけ。
凱旋ツアーを…と言うお話もあったので…と、BPMの曲を〜と振っておきながら
なぜにMC明けは『invisible』なのか〜良くわからないよなぁ。。。
他の曲とは違う歌なので、入れるとこに迷ったのかなぁ。

『IN & OUT』を歌い、踊りながら、花道を進んできて
『妖〜あやかし〜』のあたままでを、センターステージで歌ってくれます。
BPMで『暁』と並んで大好きだった『Slave of love』が聞けて嬉しかったですね。
センターで歌ってる時には、光一さんが光を扱ってる、
光一さんの意思を光が感じて、カタチを変え続ける。
光が、光一さんにじゃれついてる。それがきれいで。。。

Gravityナイズされた『妖〜あやかし〜』は、和のティストがうすくなったようでいて
女性ダンサーさんは、光一さんに操られる式神のようでもあって
そうそう。てるひが好きな光一さんのパフォーマンスって、しなやかなそれ。
Danger Zone は、まさに未知なる世界。知らなかった光一さん。

『+MILLION but -Love』で騒いで、メインMCへ。
MCが嫌い、苦手…と言って、ブーイングされて
「なにを見に来たんだ?」と毒を吐く。
あなたとあなたが創り出す世界と、そこに息づくものを見に来たンですけど。
「光ちゃん!」
みんな同じ思い。。。
「わがままな娘たちじゃ」
このフレーズが気に入ったのか…横浜の頃から、よく言ってましたよね。
娘って年じゃないか…と落とすのも忘れませんでしたけど。

翌週はKinKiのLIVEで、また大阪に来る光一さん。
KinKiにしては踊ってるってどの程度なのかな。
新しい振付師さんのせいじさん(でしたっけ?)の振付はこんな感じ…と
コミカルにふざけて踊る、いや、はしゃいでるだけの光一さん。
屋良くん「こんなんじゃありませんから」とフォローしてましたね。

うん。なんだろ。かる〜くステップ踏んでるだけだったから
良くわからなかったけど、しゃかりき系ではないのかな?

福岡から3週間?ぶりのLIVEで、光一さんは、何度も振りを間違えていたそうで
しかも派手に…で、屋良くんは、ひやひやもんだったそうですが
もちろんてるひも、間違いに気づいてはいませんでした(笑)

ここで。KinKiコンに、屋良くん、山本くんも出てくれることを発表、ばくろ?
ふぉーゆーも…だそうですが。

原点回帰、ジャニーズは裸にジャケッツですよ〜の衣装の説明をして
屋良くん、山本くんを呼ぶと、ふたりもはだかにジャケッツで登場するはずが
光一さんの仕切りもぐだぐだすぎて、
昼の部は、裸にジャケッツで登場する事ができなかったんですよね。

1日前に大阪入りしていたそうで。
金曜の夜は、鉄板焼きを食べに行ったと話してくれました。
山本くん、エビが嫌いって…でも、えびせんは好きって、ヘンなの。。。

光一さんの楽屋のシャワーが、ものすごいやる気のあるシャワーで
顔にものすごい勢いでかかった…けど、
やる気がないシャワーよりはイイって言ってました。
てるひが泊まったホテルのシャワーは、あまりやる気がないシャワーだったなぁ

いつもの如く・・・いつも以上にぐだぐだになってきてしまったので
MCの続きと、後半の話は、記事をわけて書きたいと思います。

てるひが覚えておきたいだけの、しかもぐだぐだで中途半端な感想日記に
おつきあいくださって、どうもありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
寄り添う光に嫉妬しそうになった "Gravity"大阪 12.12.15 昼・夜@ このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる